美容・健康

世界唯一の遺伝子と腸内フローラの統合プラットフォームを提供するアトラスバイオメッドが日本市場に参入

アトラス日本合同会社

報道関係者各位

パーソナライズドヘルスソリューションを提供する、アトラスバイオメッド(本社:英国 ロンドン、CEO:セルゲイ・ムシエンコ)はこのたび子会社であるアトラス日本合同会社(住所:東京都渋谷区、代表者:セルゲイ・、以下 アトラス日本 https://atlasbiomed.co.jp/)を設立し、日本市場において遺伝子と腸内フローラの統合プラットフォームを活用した、生活習慣改善を目的とする 2 つの検査キットの提供を開始すると発表しました。

ユーザーの遺伝子、腸内フローラ、ライフスタイルデータを組み合わせた分析手法は、他に類を見ないもので、 ユーザーは多面的で詳細な健康プロファイルを入手できます。

アトラスバイオメッドは、2016年に英国ロンドンで設立されたヘルステック分野のスタートアップです。検査キットを使用して採取した唾液および糞便の解析を実施し、ユーザー一人ひとりの健康プロファイルを生成、健康管理に役立つ、実用的なアドバイスを提供します。同社の検査キットはすでに英国とヨーロッパ市場で提供が開始されており、ユーザーの病気リスクの可視化及び健康増進といった領域において実績を上げています。

日本市場参入の背景
日本が高齢社会になった今、国民の多くが人生の後半に直面する可能性がある病気とその予防に高い関心を寄せています。また、コロナ禍で消費者が自分の免疫力や体調にこれまで以上に注目しています。アトラスバイオメッドは、日本の消費者のニーズに応え、健康状態の改善のための、パーソナライズされたアドバイスの提供を開始しました。

製品および関連サービスについて
「Atlas 遺伝子検査」
ユーザーの唾液サンプルから遺伝子データを解析・解釈・可視化します。予防・改善可能な疾患発症リスクにフォーカスした検査です。この検査によって2型糖尿病、クローン病、パーキンソン病などの13の多因子疾患発症リスクを評価するとともに個人特性・形質を判定します。科学的根拠に基づいたパーソナライズされた健康増進アドバイスを提供します。

「Atlas腸内フローラ検査」
ユーザーの糞便サンプルから微生物DNAを解析、解釈、可視化します。この検査でユーザーの腸内フローラの酪酸・ビタミン合成能力、食物繊維の分解能力、腸内フローラの多様性、プロバイオティクスと善⽟菌の状態を評価します。さらに2型糖尿病、クローン病などの5の疾患の発症リスクから腸内フローラがどの程度保護してくれているかを評価します。さらに腸内フローラのタイプを判定し、検査結果を基に、パーソナライズされた食事に関するアドバイスを提供します。

ユーザーの唾液、糞便サンプルはアトラスバイオメッドに送られ、分析されます。Atlas検査を受けたユーザーは、アトラスバイオメッドがオンラインで提供するパーソナルアカウントにアクセスし、検査結果、健康状態の改善に結びつくことが科学的に証明されているパーソナライズされたアドバイスやお勧めの食品を確認することができます。検査キットの価格は29,800円(税込)で、アトラス日本のウェブサイト<https://atlasbiomed.co.jp> から購入が可能です。





今回の発表について、アトラスバイオメッドのCEO兼共同創業者であるセルゲイ・ムシエンコ(Sergey Musienko)は「このたびアトラスバイオメッドのサービスが英国、欧州に次いで日本の皆さまに提供できることを嬉しく思います。日本は新しい技術に対する感度や理解度が高く、高齢者を含む消費者の多くが健康な生活を大切にしています。我々は世界的に証明されている検査キットの提供を通して日本の消費者の健康レベルの向上をお手伝いすることで、皆さんと共に成長していきたいと考えています」と述べました。

アトラスバイオメッドについて



アトラスバイオメッドは、2016年にイギリスで設立されたパーソナライズドヘルス企業です。遺伝子および腸内フローラ領域の最先端技術と、ユーザーの遺伝子、腸内フローラ、ライフスタイルデータを組み合わせることで、健康状態を多面的に把握します。それらをもとにパーソナライズされたアドバイスを提供し、健康に関する意識向上及びデータに基づいた意思決定を支援します。

アトラスバイオメッドの検査キットは、英国、アイルランド、ドイツ、スウェーデン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、イタリア、ハンガリー、デンマーク、ノルウェー、オーストリア、フィンランド、ポーランド、トルコ、ロシア、そして日本で提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)