出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

【新刊書籍】令和3年度介護保険制度改正対策本の決定版!『令和3年度改定がひと目でわかる!事業者のための介護保険制度対応ナビ-運営基準・介護報酬改定速報-』を発売!

第一法規株式会社
令和3年度介護保険制度改正の事業所への影響がこの1冊でまるごとわかる!最新の報酬単価、算定要件、ポイントなどの情報をいち早くお届け。

法律関連出版物、各種データベースを提供する第一法規株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田中 英弥)が、『令和3年度改定がひと目でわかる!事業者のための介護保険制度対応ナビ-運営基準・介護報酬改定速報-』を2021年3月18日に発刊いたしました。 商品紹介ページはこちら https://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/104163.html



本書は、令和3年度の介護保険制度改正の事業所への影響が図解と事業者目線のポイント解説で、素早くわかる介護制度改正対策本となっております。

介護保険法の改正(令和2年6月公布)と、事業運営や収益に関する運営基準改定(令和3年1月省令公布)・介護報酬改定(同年3月告示)が令和3年4月に同時施行されることに伴い、事業者はこの新たな基準で報酬算定を行う5月までに対応が求められます。
本書は、令和3年度改定が“いち早く”“簡単に”わかる介護事業者向け書籍となっております。

「令和3年度介護報酬改定における改定事項について」(答申)をもとに、人員・設備・運営基準の改正要点、介護報酬の単位数、算定要件、対応のポイント等の最新情報を、現場を知り尽くした著者がナビゲーションします。


【本商品の特長】
〇令和3年4月施行の運営基準の改正、介護報酬改定の最新情報を収録!
〇いち早く知りたい改正内容の要点を、全サービス共通、複数サービス共通、各サービス別に収録!
〇注目すべき改正内容は図解と事業者目線のポイント解説でわかりやすく!


今後の事業所への影響が短時間で理解できる!


〇各サービスの報酬単価や算定要件の新設項目・変更点を網羅!
「事業者への影響がサービスごとに細かく知りたい」を実現!

【目次】
第1章 こう変わる!事業の運営と報酬
令和3年度介護報酬改定について
令和3年度から令和5年度までの間の地域区分の適用地域
新型コロナウイルス感染症に対応するための特例的な評価
〇全サービス共通
〇複数サービス共通
〇事業一覧
1.居宅介護支援
2.訪問介護
3.通所介護・地域密着型通所介護
4.療養通所介護
5.認知症対応型通所介護
6.通所リハビリテーション
7.訪問看護
8.福祉用具貸与
9.訪問入浴介護
10.訪問リハビリテーション
11.短期入所生活介護
12.短期入所療養介護
13.居宅療養管理指導
14.小規模多機能型居宅介護
15.看護小規模多機能型居宅介護
16.認知症対応型共同生活介護
17.定期巡回・随時対応型訪問介護看護
18.夜間対応型訪問介護
19.特定施設入居者生活介護・地域密着型特定施設入居者生活介護
20.介護老人福祉施設・地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
21.介護老人保健施設
22.介護療養型医療施設
23.介護医療院
24.介護予防・日常生活支援総合事業(第1号事業)

第2章 他にも変わる!改正要点
介護保険法改正の全体像
1.更新認定の有効期間の上限を36か月から48か月に延長
2.主任ケアマネ管理者配置を2027(令和9年)年度まで延長
3.市町村判断で住民主体サービスBなどが要介護でも利用可能に
4.総合事業の価格を市町村が決めやすくなる
5.サービス種類コード A1、A5 の完全終了
6.入居施設の食費居住費の助成の見直し
7.高額介護サービス費の見直し
8.業務管理体制監督権限の中核市への移譲等

第3章 今後の制度・業界の行方と対応
1.介護の効率化、生産性向上への懸念
2.くすぶるケアマネジメントの利用者負担
3.総合事業サービスB対こども食堂
4.介護ロボットの普及展望
5.どうなった?介護の文書半減策
6.科学的介護は「老い」に効くか?
7.制度改正と契約書の変更


【商品概要】
『令和3年度改定がひと目でわかる!事業者のための介護保険制度対応ナビ-運営基準・介護報酬改定速報-』
本間 清文 編著
定価:1,870円(本体:1,700円+税10%)
仕様:A5判・224頁

商品ページはこちら
https://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/104163.html

発刊:第一法規株式会社
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)