インテリア・雑貨 美容・健康

「スタンフォード式 最高の睡眠」著者 西野精治監修究極のリラックス姿勢で、脳が眠る、体が眠るフロートマットレス発売

株式会社ブレインスリープ
3月19日(金)7時~より応援購入サービスMakuakeにて先行販売開始

株式会社ブレインスリープ(本社:東京都千代田区、代表取締役:西野精治・道端孝助、以下「ブレインスリープ」)は、究極のリラックス姿勢を追求した「BRAIN SLEEP FLOAT MATTRESS(以下「ブレインスリープ フロートマットレス」)を新たに開発し、Makuakeプロジェクト第3弾として3月19日(金)より先行予約発売いたします。 ブレインスリープの叡智と最先端テクノロジーを厳選して結集させたピロー、コンフォーターに続き、ついに日本人の「眠れない日」を解消する、最高の睡眠を叶えるマットレスを開発いたしました。 さらに、3月31日(水)まで、全商品が試せるブレインスリープ初のPOP-UPストアを、体験型ストアのパイオニア b8ta Tokyo - Yurakucho 店にて出展します。






ブレインスリープフロートマットレス開発背景



<Makuakeにおけるブレインスリープの過去実績>
第1弾:2019年9月 脳が眠る枕「ブレインスリープピロー」 目標の1600%以上達成。
第2弾:2020年10月 眠りに集中する空間「ブレインスリープドームコンフォーター」目標の1900%以上達成。

第1弾、第2弾とも目標を大きく上回るご支援をいただいたブレインスリープ開発の寝具アイテムの第3弾として、睡眠にとって最も重要といえるマットレスを、満を辞して開発しました。
近年、働き方の多様化や生活習慣の変化、そしてコロナウイルスといった過去に経験したことのない大きなストレスによって、深く眠れない人が増えています。そのため、身体は休まっても脳は疲れたまま、緊張状態が続いています。
特に、一日中画面に向かったままパソコン仕事をしている人や、暇があれば常にスマホを見ている人は、膨大な情報が脳内に残ったまま翌日を迎えてしまっています。
翌朝すっきりとクリアな状態で目覚めるには、布団に入ってすぐに眠れるような寝つきの良さと、身体はもちろん、脳までリラックスできる深い眠りが大切なことから、マットレスの開発に至りました。



ブレインスリープフロートマットレスとは



ブレインスリープフロートマットレスは「スタンフォード式最高の睡眠」の著者であり、ブレインスリープ社代表である西野精治監修により開発、脳が眠るための2つのテクノロジーである「究極のリラックス姿勢」と「寝床内温度コントロール」を取り入れた、最高のコンディションを生み出すマットレスが完成しました。

ブレインスリープピロー同様、カバーも中材も家庭で簡単に洗濯でき、洗練されたデザインとサスティナブルな素材にこだわることで、地球にも家族にも優しく、クリーンな寝室を過ごすことができます。また、ベッドや床に接する面を硬めに設計しているため、ご使用中のマットレスの上でもフローリングや畳に直接敷いても使用でき、コンパクトに収納できる三つ折りタイプです。

ブレインスリープピロー、ブレインスリープコンフォーターと併用することによる相乗効果で、最高の睡眠環境を整えることができ、最高の睡眠を叶えることができます。


ブレインスリープフロートマットレスを構成する2つの最先端テクノロジー



三次元構造体がつくる「中立姿勢」
宇宙飛行士は声を揃えて「宇宙での寝心地は、地上よりも快適だ」と言います。
人が宇宙空間で自然な体制を取ると、自然と肩が内側に入り、脚が上がった体勢になります。
これは、体に最も負担の少ない姿勢だとされています。
この姿勢を再現するのがブレインスリープの独自開発技術、フロートテクノロジーです。独自の三次元構造体によって、浮遊するかのような反発と肩・腰・脚に合わせた最適な高さを形成し、重力から解放された究極のリラックス姿勢へと促します。


・脚を上げることで全身の巡りを高める
3層の柔らかさの異なる層により、フワッと浮き上がるように支え、脚の重みを取り去り、脚を心臓よりも高い位置に上げることで巡りを高めます。


