美容・健康 医療・医薬・福祉

人々の身心の健康に寄り添うピップグループ 「健康経営優良法人2021」に認定!

ピップ株式会社
選択式在宅勤務制度の新規導入や、社内ウォーキングイベントの実施などが後押しに。

ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)をはじめとするピップグループは、グループ会社3社において、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人2021」の認定を受けました。フジモトHD株式会社とピップ株式会社については初の認定、ワダカルシウム製薬株式会社については、2年連続2回目の認定となります。


ピップグループでは、経営理念に「THE WELLNESS COMPANY(人々の身心の健康に貢献する企業の実現を目指す)」ことを掲げています。2018年より「ウエルネス経営宣言」を行い、目標達成のために社員の健康増進や従来の慣習にとらわれない幅広い働き方への対応、健康に貢献する商品の開発・普及など、様々な経営課題に取り組んできました。今後も、お客様の身心の健康に寄り添った商品の開発や供給をすべく、グループ全体で社員の健康維持や増進に取り組んでいきます。


【「健康経営優良法人」に認定されたピップグループの企業】
・フジモトHD株式会社(「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」認定)
ピップ株式会社を含む7社の純粋持株会社。
・ピップ株式会社(「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」認定)
医療衛生用品の卸売業や、磁気治療器「ピップエレキバン」などの自社開発品の製造・販売を行う。
・ワダカルシウム製薬株式会社(「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」認定)
医薬品のカルシウム錠や健康食品の製造・販売を行う。「人々の歩くと元気をささえます」という企業ポリシーを基にした「歩くと健康」をキーワードに、健康経営に取り組んでいます。



フジモトHD株式会社とピップ株式会社の主な健康経営

◆選択式在宅勤務制度の導入
2020年11月16日より、社員の幅広い働き方に対応すべく選択式在宅勤務制度を導入し、「出社ありき」の慣習で成り立っていた社内環境・価値観を見直し、質の高い生産性の実現を目指しています。複数の勤務パターンを設け、社員ごとに自分の勤務スタイルに合った働き方を選択しています。

◆受動喫煙防止施策の実施、卒煙支援
社員の健康増進と受動喫煙による二次被害を防止するため、2019年10月より卒煙サポート制度※を導入し、2020年4月までに社屋内喫煙所を撤去、同年5月より敷地内を全面禁煙とし、11月より就業時間中の喫煙を原則禁止にしました。また、新卒・中途での入社社員については、喫煙の有無を事前に確認し、喫煙者については入社までに禁煙することを入社条件の一つとしています。

※卒煙サポート制度とは禁煙外来の受診料や薬代のうち最大1万円まで補助する制度。

◆社内ウォーキングイベントの実施
(1)健康づくりの促進(2)健康維持や増進・健康に対する意識の向上(3)社内コミュニケーションの活性化 を目的に、部署対抗のウォーキングイベントを実施しています。昨今は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出自粛生活が続き運動不足を感じる社員も増えています。ウォーキングイベントを積極的に開催することで、日常的なウォーキングの実施を促し、Withコロナ環境下での健康づくりと運動促進に取り組んでいます。


ワダカルシウム製薬株式会社の主な健康経営

◆受動喫煙防止・禁煙への取組
本社、滋賀工場ともに建物内での喫煙は全面的に禁止とし、就業時間内は禁煙としています。また、third-hand smoke(残留受動喫煙)への対策として、就業時間外に喫煙した場合、喫煙後30分経過してから就業場所に戻ることを定めています。

◆女性の健康保持・増進に向けた骨粗鬆症検査の実施
女性の健康保持・増進に向けた取り組みとして、女性社員を対象とした骨粗鬆症検査を実施。この検査は、株式会社セルメスタ様が提供している郵送検査キットで骨の分解と生成のバランスを見る検査で、将来の骨粗鬆症リスクを予測するものです。この検査で現在の骨の健康状態を知ることで、健康の関心度を高めていくことが狙いです。また、検査結果を任意で会社に報告してもらい、結果により次の施策(自社製品を活用した骨粗鬆症対策など)の検討に活かします。

対象者:女性社員全員/1人1回
検査実施方法:株式会社セルメスタ様の郵送検診サービスを利用
検査費用:全額会社負担

◆歩いて社会貢献企画の実施
社員の健康増進と社会貢献を目的に、社員が歩いた歩数1,000歩につき1円を寄付する企画です。

実施期間:2019年6月1日~2020年3月31日
歩数総数:77,976,417歩
寄付金額:77,976円
寄付先 :ユニセフ


健康経営優良法人認定とは

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。本制度では、大規模の企業等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定しています。※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

(参考:経済産業省HP「1.健康経営優良法人認定制度とは」)
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

ピップ株式会社をはじめとする、ピップグループは、これまで磁気治療器「ピップエレキバン」や着圧レッグウェア「スリムウォーク」、スポーツケア用品ブランド「プロ・フィッツ」をはじめとする商品を通じて、お客様が日常で感じる身心のお悩みに寄り添ってきました。今後も皆様の身心のお悩みに寄り添い、そして、身心の健康に貢献する企業の実現に向けて、社員の健康維持や増進にも積極的に取り組んでいきます。

【ピップグループの健康経営に関する取り組み詳細】
フジモトHD株式会社・ピップ株式会社
https://www.fujimoto-hd.co.jp/newsrelease/2020/10/post-22.html#000099

ワダカルシウム製薬株式会社
https://www.wadacal.co.jp/company/health

フジモトHD株式会社 https://www.fujimoto-hd.co.jp/
ピップ株式会社 https://www.pipjapan.co.jp/
ワダカルシウム製薬株式会社 https://www.wadacal.co.jp/
ピップ株式会社 公式Twitterアカウント https://twitter.com/pippip_jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)