外食・中食 美容・健康

酒粕カフェスタンド「Hacco to go!」 3月22日(月) 新潟駅内に新しくOPEN!

株式会社FARM8
酒粕や新潟の発酵食品からできたドリンクやスイーツが勢ぞろい!カフェ感覚で発酵食材を体に届ける新感覚スタンド。

株式会社 FARM8は、酒粕や新潟の発酵食品からできたドリンクやスイーツをカフェ感覚で楽しめる新感覚の酒粕専門カフェスタンド 「Hacco to go!」を新潟市で初めての店舗となる新潟駅店(JR新潟駅 新幹線西口改札隣)として2021年3月22日にOPENします。


株式会社 FARM8(本社・新潟県長岡市)は、酒粕専門カフェスタンド 「Hacco to go!」の新潟市で初めての店舗となる新潟駅店を2021年3月22日にOPENします。
( JR新潟駅 新幹線西口改札隣に新しくできる「Sta.N.d Life store」内に併設)

https://haccotogo.com

Hacco to go! 新潟駅店 2021年3月22日OPEN
【日本のおなかに日本の発酵を届ける】

Hacco to go! は、新潟県内の酒蔵から出る酒粕の有効利用を目的に2018年に始まったプロジェクトです。
酒粕にもう一度乳酸菌発酵を加えることでうまれるフローズンヨーグルトのような味わいを、シェイクやジェラートなどにして新潟発・植物性発酵ドリンクとして展開して来ました。

これまで、関東(戸越公園(品川区)・赤坂(港区)・吉祥寺、北鎌倉)や関西、北海道などでPOP UP として展開を広げ、全国に酒粕の魅力を発信しています。

この度、新潟市初出店の店舗として、新潟駅 新幹線改札隣にグランドオープンとなります。

Hacco to go! のドリンクカウンター。テイクアウトだけではなくイートインもOK
Hacco to go!ドリンクだけでなく、発酵スイーツなどもお手軽に
ドリンクやスイーツのテイクアウト中心ですが、店内にもイートインスペースをご用意。
ランチタイムには発酵サラダやスープを提供。各種日本酒カクテルも味わえます。
https://haccotogo.com

【Hacco to go! の発酵メニュー】

●酒粕をさらに乳酸菌発酵してできたHacco シェイク

乳酸菌発酵[「酒粕」からできた100%植物性のシェイクで フローズンヨーグルトのような爽やかな味わいです。
発酵シェイクはプレーン・ストロベリー・ゆず・ショコラ・ブルーベリーの全5種類。
●発酵ドリンクメニュー



ビネガードリンクから日本酒カクテルまで、発酵をテーマにしたドリンクが勢ぞろい
●発酵スイーツ

しっとりチーズケーキや乳酸菌発酵酒粕からできた植物性ジェラートまで。お持ち帰りも可能です。

●ランチメニュー

ランチタイムはサラダやベーグルなどヘルシーな発酵食材を提供します。駅構内ということもあり、持ち運びしやすいホルダーも
● 店舗情報
Sta.N.d Life store
【NEW OPEN 】
2021年3月22日(月)
Hacco to go! 新潟駅店
新潟市中央区花園1-1-1 CoCoLo新潟 西N+
新幹線西口改札隣 Sta N d Life STORE内
OPEN 10:00-21:00
https://haccotogo.com


Hacco to go!


● 企画運営

株式会社FARM8
本社:新潟県長岡市来迎寺前田3662
設立:2015年2月
代表:代表取締役 樺沢敦
HP : https://farm8.jp




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)