医療・医薬・福祉 素材・化学・エネルギー

東大発バイオベンチャーのジェリクルがメディコスヒラタとテトラゲルの医療分野における実用化に向けた共同開発を開始

ジェリクル株式会社
テトラゲルを用いて医療に革新を起こす東京大学発のバイオベンチャー企業のジェリクル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:増井 公祐、以下ジェリクル)は、医療機器業界に於いて100有余年の歴史を有し低侵襲医療の先駆者である株式会社メディコスヒラタ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:平田 全孝、以下メディコスヒラタ)と止血材分野におけるテトラゲルの活用を目的とした共同開発契約を締結しましたので、お知らせ致します。




本共同開発では、ジェリクルが持つテトラゲル(Tetraゲル)を止血材として開発し、実用化することを目指します。

メディコスヒラタは低侵襲医療機器を日本の医療現場に導入した企業であり、医療機器の承認取得に豊富な実績と海外ネットワークを有しております。
一方、ジェリクルはテトラゲルを用いて新しい医療機器を生み出していくことに強みを持っており、その一つとしてテトラゲルを用いた止血材を生み出しました。

今回、ジェリクルは止血材の早期の実用化、グローバル展開を見据えた観点からメディコスヒラタと共同開発契約を締結いたしました。

ジェリクルの止血材は完全合成系の人工物であるため感染のリスクがなく、現状止めることができないあらゆる止血を可能にします。2025年の薬事承認を目指し、共同開発を進めていきます。

【ジェリクルが抱えるテトラゲル技術について】
テトラゲル技術とは東京大学工学部の酒井崇匡教授が生み出した新しいゲル技術です。4分岐構造を持ち、お互いに反応する異なる末端を持つ2種類のポリエチレングリコール(PEG)を混ぜ合わせる事により、均一な網目構造を持ったゲルを作成することが可能です。


Tetra-PEGゲルの構造

テトラゲルは均一な網目構造を有しているため、従来難しいと言われていたゲルの物性の制御を可能にし、ゲルにありとあらゆる物性を独立に付与することを可能にしました。これは酒井崇匡教授がテトラゲルを10年以上研究してきており、Science誌やNature Biomedical Engineering誌を始めとする国内外で100報以上の論文を発表してきた成果です。
テトラゲルに付与可能な物性(一部)
このテトラゲルの特性により臨床現場で求められるあらゆるニーズに対応ができるため、ジェリクルでは多くの臨床医と共同研究を進めております。
今回の共同開発では、止血材領域での実用化を目的とした開発であり、私達はこの革新的技術を活用した医療製品をいち早く世の中に届けるために、医療に関わる多くの領域で、このテトラゲル技術を使って共同開発をする企業と今後もパートナーシップを構築していきます。




【ジェリクル株式会社の代表取締役の増井公祐からのコメント】
国内で豊富な治験と薬事承認実績を有するメディコスヒラタと共同開発契約に至ったことを大変嬉しく思っております。メディコスヒラタはグローバルに幅広いネットワークを有しており、今回の契約が私達の技術を世の中に出していくための大きな足がかりとなり、この止血材をいち早く患者さんに届け、世界中の患者さんを救えるようにさらに事業を加速させていきたいと考えています。

【株式会社メディコスヒラタの代表取締役の平田全孝からのコメント】
この度のジェリクルとの革新的な止血材の共同開発は、メディコスヒラタにとって将来の大きな可能性と発展につながる大変すばらしい機会であると思っています。この開発は、患者様のQOLの為にメディコスヒラタが進めている、先進的で低侵襲の医療を更に拡大し得るものであると確信し、メディコスヒラタの社是である「医療の発展に貢献するという社会的使命」のもと、日本のみならず世界の医療現場に開発製品を迅速に供給するように努めてまいります。

【ジェリクル株式会社とは】
ジェリクルは、増井が東京大学修士課程において研究したテトラゲル技術をコアテクノロジーとし、ハイドロゲルを用いて医療に革新を起こす「Find Better QOL with Hydrogels」をミッションとして、テトラゲルの開発者の東京大学工学部の酒井崇匡教授と共に2018年に設立されました。
ジェリクルのテトラゲルは従来から難しいと言われていたゲルの物性の制御を可能にし、このゲルを用いて東京大学の鄭雄一教授を始めとする20名を超えるアドバイザー医師と医療分野における研究開発を推進しています。

【株式会社メディコスヒラタとは】
創業100有余年のメディコスヒラタは、日本でいち早くカテーテルインターベンションに取り組み、低侵襲医療機器の輸入・製造・販売を通じ、日本の医療現場に安全・安心を提供する専門商社として歩んでまいりました。国内外の医療機器メーカーとの共同開発も積極的に推進し、止血材においても先進医療をお届けする使命のもと、創業以来変わらぬベンチャースピリットを抱き取り組んでいます。

【ジェリクル株式会社の会社概要】
会社名:ジェリクル株式会社 / Gellycle Co., Ltd.
所在地:東京都文京区本郷3丁目38番1号さかえビル2F
代表者:増井 公祐
設立:2018年8月1日
URL:http://gellycle.com/
事業内容:テトラハイドロゲルを利用した医療機器・再生医療の研究開発

【株式会社メディコスヒラタの会社概要】
会社名:株式会社メディコスヒラタ / Medico's Hirata Inc.
所在地:大阪府大阪市西区江戸堀3丁目4番3号
代表者:平田 全孝
設立:1918年(大正7年)1月
URL:http://www.medicos-hirata.co.jp/

【技術についての詳細や技術活用を希望される企業様のお問い合わせ先】
ジェリクル株式会社 営業担当
e-mail:sales@gellycle.com

【報道のお問い合わせ先】
ジェリクル株式会社 広報担当
e-mail:pr@gellycle.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)