ネットサービス・アプリ 美容・健康

2年連続で「健康経営優良法人」に認定。健康管理アプリ「カロミル」で食べた食事の栄養素を可視化し生活習慣の改善を後押し

ライフログテクノロジー株式会社
―健康関連サービス企業へ画像解析技術などの提供で日本全体の健康寿命の底上げを目指す―

食事・運動・体重管理アプリケーション(以下アプリ)「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジー株式会社(東京都中央区、代表取締役:棚橋繁行)は、経済産業省が実施する「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」に認定されました。健康管理アプリ「カロミル」の活用や、フルリモート勤務の取り組みなどが評価されたと考えています。今後は当社社員の健康だけでなく、「カロミル」の法人向けデータ連携、画像解析技術や食事データベースの提供による健康関連サービス企業との協業など、日本全体の健康寿命延伸を目指し、サービス向上に努めます。






当社の健康経営の取り組み

1.完全リモートワーク制で、働く場所を選ばない新しい働き方の推進

当社は全国に社員が点在し、新型コロナウイルス流行前からフルリモート勤務体制です。勤務地が固定されないことで、地方在住でも「これまでの経験を活かす」「やりたいことを続けられる」「ライフイベントに左右されにくい」環境で、生き生きと働くことができます。また、リモート勤務は、通勤時にかかる時間や公共交通機関混雑によるストレスをなくすことを可能にしました。「ワクワクする職場環境を提供する」という経営方針のもと、社員一人一人が自身の能力を活かせられることに重点を置いています。

リモート勤務で顔を合わせる機会はありまでんが、不安や孤独感などを取り除くよう、ZOOMやSlackなどのオンラインツールを活用し、日々コミュニケーションを取り合っています。身体的な健康だけでなく、精神的な健康も目指しています。


2.運動消費カロリーによるインセンティブの付与

カロミルに記録した1ヶ月の運動消費量に応じて、健康グッズやスポーツジムなどの費用に充てられるインセンティブを福利厚生として制度化しています。上述の通りリモート勤務のため、運動消費量は少なくなる傾向があります。カロミルで自身の運動量を可視化し意識が向くことで、「今日はストレッチに時間をかけよう」「散歩はいつもよりも10分長くしよう」など行動に結びついています。


3.「チーム機能」を活用した社員同士の励まし合いで、挫折せずに目標達成を目指す仕組みづくり

2021年1月にカロミルに実装した「チーム機能」は、健康に関連した同じ目標を持つ仲間同士でチームを作成し、励まし合いながら目標達成を目指すことができる機能です。当社社内では2020年度からテスト利用を続け、「毎日1万歩チーム」「毎日体重を記録するチーム」など作成し、各自参加しています。一人だと挫折しがちなダイエットや健康管理ですが、チームメンバーの頑張りが見えることやコメントを送り合えることなどがモチベーションアップに繋がっています。






左図:カロミルアプリの運動記録画面
中図:カロミルアプリのチーム機能画面
右図:当社Slack[健康チャレンジ]通知



今後の取り組み

病気を抱える方や健康に不安のある方だけでなく、健康な人も含めた全ての人が、自身のライフログを活用し、健康寿命を延伸させることに貢献します。食事、運動、体重の記録を続けデータ化することで、食べた栄養素や体重などの増減、運動習慣などが可視化され、それが行動変容に繋がります。当社のミッション「健康寿命を太く、長くする」ことを目指し、全ての人が簡単に継続してライフログを残せるツールとして、健康管理アプリ「カロミル」の機能向上を続けます。

また、健康経営に積極的な企業や健康関連サービス企業、食事データを活用した研究に、カロミルアプリのデータ連携サービス(カロミルコネクト=カロミルアプリの法人利用)を提供します。他にも、当社開発AIによる画像解析技術や保有する食事データベースの提供、特定保健指導やパーソナルトレーニングジムなど食事指導者向けの食事指導DXツールの活用を推進していきます。

当社の持つテクノロジー技術やシステムが、企業や医療・研究機関などの、研究、新規事業、既存サービス向上に繋がり、結果的に多くの人の健康増進に繋がることを期待します。


〇カロミルアプリの法人利用(カロミルコネクト)



https://www.calomeal.com/data_business.html

対象者がカロミルアプリを使って記録した健康データを、API連携やRawデータ(CSV)などで提供します。※事前に必ず対象者の同意が必要です

自社の健康経営に積極的に取り組む企業や健康関連サービス企業、食事データを活用した研究をする医療機関や研究機関などに活用されています。


〇画像解析API/食事データベースAPIについて



https://www.calomeal.com/api/meal-analysis.html

食事や体重計などの測定結果画面の写真をAIが即座に解析して数値化した情報や、豊富な食事メニューデータベースから、キーワードで検索し、品目名と各栄養素情報を取得できます。

企業などが自社で提供するサービスに、時間をかけずに健康情報を追加することができます。



カロミルについて






食事・運動・体重管理アプリです。食事記録に関しては、写真1枚で毎日の食事を記録し、AI(人工知能)の画像解析技術によって栄養素を割り出し自動で登録します。

カロリーだけでなく、糖質やたんぱく質、脂質、塩分、食物繊維の計算・記録もできるので、ダイエットのみならず、栄養バランスをみた健康管理が可能です。

料理解析品目数・解析精度は業界NO.1(当社調べ)。また、食事記録だけでなく運動・バイタルの管理機能もそなえ、「健康のトータルマネジメント」を実現しています。

新規登録数も昨年と比較して約3倍のペースで伸び、会員数は85万人を超えました(2021年2月時点)。



「カロミルアドバイス」について

指導対象者(顧客)の「カロミル」アプリと連携し、食事や栄養指導がすべてオンライン上で完結できる、指導者向けのウェブツールです。指導対象者(顧客)の食事データの記録・蓄積が自動化されるだけでなく、AIが食事内容を自動で解析・栄養計算し、指導者の栄養計算など食事指導にかかる手間が大幅に削減されます。



ライフログテクノロジー株式会社について

https://calomeal.com/
当社は管理栄養士、エンジニア、データサイエンティスト、人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業です。2016年2月に創業し、東京本社のほか、宮崎、福岡など全国に拠点があります。主な事業はヘルスケアアプリ「カロミル」の開発・運営ですが、大学や企業、医療研究機関などと健康管理や食生活に関する共同研究も行っています。



サービスに関するお問い合わせ先

ライフログテクノロジー株式会社 info@calomeal.com



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)