広告・マーケティング デジタル製品・家電

ポータブル患者隔離市場「予測期間中に13%のCAGRで成長すると予想」ーグローバルな見通しおよび予測2021ー2026年

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、2021―2026年の間に市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する詳細な分析を提供することを目的としたポータブル患者隔離市場の調査レポートを2021年03月17日で発刊しました。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-106074



収益に基づいて、世界の携帯型患者隔離市場は、2021ー2026年の間に13%のCAGRで成長すると予想されています。

輸送室とポッドの需要は、COVID-19に苦しんでいる症候性または疑わしい患者を効果的に隔離するための努力の増加により、推進力を目撃する可能性があります。世界がコロナウイルスの拡散を制御および防止するのに苦労しているため、患者隔離製品の製造および販売に従事するベンダーは、医療および医療施設からのこれらの製品の急増を観察しています。グローバルヘルスケアインフラストラクチャの改善、高い費用効果、高いエネルギー効率、および持続可能な資源依存の採用は、市場を推進している主な要因です。

市場セグメント

ポータブル患者隔離市場は、製品別(ポッドと部屋)、エンドユーザー別(ヘルスケア、防衛、その他)、準備別(インスタントおよび非インスタント)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

製品の中で、輸送ポッドの革新の増加と感染/伝染病の発生は、医療現場でポッドセグマントを採用する原因となっています。いくつかのベンダーはHEPAフィルター付きのポッドを提供していますが、他のベンダーは適切なベンチレーターホースを配備しており、医療用ポート、水門バッグ、手袋、オペレーターポートも完備しています。輸送ポッドの需要は、COVID-19パンデミックの蔓延とともに劇的に増加しました。

地域概要

ポータブル患者隔離市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋は、ヘルスケア建設活動の増加とヘルスケアセクターへの民間および公的投資の増加により、予測期間中に最速のCAGRで成長すると予想されます。

市場の主要なキープレーヤー

ポータブル患者隔離市場の主要なキープレーヤーは、以下のとおりです:

GAMA Healthcare
ATA
Alaska Structure
RGF Environmental Group
Beth-El Industries
Isoport Chamber
American Biomedical Group
Abatement Technologies
Alliance Environmental Group
Safespear
SIliconCube
ISOVAC Products
AirBoss of America
EpiGuard
Ecolab
Odulair
PPS

この調査には、ポータブル患者隔離市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/portable-patient-isolation-market/106074

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)