出版・アート・カルチャー 美容・健康

【「手のひら」をイメージするだけ】 美ボディコンテスト優勝! 1万人を指導した女性医師「櫻井夏子」 一生リバウンドしないダイエットの法則を初公開!

株式会社主婦と生活社
1日5分からOKの「美ボディづくり」の秘策も

株式会社主婦と生活社は、新刊「手のひらひとつで変わる!美ボディ医師が教える 食べグセリセットダイエット」を3月19日に発売します。著者は30代の美人美容外科医・櫻井夏子さん。本書が初の著書。大学時代から体重コントロールに悩み、38キロまで減少。その後、一気に18キロも増加。自分に自信をつけようと始めたオリジナルのダイエット法で、2020年「ベスト・ボディジャパン」【ドクター部門】で優勝も果たしました。本書では櫻井医師が実践している「食べグセ」とともに、自宅で簡単にできる筋トレ術を公開します。



著者「櫻井夏子」さんは、美容外科医として勤務しながら、美ボディを競うフィットネス大会にチャレンジ。今では健康そのものですが、じつは拒食や過食に苦しんだ過去が……。学生時代、行き過ぎたダイエットで体重が38キロまで落ちたあと、今度は過食になって18キロ増に。「このままではいけない」と「いかに健康的にヤセるか」を考えた末に、たどり着いたのが……「食べグセ」を見直すこと! その結果、「きちんと食べながら」「ストレスなく」1年で8キロ、ストンときれいにヤセられたのです。
本書では、著者自身が実践し、絶大な手ごたえを得た「食べグセ」を数多く紹介。
そのひとつがだれでも、簡単にヤセるきっかけをつかめて、リバウンドしない「手のひら」を使った食事ダイエット! さらには「メリハリ美ボディ」を加速させた「自宅で簡単筋トレ」のやりかたもお見せします。


【第1章】ヤセたい人は「しっかり」食べなさい!
1)ヤセたい人の新常識は「朝食に青魚」を食べる
2)皿は小さめを選び脳をだます
3)ひとくちごとに箸を置く
4)肉や野菜は「ちょい大きめ」に切る
5)小腹がすいたらかみごたえのあるおやつを食べる
6)一日の「食べ物を口にする時間帯」をできるだけ 10時間以内に近づける
7)食事のときはスローテンポのBGMを流す
8)1杯の白湯で「砂糖依存症」を絶つ
9)「もうひとくち」の誘惑は歯磨きで強制終了させる など

【第2章】きれいにスッキリヤセる「食材選び」
・「食べないダイエット」は美と健康の敵
・カロリー計算よりあてになるのは「自分の体を見て、さわる」
・「脂質抜きダイエット」はこんなに危険!
・ヤセ力をアップする「4つのミネラル」に注目
・抗酸化成分をまんべんなく摂れる「5色の野菜」
・「糖質ゼロ」にだまされないで
・黒の食材に秘められた腸活パワー など

【第3章】一日5分からでOKの美ボディづくり
・体重に一喜一憂しない! 長い目で「きれい」をつくるが勝ち
・「食後の筋トレ」でメリハリ美ボディ&代謝もアップ!
・美ボディ運動(1)基本の「呼吸」法をおさらい
・美ボディ運動(2)ストレッチでしなやかな体に
・美ボディ運動(3)腹筋と体幹を引き締める
・美ボディ運動(4)脇腹のムダ肉を撃退 など









《著者プロフィール》


東京女子医科大学医学部卒業。TAクリニック医師。
大学時代、自分の体にコンプレックスを感じたことから「食べないダイエット」にはまり不健康なやせ方に。大学卒業後は整形外科医として勤務をし、月320時間の激務と不規則な生活によって今度は18キロの体重増に。
そうした経験から、正しい食事への向き合い方・美しい体作りを考え始め、自ら実践するために健康美を競う大会に出場するようになる。ベストボディ・ジャパン2020ジャンル別大会【ドクター部門】ではグランプリを受賞。現在は女性の美しさをさらに追求するため美容外科へ転向。医師として6年間で1万人に食事、健康指導を行っている。
「NASM(全米スポーツ医学アカデミー)」のスポーツトレーナー資格(コレクティブ・エクササイズ・スペシャリスト)、ダイエット検定1級 取得。
TAクリニック新宿院副院長。https://lit.link/drnatsufit

【YouTubeにて自己紹介】








【本書概要】
書名: 「手のひらひとつで変わる!美ボディ医師が教える 食べグセリセットダイエット」
著者:櫻井夏子
発売日:2021年3月19日
定価:1,430円(本体1,300円+税10%)
ISBN 978-4391155655
◆主婦と生活社HP◆ https://www.shufu.co.jp/bookmook/detail/978-4-391-15565-5/
〈Amazon〉 https://www.amazon.co.jp/dp/4391155656/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)