食品・飲料 美容・健康

食品会社で唯一!一般社団法人「レジリエンスジャパン推進協議会」主催の「感染症対策 新・生活習慣普及促進研究会」に参加

キリンホールディングス株式会社
~キリン独自素材「プラズマ乳酸菌」に関する取り組みで貢献~

キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は一般社団法人「レジリエンスジャパン推進協議会」が3月25日(木)に立ち上げる「感染症対策 新・生活習慣普及促進研究会」に参加します。


●一般社団法人「レジリエンスジャパン推進協議会」について
2013年に成立した国土強靭化基本法に基づき閣議決定された「国土強靭化基本計画」が円滑に達成されるよう、産、学、官、民のオールジャパンでレジリエンス立国を構築していくことを目的として設立された団体です。
ホームページ:www.resilience-jp.biz

●「感染症対策 新・生活習慣普及促進研究会」について
一般社団法人「レジリエンスジャパン推進協議会」が実施する感染症対策における国内の有識者を中心に各界のオピニオンリーダー、インフルエンサーが一堂に会し、家庭や職場で取り入れるべき感染症対策と生活習慣を議論・啓発・普及促進するための研究会です。「免疫力向上」、「口腔ケア」、「新清掃習慣」、「食器・食料品等除菌・洗浄」、「感染対策マイスター制度」の5つのワーキンググループから構成される研究会で、政府や自治体への提言と国民に向けて「STOP感染症!新・生活習慣ガイドブック」の発刊を行う予定です。

●本研究会参加者
キリンホールディングス株式会社ヘルスサイエンス事業部 主幹 藤原大介

●本研究会への参加の目的
キリングループは、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV※先進企業となる」ことを目指しています。その実現に向けて、人々の健康に貢献していく「ヘルスサイエンス事業」の育成を進めています。その取り組みの一つとして、2020年8月7日(金)に機能性表示食品の免疫機能で初めて消費者庁に届出受理されたプラズマ乳酸菌を配合した商品を、2020年11月よりグループ横断で順次発売しています。
2021年3月には、当社の独自素材「プラズマ乳酸菌」の発見と、「プラズマ乳酸菌」を使用した商品の免疫機能の機能性表示の実現が高く評価され、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2021」の「第1回STOP感染症大賞」金賞を受賞しました。当社は、本研究会への参画を通じて、昨今の大きな社会課題である感染症対策に貢献していきます。
※ Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)