医療・医薬・福祉 スポーツ・アウトドア

インビザライン・ジャパン スポンサーシップ契約アスリート 才藤歩夢選手の紹介ページを新設

インビザライン・ジャパン株式会社
世界を目指す二刀流アスリート才藤歩夢選手の撮り下ろしスペシャルインタビュー動画を公開!

透明に近いマウスピース型矯正装置「インビザライン」を提供するインビザライン・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役:松本 貴嗣)が、スポンサーであるアスリートで、フェンシング/近代五種の二刀流で世界を目指す、才藤歩夢選手の紹介ページを新設。 才藤歩夢選手のプロフィールやキャンペーン動画などのコンテンツをご覧いただけます。


◆才藤歩夢選手の紹介ページ
https://www.invisalignjapan.co.jp/sponsorship


さらに、撮り下ろしのスペシャルインタビュー動画2編「世界で活躍するアスリート 才藤歩夢選手が語るマウスピース型矯正装置を使った歯列矯正治療」、「才藤歩夢選手の素顔に迫る ー 近代五種とフェンシング・ファッションモデルとしても活躍する女性アスリート ー」も公開いたしました。

◆動画詳細

【世界で活躍するアスリート 才藤歩夢選手が語るマウスピース型矯正装置を使った歯列矯正治療】
動画URL:https://youtu.be/hdXf188kEDE



マウスピース型矯正装置「インビザライン」を使った歯列矯正治療について、アスリートとして、また、ファッションモデルとしても活躍する才藤歩夢選手が自身の治療体験を語ります。
痛みや通院頻度、装着により制限されることはないか、など治療前に抱えていた不安がどのように解消されたのかを、自然な笑顔で紹介します。

【才藤歩夢選手の素顔に迫る ー 近代五種とフェンシング・ファッションモデルとしても活躍する女性アスリート ー】
動画URL:https://youtu.be/NApaVVC1erQ



競技への想い、美容・ファッションへのこだわりや考え方など、才藤歩夢選手の自然な魅力に迫る動画です。思わず親近感を抱いてしまう飾らない姿がご覧いただけます。
アスリートとして、またモデルとしても世界で活躍し、強く美しい姿を見せてくれる才藤歩夢選手の強さと美しさの秘訣は、前向きな考え方と健康的な笑顔にあると気づかされます。

◆動画に込めた想い
これら2つの動画には、才藤歩夢選手をより身近な存在として感じ、思わず応援したくなるような、才藤歩夢選手の活躍を通じて人々の日常が生き生きと笑顔あふれるものになってほしい、という想いが込められています。

◆当社のミッション
当社が掲げるメッセージ"素敵な笑顔で人生を変える"を実現するため、より多くの方が、才藤歩夢選手のように健康で美しく、また、目標に向かって強く生きることができるように、私たちは、これからも歯科医師と密接に連携していきます。

引き続き才藤歩夢選手のスポンサーとして彼女のさらなる活躍を応援いたします。

インビザライン・ジャパン株式会社
「マウスピース型矯正装置」のパイオニア企業である、米国アライン・テクノロジー社(Align Technology, Inc.)のグループ会社です。
米国アライン・テクノロジー社およびグループ会社は、独自に開発した先端3次元画像化技術および審美的要素を融合した歯科矯正装置、インビザライン・システム(Invisalign System)そしてインビザライン Goシステム(Invisalign Go System) の販売活動をグローバルに展開しております。また、デジタル歯科をリードするグローバル企業として、デジタル印象採得装置iTeroエレメントを、日本国内において販売しています。
現在、「インビザライン」は世界100以上の国・地域で提供され、これまでに世界960万人を超える患者が治療を受けられています(2020年12月時点)

【公式HP】
https://www.invisalignjapan.co.jp/

【公式SNS】
Instagram:https://www.instagram.com/invisalignjapan/
Facebook:https://www.facebook.com/InvisalignJapan
Twitter:https://twitter.com/InvisalignJapan
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCwLRrJ4woQbYhfkT_kzP5XA
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)