美容・健康 アパレル・ファッション

【赤ちゃんの敏感な肌を守りたい!】皮膚科医に聞いてみた、赤ちゃんにおすすめのUVケアとは?

株式会社はぐくみプラス
約8割の皮膚科医が、赤ちゃんのUVケアに日焼け止めが有効と回答!

株式会社はぐくみプラス(本社所在地:福岡県福岡市、代表取締役:山村 昌平)は、皮膚科医を対象に「赤ちゃんのUVケア」に関する調査を実施しました。


小さいお子さんがいらっしゃる皆様。
これからの季節、紫外線の量が増えてきますが、お子さんのUV対策はできていますか?

「考えたことはあるけど、正しいUVケア方法がわからない」
「なるべく早くやるべきというのは聞いたことがあるけど、実際にいつからすればいいのかがわからない」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

最近では、生まれてまもない時期からUVケアを行うことが推奨されています。
しかし、日焼け止めの中には、肌への刺激が強い成分を含んでいるものもあります。

敏感な赤ちゃんの肌に、大人と同じ日焼け止めを使用して良いのでしょうか。
不安や抵抗を感じる方も少なくないでしょう。
このような悩みは、皮膚に関するプロである皮膚科医に聞くのが1番です。

そこで今回、UVケア商品をはじめ、ベビースキンケアブランド『anone baby』https://www.hugkumiplus.net/anonebaby/)を運営する株式会社はぐくみプラスhttps://www.hugkumiplus.net/)は、皮膚科医を対象に「赤ちゃんのUVケア」に関する調査を実施しました。

どのようなUVケアが赤ちゃんの肌を守ってくれるのか、参考になさってください。


皮膚科医の約5割が肌トラブルの原因は紫外線と回答!

はじめに、赤ちゃんの肌トラブルの原因に関して伺っていきたいと思います。



「赤ちゃんの肌トラブルを引き起こす要因となるものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『紫外線(49.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『虫刺され(42.8%)』と続きました。

半数近い皮膚科医が、紫外線を肌トラブルの原因として挙げています。
老若男女問わず、生活する上でどうしても避けることができない紫外線。
特に赤ちゃんの肌は敏感であるため、その影響を受けやすいのかもしれません。


早めのUVケアをする人が増えている!?その理由が明らかに!

紫外線は、赤ちゃんの肌に悪影響を及ぼす可能性があることがわかりました。
UVケアをせずにそのまま放っておけば、深刻な肌トラブルにも繋がりかねません。


そこで「赤ちゃんの頃からUVケアをする必要はありますか?」と質問したところ、9割近くの方が『はい(87.3%)』と回答しました。

大多数の皮膚科医が、赤ちゃんのUVケアは必要だと考えていることがわかります。
赤ちゃんには、肌悩みを抱えることなく元気に育ってほしいですよね。
小さい頃からきちんとUVケアをすることにより、紫外線ダメージの蓄積を防げます。

では、いつ頃からUVケアを始めれば良いのでしょうか?
「いつ頃からUVケアが必要だと思いますか?」と質問したところ、『生後0か月~6か月(33.2%)』『生後6か月~1歳未満(35.6%)』と、1歳未満の時期を指定する声が7割近く集まりました。

赤ちゃんのUVケアは早く取り組むに越したことはない、と考えて良いでしょう。
「いつからやればいいんだろう?」と困っていた方は、ぜひ目安にしてみてくださいね。

このように、多くの皮膚科医が赤ちゃんのうちからUVケアを推奨しています。
その理由についてお聞きしました。

■赤ちゃんにとって紫外線は大敵!
・紫外線の刺激が強いから(30代/女性/宮城県)
・赤ちゃんの肌は大人に比べてダメージを受けやすい(40代/男性/愛媛県)
・皮膚が弱く敏感だから(50代/女性/愛知県)

柔らかな赤ちゃんの肌は、弱く繊細です。
そこに刺激の強い紫外線が降りかかれば、大人よりもダメージを受けてしまいます。
だからこそ、しっかりとしたUVケアがより一層大事になってくるといえるでしょう。


約8割の皮膚科医が日焼け止めは有効的と回答!

ここまでの調査で、紫外線が赤ちゃんの肌トラブルを引き起こす要因の一つだと判明しました。
肌の弱い赤ちゃんを紫外線から守るために、早期のUVケアは欠かせないようです。

UVケアアイテムと聞いて頭に浮かぶのは、日焼け止めという方も多いでしょう。
では、赤ちゃんのUVケアにも日焼け止めを使って良いのでしょうか?


そこで「赤ちゃんのUVケアを行う際に日焼け止めは有効ですか?」と質問したところ、約8割の方が『はい(79.4%)』と回答しました。

ほぼ8割の方が、日焼け止めを有効な手段として認めていることが明らかになりました。
日焼け止めは誰にとっても馴染み深く、また手に入れやすいアイテムです。
赤ちゃんにも効果を発揮してくれるとすれば、ありがたい限りですよね。

実際、どのくらい効果が見込めるのでしょうか?
その度合いについて「どれくらい効果的ですか?」と質問したところ、『とても効果的(34.2%)』『まあまあ効果的(55.4%)』と9割近くの回答が肯定的なものでした。

皮膚科医から見ても、日焼け止めのUVカット効果は高く評価されているようです。
日焼け止めは、安全性と有効性を兼ね揃えているといえます。
赤ちゃんのUVケアに積極的に取り入れていきましょう。


皮膚科医の4割以上が勧めるスキンケア商品のこだわるべきポイントとは?

