医療・医薬・福祉

ノイルイミューン・バイオテック、シリーズCラウンドにおいて総額約23.8億円の資金調達を実施

ノイルイミューン・バイオテック株式会社
PRIME技術を搭載したCAR-T細胞療法パイプラインNIB-101の臨床試験を年内に開始予定

  固形がんに対するCAR-T細胞療法の研究開発を行うノイルイミューン・バイオテック株式会社(港区、代表:玉田耕治)は、このたび第三者割当増資によるシリーズCラウンドにて、総額約23.8億円の資金調達を実施しました。


ノイルイミューン・バイオテック株式会社(以下、当社)は、このたび、第一生命株式会社、Binex Holdings、澁谷工業株式会社、ヘルスケア・イノベーション投資事業有限責任組合、KD Bio Investment Fund 4を新規の引受先として、また、既存株主であるBinex Co., Ltd.、BiGEN Co., Ltd.を引受先として第三者割当増資をおこない、総額約23.8億円の資金調達を実施しましたのでお知らせ致します。

当社は、山口大学及び国立がん研究センター発ベンチャーとして2015年に設立して以来、当社のコア技術であるPRIME(proliferation inducing and migration enhancing)技術を利用した CAR-Tを主とする遺伝子改変免疫細胞療法の自社パイプライン事業および共同パイプライン事業を推進してまいりました。本資金調達により、自社パイプライン事業におけるリードパイプラインNIB-101の臨床開発を促進してまいります。

NIB-101は、特定のがん細胞の表面に存在する糖脂質の一種であるGM2を標的としたPRIME CAR-T細胞であり、現在、年内の臨床試験開始を目指して準備を進めております。

当社は、引き続きNIB-101を含む複数のプロジェクトを推進・拡充し、1 日も早くより多くのがん患者様へ真に有効な治療を届けられるよう事業を進めて参ります。


___
【ノイルイミューン・バイオテック株式会社】(URL:https://www.noile-immune.com/
・会社名:ノイルイミューン・バイオテック株式会社
・所在地:東京都港区芝大門二丁目12-10 T&G浜松町ビル 5F
・代表者:代表取締役社長 玉田 耕治
・事業内容:CAR-T細胞療法を主とした新規がん免疫療法の開発
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)