医療・医薬・福祉 暮らし

認定NPO法人フローレンス、「すべての子どもやその家族が幸せに暮らせる世界」の実現を目指す「みてね基金」第二期イノベーション助成団体に採択

認定NPO法人フローレンス
100,000,000円の支援を受け、デジタルテクノロジーを活用したソーシャルワークのモデル開発とデジタル児童相談所創設を推進

認定NPO法人フローレンス(東京都千代田区、代表理事 駒崎 弘樹、以下「フローレンス」)は、株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)のVantageスタジオが提供する家族向け写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」(以下「みてね」)が、子どもやその家族を取り巻く社会課題の解決を目指す「みてね基金」第二期イノベーション助成団体に採択されたことをお知らせいたします。 本助成プログラムより100,000,000円の支援を受け、デジタルソーシャルワークのモデル開発とデジタル児童相談所創設を推進してまいります。 「みてね基金」公式ページ:https://fund.mitene.us/




フローレンスは「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」を実現するというビジョンのもと、親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する団体です。

2004年に団体設立をしてから、病児保育、小規模保育および認可保育園運営、重症心身障害児を含む医療的ケア児への障害児保育、妊娠相談及び特別養子縁組や、生活が厳しいご家庭に定期的に食品等を届け、見守り支援を行う「こども宅食」など、多様なモデルで日本の親子に伴走してまいりました。

新型コロナウイルスの影響により、フローレンスには深刻なSOSが日々寄せられています。地域の社会資源とつながることで救える命もあれば、少子化や高齢化が進むなどして社会資源が乏しい地域の方や、さまざまな事情で身近な地域資源とつながりにくい家庭もあることがわかってきました。

「支援を必要とする人が、誰ひとり取り残されずに支援を受けられる仕組み」を構築するため、デジタルテクノロジーを活用し、「地域の窓口・申請」を前提とした従来の社会資源を補完し地域を超えた支援が叶う新しい時代のソーシャルワークの形を提起し、福祉のパラダイムシフトを推進してまいります。


「みてね基金」とは https://fund.mitene.us/

「みてね基金」は、子どもやその家族を取り巻く社会課題の解決に向けて活動する団体に対し、資金の提供および助成先団体の活動支援を行う目的で設立されました。株式会社ミクシィ取締役会長の笠原 健治氏が個人として10億円を資金提供しており、主に「難病・障がい」「教育」「貧困」「出産・子育て」「虐待」の領域での課題解決に取り組む団体を対象としています。

第二期「イノベーション助成」は、子どもや家族にとってよりよい社会や仕組みづくりに向けて、他の団体や地域にも波及しうる革新的な解決策のアイデアと実行力を有する団体を中長期的に支援する助成プログラムです。


認定NPO法人フローレンスとは https://florence.or.jp/

認定NPO法人フローレンスは、現在所属スタッフ700名規模を誇る国内有数の認定NPO法人であり、子育てと仕事の両立、そして未来を担う子どもを社会で育むために、親子に関わる社会課題を数々の事業と政策提言によって解決しています。

安価な病児保育の提供などを通じたひとり親家庭の支援は12年の実績があります。経済的に厳しい状況にあるご家庭に定期的に食品等を届け、見守り支援を行う「こども宅食」の運営と、このモデルを日本全国に普及するために全国各エリアに適したモデルの立ち上げ支援を行う「こども宅食応援団」の事務局を運営しています。

2020年4月には、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」を立ち上げ、全国のべ12,000世帯以上の子育て世帯に緊急支援を実施してきました。withコロナ時代を迎えた今後においても、経済的に困窮する家庭やひとり親家庭に向けた支援を継続してまいります。

※事業拡大に伴い、デジタルソーシャルワークのモデル開発及びデジタル児童相談所創設推進に携わる新規メンバーの採用を受け付けています。

▼詳細はこちら
https://florence.or.jp/staff/2021/02/44754/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)