その他

オリジナル朝食レシピ冊子「朝食(あさく)ラブ(R)レシピブック」を作成しました!

京都府
味の素株式会社・京都女子大学・京都栄養医療専門学校・京都市と連携

京都府では、令和3年度から開始する「第4次京都府食育推進計画」の推進に当たり、食育に取り組む団体が加入する「きょうと食育ネットワーク※1」や府内の食育活動を支援する「きょうとの食育サポート企業※2」など、様々な関係者と連携を行い、食育を府民運動として推進します。 若い世代における朝食喫食率向上を目指して、気軽に朝食を楽しんでいただけるよう、きょうとの食育サポート企業である味の素株式会社、京都女子大学、京都栄養医療専門学校、京都市と連携して、オリジナル朝食レシピ冊子「朝食ラブ(R)レシピブック」を作成しました。 なお、「第4次京都府食育推進計画」については、令和3年3月末に策定予定であり、詳細については改めてお知らせします。



配布期間

令和3年4月4日(日)~ ※なくなり次第終了


配布場所

府内スーパーマーケット(イオンリテール(株)、(株)マツモト、(株)さとう)、府内大学、府広域振興局など各所


その他

味の素株式会社による「朝食ラブ(R)」キックオフ店舗企画を同時開催(別添「味の素株式会社プレスリリース」https://prtimes.jp/a/?f=d5484-20210326-8250.pdf参照)






(完成イメージ)

※1 きょうと食育ネットワーク
府内において食育に取り組む様々な関係者が集い、それぞれの特性を生かしながら、協働し、府民運動として食育を推進。保健衛生関係、農林水産関係、教育関係、大学関係、商工関係、消費者関係、NPO等、報道関係、行政関係の計87団体が加入
※2 きょうとの食育サポート企業
京都府内における食育活動を支援する企業として、きょうと食育ネットワーク会員団体や市町村、府、学校などの公的機関、地域のグループ等が行う食育活動を積極的に支援・協力する10企業が登録

【参考】京都府における朝食摂取状況

朝食を食べると、生活リズムが整い、身体に必要な栄養が補給され、1日を活動的に過ごすことにつながるため、勉強や仕事の集中力が高まり、心や身体の健康にも多くのメリットがあるとされています。
京都府において、朝食をほとんど毎日食べる人の割合は、20代、30代では全世代と比較して低くなっており、小・中学生では目標の95%、90%に届かない状況が続いているなど、特に子どもや若い世代の望ましい食生活に向けた取組の推進が求められます。

[京都府]朝食摂取状況(成人)


出典:
[京都府]京都府農林水産部農政課「令和元年度食育・食生活にかかるアンケート調査」
[全 国]農林水産省「令和元年度食育に関する意識調査報告書」

[京都府]朝食摂取状況(小・中学生) 第3次京都府食育推進計画



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)