医療・医薬・福祉

株式会社キュライオが慶應義塾大学先端生命科学研究所と新規創薬事業を目指した共同研究を開始

株式会社キュライオ
株式会社キュライオ(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 中井基樹、以下「キュライオ」)と慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市、所長 冨田勝、以下「慶大先端生命研」)は、タンパク質の構造解析をベースに創薬候補となりうる新規生理活性物質の迅速な探索を目指し、共同研究契約を結びました。



近年、多剤耐性菌の出現による有効な抗生物質の枯渇が世界中で深刻な問題となっており、迅速かつ多様な抗生物質の開発が急務とされています。慶大先端生命研の湯澤賢特任講師は、巨大な人工タンパク質によって抗生物質様化合物を微生物に大量生産させる技術の開発に取り組んでいます。

クライオ電子顕微鏡を用いた構造解析技術は、生体分子の立体構造解析において優れた技術の一つです。なかでもクライオ電子顕微鏡を用いた単粒子解析とよばれる手法はサンプルを結晶化する必要がなく、水溶液中での構造が得られるなどの利点が多い解析技術で、ここ数年で大きく進歩しました。キュライオは、クライオ電子顕微鏡測定のための試料調製やグリッド作成、3次元構造解析に独自の技術を有しており、単粒子解析における従来の課題を解決するとともに、難易度の高いタンパク質やタンパク質超分子複合体の構造解析で大きな成果を挙げてきました。

本共同研究では、キュライオによる構造解析の技術を人工タンパク質のデザインに応用し、創薬産業への実用化を目指すものです。この研究が進むことにより、新規抗生物質を含む生理活性物質の開発速度を著しく高められる可能性が考えられます。




【株式会社キュライオ 代表取締役CEO 中井基樹のコメント】

湯澤特任講師が研究している巨大な人工タンパク質は、クライオ電子顕微鏡による構造解析の威力が存分に発揮できる対象基質と考えており、両者にとって有意義な共同研究が行えると信じています。また、本共同研究が実を結ぶことにより、当社の創薬事業にも価値の高い技術となることを確信しております。

【慶應義塾大学先端生命科学研究所 湯澤賢特任講師のコメント】

私が取り扱っている巨大タンパク質についてはこれまで構造解析の成功例が世界で1例しかありませんが、世界トップクラスの技術を持つキュライオ社と一緒にこの難題にチャレンジできることになり嬉しいです。この共同研究で生み出すユニークで新しいバイオ技術を、鶴岡から世界に発信していきたいです。


【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社キュライオ
TEL:090-9119-4634
Email: info@curreio.com

慶應義塾大学先端生命科学研究所 渉外担当
TEL:0235−29−0802
FAX:0235−29−0809
Email:office@ttck.keio.ac.jp
http://www.iab.keio.ac.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)