美容・健康 インテリア・雑貨

サロンヘアケアブランド「KESHIKI(ケシキ)」より【モイストリペアヘアオイル】が新登場!〈新感覚ファイバーオイル〉

アンド・ナイン株式会社
2021年3月22日より、全国の美容室・バラエティコスメショップにて順次発売を開始!

アンド・ナイン株式会社( 本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長CEO:加藤 修 )は、“サロンシャンプーの入門版!”のコンセプトが好評のサロンヘアケアブランド「 KESHIKI(ケシキ)」より、とろ~り伸びる新感覚のファイバーオイルが毛先に均等になじんで密着するダメージ補修型ヘアオイルを、2021年3月22日より、全国の美容室・バラエティコスメショップにて順次発売いたします。 美容室の業務用として使用されるヘアオイルの中でも人気の“ファイバーオイル処方”は、【しっとりなのに、軽やかに髪がまとまる】だけではく、髪にリッチなうるおいを与え、クセ・うねりの原因となる“水分保持力”を高めます。 KESHIKIモイストリペアヘアオイルは、ヘアカラーやドライヤー等の熱で受けた髪のダメージを補修し、サロン帰りの仕上がりに導く〈 ファイバーオイル美容 〉をご提案いたします。




● 商品名 : ケシキ モイストリペアヘアオイル[ SALON USE ]
● 容  量 : 78mL〈洗い流さないトリートメント〉
● 価  格 : 1,980円(税抜価格1,800円)
● 特  長 : “ とろ~り ”伸びるファイバーオイル処方で、ダメージ部分に均等になじんで髪1本1本を“つるん”と包み込む、99%以上* 補修・保護成分のダメージ補修型ヘアオイルです。
[ しっとりダメージ補修 ][ フリージアサボンの香り ]

【 開発背景・製品概要 】

10~30代女性を中心としたWEBアンケート調査(自社調べ)において、「洗い流さないトリートメントは、何を使用していますか?」の問いに対し最も回答が多かったのは【ヘアオイル(65%以上)】。髪のダメージに悩む方
にとって、ヘアオイルはとても重要なアイテムであることがわかります。
また、「ヘアオイルに求める使用感・仕上がりは?」では、しっとりまとまるのに時間が経ってもべたつかず、サラっと軽やかでいたい、という相反する意見に着目して追求した結果、アミノ酸系のケア成分を配合した「ファイバーオイル処方」に辿り着きました。とろ~りとした粘性からは想像しにくいほど、髪の毛に“スッ”となじんで、手がベタつかないのもファイバーオイル処方のこだわりの1つです。おやすみ前のケアにも適した使用感と、ふんわり心地良く続く香りを、是非体験してみてください。



しっとり&軽やか髪へ! 新感覚ファイバーオイル処方


“とろ~り”と伸びる不思議なテクスチャーで、毛先のダメージに均等になじみ、髪1本1本を“つるん”と包み込む処方設計。




思わず触れたくなるサラサラ感と、軽やかなのに毛先までしっとりまとまる上質な仕上がりへ。



毛髪内部に浸透し、髪の内側に水分を閉じ込めます。

(主な成分)
イソステアロイル加水分解コラーゲン/イソステアロイル加水分解シルク/セバシン酸ジエチル/ビスセテアリルアモジメチコン




12種の植物由来オイルを厳選配合


豊富な美容オイル成分がリッチな潤いを与え、髪の水分を保持します。

1.アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)
2.ティーシードオイル(チャ種子油)
3.ホホバオイル(ホホバ種子油)
4.タマヌオイル(テリハボク種子油)
5.月桃オイル(ゲットウ葉油)
6.スクワランオイル(スクワラン)
7.椿オイル(ツバキ種子油)
8.マカデミアナッツオイル(マカデミア種子油)
9.柚子オイル(ユズ種子油)
10.アボカドオイル(アボカド油)
11.米ぬかオイル(コメヌカ油)
12.パッションフルーツオイル(クダモノトケイソウ種子油)





99%以上* 補修・保護成分配合 *ベース成分を除く


ヘアカラーやドライヤーなどの熱で受けた髪を濃密ダメージ補修&保護します。

(主な成分)
エルカラクトン(γ-ドコサラクトン)/メドウフォーム油(メドウフォーム-δ-ラクトン)/イソステアロイル加水分解ケラチン


【 KESHIKI公式アカウント 】
★Instagram・Twitterにて、新発売記念プレゼントキャンペーン実施中!
*締切:3/31(水)23:59まで

●Instagram:https://www.instagram.com/keshiki_official/
●Twitter:https://twitter.com/i_am_keshiki
●Facebook:https://www.facebook.com/keshiki.official






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)