・肩を上げることで、自然な呼吸がしやすい姿勢をサポート
ブレインスリープ同様の5つのグラデーションも採用しており、中央から肩に向かって、反発を強めることで、肩の重さを取り去る構造によって、自然に呼吸がしやすい体勢をサポートします。


・高い体圧分散性能で睡眠時の負担を和らげる
高い弾力性を持つチューブ状の素材がさまざまな方向に三次元に絡み合っているので、あらゆる方向から体を支えることができ、体圧が均一に分散されます。体のどこにも負担のかからない、無理のない寝姿勢を維持します。


■睡眠の環境を最適に保つ「寝床内温度コントロール」


・圧倒的な通気性で熱を放散させる特殊素材
フロートマットレスの素材には、独自の三次元構造体「グリーンファイバー」を採用しています。弾力性に優れた繊維を、空気を含ませるように立体的に絡み合わせることで、製品体積のほとんどを空気で構成。
繊維の間から空気が逃げるので、熱や湿気がこもらず、寝具内の温度を快適に保ちます。ベッドに入った直後から眠りやすく、就寝中も冷えや蒸れを気にすることのない快適な睡眠環境をつくります。

・快適さを追求した素材COVEROSSを採用
最新のテクノロジーを詰め込み、快適さを追求したCOVEROSS技術を採用したカバーで、さらに快適な睡眠に。通気性、吸収速乾に優れ、再生ポリエステルを使用したサスティナブル素材です。


商品名:BRAIN SLEEP FLOAT MATTRESS
販売予定価格Makuakeにて先行発売
シングル 0,000 円(税抜)  
ダブル 100,000円(税抜)


ブレインスリープ フロートマットレス Makuake先行販売詳細

先行予約開始日:2021年3月19日(金)7時~
MakuakeプロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/float-mattress/



■「Makuake」とは
「Makuake」は、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実 現」をビジョンに掲げる、アタラシイものや体験の応援購入サービスです。全国100社以上の金融機関 との連携により日本各地の事業者が活用しているほか、国内外の流通パートナーとも連携し、プロジェ クト終了後も事業が広がるよう支援しています。
URL:https://www.makuake.com/


■b8ta Tokyo - Yurakucho POP-UPストアについて
オンラインを主力として展開していたブレインスリープの商品をリアルに触れて試してもらえるように3月15日(月)~3月31日(水)の期間限定でPOP-UPストアを出展することになりました。
このPOP-UPストアでは、「ブレインスリープピロー」 をはじめとするブレインスリープの全商品が試すことができます。
さらに3月19日(金)からクラウドファンディングサイト「Makuake」で開始する第三弾プロジェクト「ブレインスリープ フロートマットレス」の展示も致します。「Makuake」に出品中の商品を実際に試せる唯一の場所となっています。

開催概要
期間:3月15日(月)~3月31日(水)
場所:b8ta Tokyo - Yurakucho
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1階b8ta有楽町店
営業時間:11:00 – 19:30(平日・土日共に)




【b8ta Japan】 https://b8ta.jp/
b8taは2015年に体験型ストアを米サンフランシスコ近郊のパロアルトでオープン。
Retail as a Serviceのパイオニアとして約5年間新しいソリューションを先導。
ミッションとして「リテールを通じて人々に“新たな発見”をもたらす(Retail Designed for Discovery.)」を掲げています。実店舗への出品をまるでオンライン広告を掲載するのと同じくらい手軽なものにし、消費者に世界中のイノベーティブな製品を発見、体験、購入できる場を提供します。

社概要】
ブレインスリープは、スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長の西野精治を代表取締役・最高研究顧問として「最高の睡眠で、最幸の人生を。」をスローガンに、令和元年5月に設立されました。主に睡眠に特化した企業への睡眠コンサルティングやITを活用したサービス、医学的根拠がある睡眠情報の発信などを行っています。世界一睡眠時間が短い日本人の睡眠負債をなくし、生活向上に導くことを目指します。




西野 精治(にしの せいじ)
医学博士
スタンフォード大学医学部精神科教授、同大学睡眠生体リズム研究所所長
株式会社ブレインスリープ 代表取締役 兼 最高研究顧問
認定資格 精神保健指定医、日本睡眠学会専門医





【株式会社ブレインスリープ】
設立: 2019年5月
代表取締役: 西野 精治、道端 孝助
所在地: 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー26F
HP:https://brain-sleep.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)