流通 医療・医薬・福祉

【国内600社導入】抗原検査キット『ECサイトリニューアル』上場企業製1回3,278円~!最短5分!その場で抗原の有無を検出!送料無料&即日出荷可!

株式会社MicoBioMedJapan
TBS「NEWS23」でも紹介された話題の「鼻腔ぬぐい液(鼻の入り口から1-2cm付近内皮内壁をぬぐって採取)」等を用いて新型コロナウィルスの抗原を検出するキット!コロナ禍における経営リスク低減に。

MiCo BioMed(KOSDAQ市場:214610)の日本法人である「Mico BioMed Japan」は、新型コロナウィルス抗原検査キットの公式WEBサイトをリニューアルいたしました。今後も感染リスクに不安を抱える方々にわかりやすい情報提供を行います。






ECサイトリニューアルのお知らせ


Mico BioMed Japanでは、コロナ禍において従業員様の感染リスクに不安を抱える企業、団体様に向け「抗原検査キット」をVERI-Qショップにて提供しています。重要が増加している抗原検査キットの情報をよりわかりやすく、そして迅速なサービスの提供のため、WEBサイトをリニューアルいたしました。




※ネット販売の独占ライセンスを株式会社バックドロップ様に提供しております。


当社の抗原検査キットは、経営リスク低減、大切な従業員様の感染症に対する不安を軽減する為や、備蓄を目的として導入される企業、団体様も多くなっております。

今後とも、コロナ禍における企業の不安に寄り添った運営体制を整えて参ります。
 

VERI-Q新型コロナ抗原検査キットとは



付属の綿棒で鼻腔スワブ(鼻穴の入り口から1-2cm付近)等から検体を拭い取り、SARS-CoV-2 のヌクレオカプシドタンパク質(NP)抗原を定性的に検出するための側方流動免疫測定法により、新型コロナウイルスの抗原を検出します。

【VERI-Q抗原検査キットの特徴】
◆国内導入実績600社以上
◆専用の機器は不要。最短5分~20分で検出が可能
◆鼻腔スワブ検体のため、自身で簡単に採取が可能
◆ヨーロッパ安全要求基準「CEマーク」取得済み
◆安心と信頼の上場企業製(KOSDAQ証券コード21410)
◆地上波 TBS 「NEWS23」でも紹介されました

  


使用手順



■検体を採取する
1.鼻腔スワブ(穴の1~2cm付近)等から検体を付属のロング綿棒で拭い取ります。
※鼻咽頭ぬぐい液も検体として使用可能

■検査キットを反応させる
2.試験試薬9滴投入
3.綿棒を浸す
4.壁面に擦り付け強く10回回す
5.両脇をつまみ綿棒を絞り上げる
6.キャップを閉め、検査キットに4滴投入 

▼実際の使用方法は下記動画をご覧ください。

 


検査キットの使用結果



※30分以上経つと結果が不正確になる場合がありますのでご注意ください。

▼臨床的性能、反応原理についてはこちらからご確認ください。
https://70d965f3-0a32-406a-8999-61de5bb0648b.filesusr.com/ugd/a85c56_90d7327c7fa54ff998bbd18de692131e.pdf
 

抗原検査キット使用事例




 


購入方法について


■VERI-Qショップ
運営:株式会社バックドロップ
※ネット販売の独占ライセンスを株式会社バックドロップ様に提供しております。

商品ページはこちら
https://cart.veri-q.shop/Media/ad_code/VERI-Q/veri-q10s/product01/mp01/0/?mp01

・全国送料無料
・16時までのご注文(決済完了)で当日発送可能
・クレジットカード決済対応
・ライブチャットサポート有

※現在、土日を含む24時間対応でのチャット及びメールサポートを実施中。
夜間早朝はサポート人数が少なくなるため返信が遅れることがございます。予めご了承ください。


【商品に関するお問い合わせ】
株式会社MicoBioMedJapan
東京都港区元赤坂1-2-7赤坂Kタワー4F

法人受付窓口 :03-5962-7685(平日10:00 - 19:00)
ライブチャット:mico-biomed-veriq.shop サイト右下から (24時間 年中無休)
メール : expart@veri-q.shop(24時間 年中無休)
 


注意事項

※本製品は研究用試薬であり、医療品医療機器法に基づく体外診断薬用医薬品として承認・認証などを受けておりません。また定性的検出及び診断の補助で使用します。診断目的では使用できません。

※本検査キットはCE認証を取得しており、欧米では医療機関等で体外診断用医薬品として使用されていますが、日本国内においては診断目的でのご使用はしないでください。現在当社は検査キットの日本国内での体外診断用医薬品の許認可取得準備を行っております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)