先程の調査から、日焼け止めが赤ちゃんのUVケアにも効果的と考える皮膚科医が多いとわかりました。
赤ちゃんの肌に合ったものを使い、スキンケアを行っていきたいですよね。

では、種類豊富なスキンケア商品の中で、どのようなポイントを重視すべきなのでしょうか?


そこで「子ども用のスキンケア商品としてこだわるべきポイントを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『アレルギー物質不使用(44.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『保湿力(42.9%)』『低刺激(37.9%)』と続きました。

子どものスキンケアには、肌に刺激を与えず、乾燥を防ぐ要素が求められるようです。
紫外線の問題をクリアしても、他の原因で赤ちゃんの肌が傷ついては意味がありませんよね。
含まれる成分や効能を確認し、丁寧にケアしてあげましょう。


まとめ:適切なUVケアで、赤ちゃんの健康な肌を守りましょう

今回の調査で、約5割の皮膚科医が、紫外線を赤ちゃんの肌トラブルの原因と捉えていることがわかりました。
そして、赤ちゃんの頃からUVケアが必要という回答が多数を占めていました。
特に、0歳から1歳になるまでのなるべく早い時期からUV対策を始めると良いようです。

肌の弱い赤ちゃんにとって、刺激の強い紫外線は脅威となります。
夏はもちろんですが、1年を通して注意してあげなければいけません。

そんなUVケアのアイテムとして挙げられるのが、日焼け止めです。皮膚科医の実に8割近くが、日焼け止めの有効性に肯定的でした。
さらに、その効果に期待する意見も多く見られました。

赤ちゃんを含め、お子さんのスキンケアは大人以上に気を遣うものかもしれません。
できるだけ長く紫外線ダメージの刺激を軽減し、保湿力に優れたクリームタイプの製品であれば、敏感な肌をしっかり守ることができるでしょう。
お子さんの健やかな成長を、スキンケアの面からも支えていきませんか?


赤ちゃんのUVケアなら『anone baby』がお薦め!



「生まれたての肌を守ってあげたい」
「赤ちゃんでも安心して使えるUVケア商品を探している」


そのような方にお薦めしたいのが、株式会社はぐくみプラスhttps://www.hugkumiplus.net/)が販売する『anone baby トータルアウトドアUV』https://www.hugkumiplus.net/totaloutdooruv/)です。

これ1本で紫外線や虫除け、乾燥、大気の汚れなどをカバーするUVケア商品です。

赤ちゃんの肌に悪いとされている紫外線吸収材やディートを使っておらず、99%天然由来でお作りしました。
お湯で落とせるため、肌に残って炎症を起こす心配もありません。ママの目に見えない外敵から、赤ちゃんをしっかりと守ります。

■トータルアウトドアUV(50g)
通常購入 2,618円(税込)→定期初回購入 1,628円(税込)
日本人の赤ちゃんの肌を徹底研究し、日本人の赤ちゃんに合った天然成分でお作りしました。
紫外線・虫・大気の汚れあらゆる夏の外敵から赤ちゃんを守ります。


『anone baby』は、赤ちゃんの肌のことを考えて作られています




株式会社はぐくみプラスが販売する、『anone baby』シリーズは、赤ちゃんの肌に使うことをとにかく考えて作られたスキンケア商品です。

8,000人以上を見てきた中島皮膚科の院長 中島 知賀子先生が総合監修!
安心してお使いいただけるように、99%天然由来成分を使用。
28種類のアレルギー物質一切不使用で、肌への刺激がないか3つの試験(スティンギングテスト、モニターテスト、アレルギー検査)で精密に検査して作られています。

■『anone baby』はベビーブランド3冠(※)達成!

【はじめてママが選んだベビー化粧品ランキングNO.1】
【敏感肌のベビー化粧品口コミランキングNO.1】
【出産祝いで選ばれたベビー化粧品ランキングNO.1】

(※)調査機関:ECキャスティング 調査機関:2020/05/13~2020/06/12

生後2か月~3か月を過ぎた赤ちゃんは皮脂量が1/3まで減少し、急激に乾燥します。
バリア機能が低下した赤ちゃんの肌を守るためには洗浄と保湿が大切です。
anone babyの商品は敏感な肌を濃密な泡で保湿しながら洗い、発酵と植物の力でバリア機能を高めてうるおし、トラブルに負けない肌を作ります。

■6つの肌悩みをこれで解決!
湿疹/カサカサ/あせも/アトピー敏感肌/よだれ・食べ残しかぶれ/オムツかぶれ
anone babyの成分が角質層をバリア。
ウイルスや雑菌をブロックし、うるおいや水分を逃がしません!

■米発酵エキス
・糖質でうるおいを与えます
・アミノ酸でバリア機能を高めます
・有機酸で自己保湿力を高めます
・ミネラルで菌活を活性化します
ビタミン・ミネラル・アミノ酸が豊富に詰まったお米を多く配合。
厳選された酵母を使用し、高い保水力を実現しました。
さらに、雑菌の繁殖を抑制し、うるおい菌が増殖しやすい環境を作ります。

新生児からのスキンケアで、生まれたての肌を守ってあげてください。

■anone baby:https://www.hugkumiplus.net/anonebaby/
■株式会社はぐくみプラス:https://www.hugkumiplus.net/
■お電話でのご注文・お問い合わせ:0120-8993-17(受付時間 9:00~18:00(日曜・祝日を除く))
■お問い合わせ:https://www.hugkumiplus.net/contact/


調査概要:「赤ちゃんのUVケア」に関する調査
【調査期間】2021年3月10日(水)~2021年3月12日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,048人
【調査対象】皮膚科医
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)