企業向けシステム・通信・機器 食品・飲料

米国発のコールドプレスジュース小型マシン「M-1」が登場!!

株式会社 大泉工場
日本国内のカフェ、レストランなど省スペース需要に対応 ~2021年4月1日(木)から販売開始~


株式会社 大泉工場(本社:埼玉県川口市、代表取締役:大泉寛太郎)は、米国大手のコールプレスジュースマシンメーカーであるGoodnature社(グッドネイチャー)の日本国内における輸入総代理店となります。2021年4月1日(木)よりコールドプレスジュース小型マシン「M-1(エム・ワン)」を新製品として日本国内で発売いたします。

■コールドプレスジュースの日本市場は省スペース製品へ


コールドプレスジュースにおける世界市場は、家庭用をはじめカフェやレストランなどマシンにおける小型化の需要が高まっております。世界市場と同様に日本市場においても店舗設置が可能な省スペース製品のニーズがあり、Goodnature社と協議を重ね、日本での販売を開始することになりました。

■本格的なマシン性能を実感できる小型マシン


野菜や果物からナッツのような硬い原料などを切らずにマシンへ投入できます。製品特長である素材の粗削りとプレス(圧力)は同時ではなく、2段階で行います。そのため搾汁時に熱の発生を最小限に留め、素材本来の栄養素を残して強い圧力でゆっくり搾汁できます。また、皮や繊維物が分離され、サラサラした喉越しのよい  ジュースが味わえます。小型化によって、バイオーダーにも対応が可能となります。

【製品情報】
◇商品名:Goodnature M-1(エム・ワン)
本体サイズ: W:285mm×D:650mm×H:570mm
重量:31kg
処理能力:355ml~590ml / 回
1パッチ:453~1134g ※搾汁する野菜のサイズによって誤差があります。
電源規格:単相100V接地(アース)極付コンセント 50/60Hz 800W
発売日:2021年4月1日(木)

1)野菜や果物を投入口へ


投入口は8.9cmになり、ほとんどの材料を切らずにそのまま投入が可能。

2)筒の中で粗削り後、ゆっくりプレス(圧力)をかける2工程


野菜や果物を筒の中の下にあるグラインダーで粗削り。プレスバックに粗削りをした素材が落ちます。その後、プレスバック内の素材にゆっくりプレス(圧力)をかけて搾汁。

3)プレス(圧力)をかけて搾汁



余計な皮や繊維質のないクリアでのど越しの良いジュースに仕上がります。

■Goodnature社(グッドネイチャー)とは


1976年から米国コールドプレスジュースマシンメーカーとしての歴史があり、業界の世界最大手。同社の製品は世界70か国以上で展開されております。URL:https://www.goodnature.com/

--------------
<会社概要>
会社名:
株式会社 大泉工場

代表者:
代表取締役 大泉寛太郎

所在地:
埼玉県川口市領家5-4-1

設立:
1938年3月(1917年3月創業)

資本金:
20,000,000円

URL:
http://www.oks-j.com/(コーポレートサイト)

事業:
FUTURE FUN FOOD(ポップコーンマシン・材料およびオーガニック商材の販売)・JUICE(ジュースマシン販売)・KOMBUCHA(KOMBUCHA_SHIP製造・販売)・REAL ESTATE(不動産関連事業)・1110 CAFE/BAKERY・大泉工場NISHIAZABU・OKS_CAMPUS【スペースレンタル、BBQレンタル、テントレンタル、(ARTISAN)FARMERS MARKET KAWAGUCHI】
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)