医療・医薬・福祉

株式会社T-ICU、事業拡大に伴う本社移転のお知らせ さらなる集中治療医不足の解決、質の高い医療現場環境を創造

T-ICU
遠隔ICUサポートサービスを展開する株式会社T-ICU(本社:兵庫県神戸市、代表取締役CEO:中西 智之、以下「当社」)は、さらなる事業展開の拡大を目的として、2021年3月29日より、本社住所を兵庫県神戸市へ移転し本格稼働いたします。 ホームページ:https://www.t-icu.co.jp/



当社は2016年に創業し、「Anywhere we care.– すべての病院に集中治療医を」をミッションに、遠隔ICUサポートサービスを手がけてきました。集中治療医・集中ケア認定看護師のチームを擁し、病院向けに専門性の高いサポートを提供する日本で唯一の事業会社です。

今回の移転に併せて、更なる遠隔ICUサポートサービス強化と人員拡大を行うことで遠隔ICUの更なる可能性と病院及び医療従事者の抱える課題解決の一助になるべく社員一同 新たな気持ちで社業発展に全力を尽くす所存です。

独立行政法人国際協力機構(以下JICA)の「感染症流行時の遠隔ICU支援のあり方に係る情報収集、確認調査」の受託事業者として今後は南アメリカ、アジア、アフリカ10数カ国への遠隔ICUサポートサービス提供を見据え、神戸市より世界に向け日本品質の遠隔ICUサポートサービスを提供してまいります。


移転に伴ってのコメント

T-ICU代表取締役 / 医師 中西 智之


今回の移転に伴い、神戸市連携を更に深めていきたいと思っております。神戸市内8施設に導入されている遠隔相談システム『リリーヴ』と同2施設に導入されている院内遠隔モニタリングシステム『クロスバイ』を、さらに多くの医療機関に広げることで、治療に当たっておられる医師・看護師の皆様方の負担軽減に繋げ、ワークライフバランスを支えたいと考えております。


神戸市長 久元 喜造氏


T-ICU社は、神戸市が実施する起業家育成プログラム「500 Kobe Accelerator 2018」にご参加頂いたことをきっかけに、2019年には神戸医療産業都市にご進出頂きました。
令和2年8月からは、新型コロナウイルス感染症患者の入院受入れを行う市内医療機関への遠隔ICUシステムの導入により、集中治療医による診療支援を行っていただくとともに、11月からは中央市民病院に整備した新型コロナウイルス重症者専用臨時病棟への遠隔モニタリングシステムの導入により、医療従事者の負担軽減に協力していただいています。
このような結びつきの中で、T-ICU社の本社を神戸にお迎えできることは大変喜ばしく、遠隔医療サポートが神戸から全国、さらには世界に広がっていくことを期待しています。

令和3年3月23日
神戸市長  久元 喜造(ひさもと きぞう)

今後とも当社、並びに当社サービスのご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


【新本社概要】

名称:株式会社T-ICU 本社
所在地:〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通3丁目2-5 IN東洋ビル605






【北埠頭オフィス概要】

名 称:株式会社T-ICU 医療産業都市オフィス
所在地:兵庫県神戸市中央区港島中町2-1-12 北埠頭ビル3F


提供サービスについて

遠隔相談システム「リリーヴ」
全国的に専門家が不足する重症患者診療の現場を、集中治療医・集中ケア認定看護師で構成されたメディカルチームが24時間365日サポート。命に関わる重症患者診療を担う医療スタッフの不安に寄り添い、呼吸・循環管理、鎮静・鎮痛、感染症治療などの全身管理を最新の知見と豊富な経験で支援する遠隔相談システムです。

「リリーヴ」サービス紹介URL:https://www.t-icu.co.jp/service/relieve/

遠隔モニタリングシステム「クロスバイ」
ベッドサイドに配置した高性能カメラにより、これまでにない患者観察が可能に。患者の表情や顔色、呼吸様式の観察までもが可能となり、人工呼吸器を含む各種医療機器と接続することで、多面的な患者情報を院内の離れた場所へ届けることが可能な遠隔モニタリングシステムです。COVID-19患者受け入れ病院での医療の提供と医療従事者への感染防止策としても、導入頂いております。

「クロスバイ」サービス紹介URL:https://www.t-icu.co.jp/service/closeby/


株式会社T-ICUについて



事業内容:集中治療支援・医療情報提供サービス・医療コンサルティング等
代表取締役社長・医師:中西 智之

URL: https://www.t-icu.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)