スポーツ・アウトドア 美容・健康

桑田真澄氏と原晋監督が語る「スポーツにおける ”睡眠・コンディショニング“とは」 ~ライズTOKYOと早稲田大学の ”スリープオアシス“ 睡眠共同研究の中間発表!~

ライズTOKYO株式会社
~睡眠の日に先駆けて開催されたオンラインカンファレンスの様子を3月18日(木)12時よりライズ公式サイトで公開~

 高反発マットレス、スリープオアシスのライズTOKYO株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:宮崎 誠司 以下、ライズ)は、3月15日(月)に開催したオンラインカンファレンス「スポーツにおける”睡眠・コンディショニング“」の様子を、3月18日(木)より3回に分けて公式サイトで公開いたします。  カンファレンスでは、スポーツと睡眠における研究の第一人者である、早稲田大学スポーツ科学学術院准教授、西多昌規(にしだまさき)先生と2019年より実施している、ライズの高反発マットレス、スリープオアシスの睡眠共同研究についての中間報告を発表しながら、「スポーツにおける睡眠の重要性」と、「スリープオアシスの有効性」について、ライズ健康睡眠プロジェクトスペシャルパートナーの桑田真澄氏、青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)監督の原晋氏をお招きして、議論いたしました。






本編動画は、3月18日(木)12時より以下のライズ公式サイトで公開
https://www.risetokyo.jp/

■カンファレンス開催の背景

 ライズでは、質の高い睡眠のことを「健康睡眠」と呼び、高反発マットレス”スリープオアシス”が実現する質の高い睡眠と、睡眠の重要性を伝える「健康睡眠プロジェクト」の活動をして参りました。日本は、先進諸国の中でも慢性的な睡眠不足に悩む人が多く、睡眠環境の整備や睡眠習慣の改善が極めて重要と言えます。さらに、コロナ禍における不安感や環境の変化による、コロナ不眠症が増加していると言われており、常に結果を出し続けなければならないアスリートたちにとっても、コンディショニングが難しい状況です。
カンファレンスでは、ライズが早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授で、早稲田大学睡眠研究所 所長の西多昌規氏と、寝具(マットレス)の違いが夜間睡眠および日中の眠気・疲労回復度に及ぼす影響を研究してきた中間の報告をし、アスリートの睡眠における専門家の視点と、共同研究のエビデンスもまじえ、スポーツにおける正しい睡眠コンディショニングについて議論が交わされました。
 健康睡眠プロジェクト スペシャルパートナーであり、15年ぶりの球界復帰と、初のコーチ就任を果たした桑田真澄氏が、コーチとしての目線で選手のコンディショニングについて、自身の現役時代の経験をまじえたお話や、箱根では予期せぬ事態に苦戦するも、驚異的な追い上げで復路優勝を遂げた青山学院大学駅伝部を率いるカリスマ、原晋監督から、コンディショニングのリアルと、常に結果を出し続けるチームづくりやリーダーシップについて、生の声をいただきました。

■研究に使用したマットレス「スリープオアシス 」の概要



スリープオアシス アスリートモデル マットレス
https://www.risetokyo.jp/c/sleep_oasis/EJ802-0117-208

◆スリープオアシス マットレスの特徴
高反発と高弾力で全身を支え、自然な寝姿勢をサポート
高反発、高弾力で身体を押し上げるように支え、身体の1カ所への負担を軽減します。全身をバランスよく支えることで、自然な寝姿勢とスムーズな寝返りを実現し、トレーニングに打ち込むアスリートの身体に質の高い睡眠を提供します。

優れた通気性&清潔性能
抜群の通気性で、湿気や寝汗・熱を逃がし、カビやダニの原因となる水分を発散します。カバーはもちろん中材まで水洗い可能なのでいつも清潔、快適な睡眠を実現します。

ローテーションできる3つ折タイプ
へたりやすい中央腰部分の中材を、頭部や足元と入れ替えられるため、長く良い状態でお使いいただけます。


【ライズTOKYO株式会社 企業情報】
世界中の人たちが睡眠を通じて健康的で快適な暮らしを実現できることを目指し、機能性に優れた良質な寝具を適正な価格で提供する寝具専門メーカー。
◆事業内容 :寝具、インテリア用品及び繊維製品全般の企画、製造、輸入、販売
◆代表取締役社長:宮崎 誠司
◆本社所在地 :東京都港区西麻布一丁目4番31号 アルト第1ビル 2階
◆<会社概要>  https://www.risetokyo.jp/f/company/profile
◆<公式サイト> https://www.risetokyo.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)