ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

【あなたを守る職場づくりを】仕事と介護の両立支援研修『けあとの遭遇(R)』が福利厚生倶楽部(リロクラブ)との提携開始

株式会社and family
会員数735万人・12600社を誇る日本最大の福利厚生サービスと提携!

株式会社and family(本社:東京都中央区 / 代表取締役:佐々木将人)は、これからの「働く介護家族」を守る職場づくりを支援する『けあとの遭遇(R)』サービスを日本最大の福利厚生サービス・福利厚生倶楽部(リロクラブ)の法人向けサービスとして提携開始いたしました。


▢ 福利厚生倶楽部(リロクラブ)との提携開始
福利厚生アウトソーシングサービスのトップブランド「福利厚生倶楽部」*1)
にて、当社仕事と介護の両立支援研修『けあとの遭遇(R)』が法人向けサービスとして掲載開始いたしました。



【掲載名称】仕事と介護の両立支援研修「けあとの遭遇(R)」ワークショップ
【掲載箇所】法人向けサービス > セミナー・研修・コンサル
【申込No.】5064114

*1) 福利厚生倶楽部

735万人・12600社の会員数を誇る株式会社リロクラブが運営する日本最大の福利厚生サービス。
WEBサイト:https://www.reloclub.jp/

▢ ビジネスゲーム「けあとの遭遇(R)」とは?




ビジネスゲーム「けあとの遭遇(R)」は、超高齢社会において今後より一層必要となる「仕事と介護の両立」を支えるための〈職場づくり〉を行うサービスとして開発されました。

介護だけでなく、育児や治療との両立など、「仕事と家庭の両立」は大切な人材を守り、能力を発揮していただくためには欠かせない経営戦略のひとつです。

団塊の世代が後期高齢者となる「2025年問題」に対して漠然とした危機感がありつつも、
企業も個人も直面するまでは見て見ぬふりをしてしまう「介護」のこと。

そんな「介護」は《誰もが通る道》だからこそ、
いつ誰が起きてもお互いさまとして助け合っていける職場としていくことで、
安心して働き続けることができるようになる。

両立支援のためには、ひとりひとりの心構えはもちろんのことですが、
企業や職場の支援が不可欠です。

ビジネスゲーム『けあとの遭遇(R)』では、イメージがしにくい「介護」のことをゲームという形を通じて、
介護が生活や職場にどのような影響を与えるかを疑似体験していただき、
介護のイメージを持って頂くとともに、職場で触れることが無かった介護の話題を話すきっかけをつくります

『けあとの遭遇(R)』は、ひとりひとりの〈ジブンゴト〉化と職場における〈お互いさま〉の風土づくりを後押ししていくことで、超高齢社会における介護の問題を解決するひとつのアプローチとしてチャレンジし続けてまいります。

~導入事例インタビュー~
株式会社東京海上日動ビジネスコミュニケーションズ様



<実施理由&期待効果>
 介護の入口研修ゲーミフィケーションを体験してほしかった
<参加した感想>
 介護という重い話題をゲームということで楽しく取り組むことができた
<おススメしたい方>
 30-40代を中心とした「これから介護」世代の方みんなが受講してほしい
<詳しくはこちら>
 https://and-fam.com/news/202012_tcc21/


【株式会社 and familyについて】
会社名 :株式会社 and family
所在地 :東京都中央区日本橋小網町8番2号
設 立 :2019年3月15日
代表取締役 :佐々木将人
事業内容 :1)ビジネスゲーム型企業研修プログラムの開発・提供
      2)各種セミナー・講演等
  3)新規ワークショップ企画コンサルティング
URL :https://and-fam.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)