美容・健康 食品・飲料

大麦若葉シリーズ売上第一位“金の青汁”の第四弾 青汁初心者向けのほんのり甘くまろやかな豆乳をブレンドした商品が登場 「金の青汁 日本薬健のみんなの青汁」2021年3月31日(水)より販売開始

日本薬健
株式会社日本薬健(本社:東京都港区新橋二丁目20番15号、代表取締役:丸山 忠生)は、同社が展開する定番シリーズ”金の青汁”より、初めての方でも飲みやすいほんのり甘くてまろやかな青汁「金の青汁 日本薬健のみんなの青汁」を、2021年3月31日(水)より全国のドラッグストアにて販売いたします。





初心者でも飲みやすい理由

1.すっきりとクセのない「純国産大麦若葉」
2.マイルドにおいしさを引き立てる「国産豆乳」
3.爽やかな後味の「甘さ」
純国産の大麦若葉に国産の豆乳をブレンドし、さらに甘みのバランスにこだわりました。初心者の方には、苦い、飲みづらい、といったイメージがある青汁を、甘くまろやかですっきりとした味わいに仕上げています。


こんな方にオススメ

飲みやすさにこだわった本商品は、青汁を初めて飲む方、青汁を飲み続けることができなかった方、野菜嫌い・野菜不足の方など、どんな方にも手軽に試していただけるものとなっております。
「“純国産大麦若葉”の青汁を一人でも多くの方に飲んでもらいたい」という思いから作った商品です。


金の青汁とは

大麦若葉を主原料とする国産青汁市場で、5年連続シリーズ売り上げ第1位を獲得する「金の青汁シリーズ」は下記5つを約束いたします。
1.栽培から製造に至るまで「純国産」の主原料のみを使用します。※主原料は、大麦若葉です。
2.農薬不使用栽培の主原料のみを使用します。
3.残留農薬と放射能検査を定期的に行い、問題ないことを確認します。
4.品質管理レベルの高い国内工場でのみ製造します。
5.おいしさや鮮度にこだわった高品質の青汁をお届けします。

日本薬健では今後もより安心な原料を用いた商品開発を進め、皆様に愛される商品を展開してまいります。


商品概要

商品名:金の青汁 日本薬健のみんなの青汁
内容量:195g(6.5g×30パック)
価格 :オープン価格
発売日:2021年3月31日(水)
発売元:株式会社日本薬健
URL : http://www.nihon-yakken.co.jp/


参考:(株)日本薬健が展開する金の青汁シリーズのご紹介



◎第一弾「金の青汁 純国産大麦若葉100%粉末」
1.安心・安全な原材料を使用
九州産の大麦若葉を惜しみなく100%配合。契約農家による無農薬栽培で、香料・着色料などは一切無添加です。
2.5年連続売り上げ第一位
国産青汁市場調査の大麦若葉100%部門にて、5年連続売り上げ第一位を獲得しています※1。
3.医師レコメンドマークを取得
さらに、WEBアンケートにて医師105名のうちの90.4%から「オススメ」と回答をいただき、2019年7月1日に「医師レコメンドマーク」を取得しました※2。
※1 TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ
※2 株式会社リッチメディアにて実施
内容量:3g(スティック)× 14包、22包、46包、90包
発売日:2015年10月1日(日)


◎第二弾「金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」
1.25種の純国産野菜を使用
主原料である九州産の大麦若葉に加え、ムラサキイモ、ニンジン、モロヘイヤなど計25種類の純国産野菜を使用。毎日の野菜不足を補うのに最適な商品です。
2.「乳酸菌」と「活性型酵素」を配合
腸まで届き、善玉菌と悪玉菌のバランスを整える「乳酸菌」と、消化や代謝をサポートする「活性型酵素」を配合しておりますので、必要な栄養素を効率的に摂取することができます。
内容量:3.5g(スティック)×30包、60包
発売日:2017年3月1日(水)


◎第三弾「金の青汁 乳酸菌1,000億個」
1.独自配合の3種の善玉乳酸菌でサポート
「シールド乳酸菌(R)」、「ガード乳酸菌」、「フェカリス乳酸菌」の3種類の乳酸菌を1杯で1,000億個補給できる青汁です。発酵食品が苦手な方や、外の環境に負けない毎日を目指したい方におすすめです。
※シールド乳酸菌(R)は森永乳業(株)の登録商標です
2.3つのグリーンチャージ成分×まもるパワー
野菜摂取の代替品となる「大麦若葉」、「ケール」、「モリンガ」に、「プロポリス」や「ラクトフェリン」を配合。おいしくすっきりとした味わいが楽しめる青汁です。
内容量:3g(スティック)×30包
発売日:2021年3月17日(水)







企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)