エンタテイメント 美容・健康

DJ KOOがラランドに加入!?ラランドがイメチェン!?今話題の2人がDJ KOOを初ゲストに迎えEDM大喜利に挑戦!

エイベックス・エンタテインメント株式会社
今話題のお笑い芸人ラランドさんの公式YouTubeチャンネル「ララチューン」にてDJ KOOとのコラボ動画が公開されました。「ララチューン」は開設して1年経たずしてチャンネル登録者数は10万人超え。ゲストを迎えてコラボ動画を撮影するのは、今回が初めてとなります。




<公開内容>
◆ラランド サーヤさんがテレビに映った相方ニシダさんが「暗い」と指摘。アッパー感を持たせるため「ニシダ“KOO“キ」にアップデートしようと、アドバイザーとして迎えたのが、音楽シーン、バラエティシーンをアゲアゲに盛り上げてくれるDJ KOO。彼のアドバイスにより普段とはガラリと変身したラランド ニシダさんに注目です。

◆さらにラランド サーヤさんは、ニシダさんの顔の大きさにも問題があるのでは?と相談。そこでフェイスラインをシュッとさせるためにDJ KOOが自身も愛用中のとっておきアイテムとして紹介したのが、エイベックスがプロデュース、累計出荷40万個以上の耳にかける美顔器”イヤーアップ”。勧められるがままに装着したニシダさんのフェイスラインはいかに!?

◆番組の最後には、ラランドが普段から行っている「EDM大喜利」企画が展開。今回はなんとEDMのプレイをDJ KOOが実演!「EDM大喜利 プレミアムバージョン」としてお届け。DJ KOOの遊びをきかせたパフォーマンスや、大喜利挑戦に現場は大盛り上がり!DJ KOOのお笑いセンスに慌てるニシダさん!?ひっちゃかめっちゃかのスペシャルコラボに是非ご注目ください。


詳細はコチラ⇓
●ラランド公式YouTubeチャンネル「ララチューン」




※なお、当映像はラランド、DJ KOO、最低限のスタッフによって、感染予防対策を万全に整えた上で撮影を行いました。


<プロフィール>
●ラランド

2014年に上智大学のお笑いサークルで結成された漫才コンビ。
現在は、現役OLとニートとなっており、M-1グランプリ2019にて準決勝進出、その後2020年「新春おもしろ荘」への出演をきっかけにSNSのフォロワー数が急増。テレビ・ラジオ・イベントへのオファーが殺到中の新フリー芸人。

ラランド公式サイト:https://www.lalande.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCuWdyc0Mp7zRZd6KSPguCsA
Twitter:https://twitter.com/RRND01
Instagram:
サーヤ https://www.instagram.com/sa__yah/
ニシダ https://www.instagram.com/ga__ha__ku/


●DJ KOO

日本屈指の盛り上げ番長!トータルCDセールスが2100万枚を超え、今なお多くの人に愛されつづけているTRFのDJ,リーダー。日本の文化であるお祭り、盆踊りとのコラボレーションはエンターテイメント型ジャパンカルチャーの発信として、国内外において精力的に活動を行っている。2019年は、8月に行われたアフリカ国際会議TICADの前夜祭として、アフリカ盆踊りを実現した。11月には、自身3作目となる洋楽ノンストップコンピレーションアルバムを発売し、元スパンカーズのパオロ・オルティガ氏との共作を実現した。 2020年8月8日よりDJ活動40周年を迎える。2021年1月、浅草6区お祭りアンバサダーに就任。HAPPY DO DANCE!!!

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCK2U_K8LCwq7tNuwfhGgqZQ?
Instagram:https://www.instagram.com/dj_koo1019/
Twitter:https://twitter.com/djkoo_official
Facebook:https://www.facebook.com/djkoo1019


<イヤーアップについて>

エイベックスが忙しいアーティストの為に開発した、耳に10分かけるだけで、先端の純チタンの石が耳周辺の美顔に効果的なツボを刺激してくれる美顔器。肌を擦らず、また両手が自由に使える「ながら美容」アイテムとして美容院やSNS で話題となり、国内外累計出荷40万個を突破している人気商品です。
(イヤーアップ公式サイト:https://earup.net/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)