医療・医薬・福祉 暮らし

【9割の親が進級に心配や悩みがあると回答】小学生の発達障害グレーゾーンの子の進級に関するアンケート結果発表

株式会社パステルコミュニケーション

子どもの発達の悩みごとを解消する情報サイト「パステル総研」を運営する株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊島区/代表取締役:吉野加容子)は、「発達障害グレーゾーンの子の進級に関するアンケート」を実施しました。回答者はパステル総研読者/トレーナーのメルマガ読者、発達科学コミュニケーショントレーナー・リサーチャー166名。その結果をご報告いたします。アンケート詳細全文はこちら< https://desc-lab.com/62683/?prt



進級の不安はありますか?


9割の方が進級に関して心配やお悩みがあると回答をいただきました。




なぜ、これほどまでに多くの方に心配やお悩みがあるのでしょうか?学校生活の課題についてお聞きした結果をグラフにまとめました。





第1位は「登校渋りしている」で23.7%、第2位は「学習についていけない」で22.4%、第3位は「集団行動ができない」、で18.4%を占めています。

また、「友達がいない」「友達トラブルが多い」「友達関係の不安」を合わせると22.8%となり、「友達関係の課題」としてまとめると「登校渋り」に次ぐ第3位の課題となります。

これらの上位の課題を合わせると87.3%と多くを占める結果となりました。

その他の心配やお悩みをご紹介します。
・衝動的な行動、注意散漫、立ち歩き、私語、授業中に他のことをする(小2 他複数)
・持ち物管理が雑、紛失する。(小2 他複数回答)
・嫌な事にがんばれない(小6 他複数回答)
・助けてほしくても固まる、コミュニケーションに課題(小1 他複数回答)
・周りの話が聞けずいろいろな場面で失敗する(小1)
・ノートをとるのに時間がかかる、板書の不安(小2男の子 他複数回答)
・放課後保護者の目の届かない遊び場でのトラブルが気になる(小1)
・先生の能力スキル不足、人数不足(小3 他複数回答)

以上をまとめると、特性に絡む困りごと、学習面・生活面、学校の体制などの心配があるようです。



今年4月の進級に関して、最も不安なことは何ですか?






1位は「新しい担任の先生との相性」で42.3%2位は「子どもの不安感が強くなること」で14.9%3位は「学習が難しくなること」で13.1%となりました。

全体の4割以上もの方が最も不安なことは「新しい担任の先生との相性」で、パステルキッズの学校生活において担任の先生の影響の大きさがうかがえる結果となりました。


その他の自由回答に寄せられた進級に関する具体的な不安をご紹介します。
・授業数が増えること(小4)
・補助の先生がいなくなること(小1)
・登校しているが授業が受けられない時期があり学習面で遅れがある(小5)
・支援級の先生がいい先生なので異動がなければいいと強く願っている(小1)



ママは不安に対してどんな準備をしているのでしょうか?






1位は「家庭で肯定的な関わりをしている」35.9%、2位は「担任の先生について配慮をお願いした」20.7%、3位は「学習のつまずきをフォローしている」15.8%となっています。

回答者は発達科学コミュニケーションを学んで対応をされているママが多いので肯定的に子どもに対応したり、学校や子どもに積極的にかかわる姿勢が多くみられます。

学校との連携の準備は「サポートブックの作成」「クラスメイトについての配慮をお願いする」「担任の先生についての配慮をお願いする」の項目になり、回答いただいた方は合わせて36.2%になります。

この結果から進級準備は「家庭での肯定的なかかわり」を継続しつつ、「学校との連携」の両方に対し並行して準備している姿が浮き彫りとなりました。


■『学校へのお願いの仕方の極意とサポートレターの効果的な書き方』無料電子書籍プレゼント
発達障害・グレーゾーンの子どもが学校生活をスムーズに送るためには、担任の先生との連携が欠かせません。そこで今回は、学校へのお願いの仕方の極意をお伝えします。パステル総研オリジナルのサポートレター付電子書籍の無料でダウンロードはこちらから。< https://desc-lab.com/41838/?prt >



■アンケート調査概要 https://desc-lab.com/62683/?prt
・調査期間:2020年2月25日~3月7日(11日間)
・回答者 :パステル総研読者/トレーナーのメルマガ読者、発達科学コミュニケーショントレーナー・リサーチャー 166名
・調査方法:インターネット調査

■当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社パステルコミュニケーション 広報担当
取材依頼フォーム https://desc-lab.com/media-contact/


■パステル総研とは? https://desc-lab.com/pastel/
子どもの発達に関するグレーゾーンの悩みごとを、大人に持ち越さないことを目指すリサーチ機関です。発達障害やグレーゾーンの正しい理解と対応を伝える事で、子どもたちが生きやすい時代を作るきっかけづくりをしています。パステルのお子さんを抱えるママが楽しく子育てできる情報を発信します。ママが困った時はいつでも、頼れるアイデアが湧き出てくる「4次元ポケット」になりたい!という想いで、日々のリサーチと情報発信を行っております。


■代表 吉野加容子プロフィール
雄大な自然の離島、島根県隠岐郡出身。慶応義塾大学大学院(博士課程修了)卒業後、企業との脳科学研究、医療機関での発達支援に15年間従事、発達に悩む親子へのカウンセリング、発達支援を行ってきた実績から得た「家庭で365日の発達支援が1番!」という考えのもと、脳科学、教育学、心理学のメソッドを合わせた独自の発達支援プログラム「発達科学コミュニケーション」を確立。自身が医療過疎の地域で育った経験から、すべての子どもに発達支援を届けたい!という想いで始めたオンラインを活用した発達相談や講座は日本全国・海外からも利用されています。書籍・メディア出演情報はこちら https://desc-lab.com/media/?prt


【会社概要】
社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/


記事にするしないに関わらず、情報収集の一環としてお気軽にお問い合わせくださいませ。リサーチ・ご要望・ご相談などもお気軽にお問い合わせください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)