医療・医薬・福祉 美容・健康

日本初!*1コンタクトレンズブランド アキュビュー(R) から生まれたソフトコンタクトレンズケア用品「アキュビュー(R) リバイタレンズ(R) 」 登場!

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー
~アキュビュー(R) のコンタクトレンズと相性ピッタリ! 1日中、快適つづく*2~

クリアな視界で、自分らしく生きる人々を応援するコンタクトレンズブランド「アキュビュー(R) 」を提供するジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役プレジデント:森村 純)は、2021年4月1日(木)、同社グループ会社であるエイエムオー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:岩重 恵子)より、日本のコンタクトレンズブランドとして初めて*1「アキュビュー(R) 」ブランドから、ソフトコンタクトレンズ用ケア用品「アキュビュー(R) リバイタレンズ(R) 」を眼科・コンタクトレンズ販売店およびドラッグストアにて全国発売いたします。



「アキュビュー(R) リバイタレンズ(R) 」は、「アキュビュー(R) 」のコンタクトレンズとの相性の良さを確認している*3ソフトコンタクトレンズ用消毒剤です。本製品は、2種類の消毒成分(塩化ポリドロニウム及びアレキシジン塩酸塩)を配合。眼病の原因菌を99.9%以上消毒し*4、保存中にコンタクトレンズもケースも清潔に保ちます。また、非イオン性界面活性剤・ポロキサミン配合で、タンパク質や脂質の汚れを落とし、コンタクトレンズのうるおい感を高め、長時間快適なつけ心地を実現します。2週間頻回交換型コンタクトレンズユーザーが抱きやすい、コンタクトレンズの乾き、不快感・ゴロゴロ感などの低減が期待できるケア用品です。

弊社の調査では、日本国内のコンタクトレンズ装用者は約2,200万人いることがわかっています*5。一方、不適切なコンタクトレンズケアにより、角膜潰瘍など重篤なものも含む眼疾患につながっているコンタクトレンズ装用者も一定数いると言われています。弊社はトータルアイヘルスのリーディングカンパニーとして、人生100年時代における目の健康寿命を延ばすべく、すべての人が毎日を健康に、クリアな視界で過ごすことを願い、白内障やドライアイの治療領域などさまざまなニーズに対応したソリューションを提供しています。コンタクトレンズのケア不足から発生する眼疾患の問題は、目の健康を考えていく上で非常に重要であり、コンタクトレンズとケアの両方からクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上に努めるため、日本で初めて「アキュビュー(R) 」ブランドより、「アキュビュー(R) リバイタレンズ(R) 」を発売するに至りました。

[製品特長]
眼病の原因菌を99.9%以上消毒*4
「アレキシジン塩酸塩」と「塩化ポリドロニウム」の消毒成分2種を配合することで、眼病の原因菌を99.9%以上消毒し*4、保存中にコンタクトレンズもケースも清潔に保ちます。



タンパクや脂質汚れを除去
非イオン性界面活性剤ポロキサミンとイオンの働きで、ゴロゴロ感の原因であるタンパク質や脂質の汚れをしっかり落とします。

うるおい成分配合で長時間快適
ポロキサミンの働きでコンタクトレンズのうるおい感を高め、瞳へもやさしく、長時間快適なつけ心地*2を実現します。

[使用方法]

[製品概要]

<ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーについて>
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーは、1991年に世界初の使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー(R) 」を日本に導入して以来、常に使い捨てコンタクトレンズ市場をリードし続けてきました。これからも、全ての人が毎日を健康に明るくクリアな視界で過ごせるよう、人々のクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上を目指して、貢献していきます。

<エイエムオー・ジャパン株式会社について>
エイエムオー・ジャパン株式会社は、「優れた見識、最先端の科学、技術と人々を結び付け、生涯にわたり視力を積極的に維持かつ改善するよう専門家と患者に働きかけます」というビジョンのもと、白内障・緑内障手術領域の眼科医療機器・医薬品、屈折矯正手術領域の眼科医療機器、コンタクトレンズケア用品の三事業分野において製品とサービスの提供を行っています。2017年、エイエムオー・ジャパン株式会社はジョンソン・エンド・ジョンソングループの一員に加わりました。

<コンタクトレンズ「アキュビュー(R) 」について>

「アキュビュー(R) 」は、目の健康を一番に考え、「汚れが蓄積する前に新しいコンタクトレンズに交換することが、もっとも衛生的なコンタクトレンズの使い方」という発想でつくられたコンタクトレンズです。現在日本国内では、近視・遠視・乱視・⽼視・調光機能などの様々な視力補正ニーズに対応する13種類の多彩な製品をラインナップしています。

【ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーの啓発活動について】
●「中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド」

中学生、高校生、その保護者を対象に、正しいコンタクトレンズケアや適切な視力補正について学べる「中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド」と養護教諭向けの指導の手引きを、日本学校保健会を通じて全国の学校に配布しています。日本学校保健会のポータルサイトにて PDF 版をご覧いただけます。
https://www.gakkohoken.jp/CLguide

●「眼科へ行こう!」 キャンペーン ・ 感染症対策

コンタクトレンズユーザーに定期的な眼科受診を呼びかける啓発活動を幅広く展開しています。ポスター、ステッカー、リーフレットなどの啓発資料を眼科やコンタクトレンズ販売店向けに提供しているほか、新聞広告も展開しています。
https://acuvuevision.jp/goeyedoctor




ウイルスや細菌の感染症対策として公益社団法人 日本眼科医会監修によるコンタクトレンズ装用や取り外し前の正しい手洗いガイドなども提供しています。
http://acuvue.jp/handwash/


*1:コンタクトレンズと同一ブランドのソフトコンタクトレンズケア用品は日本初
*2:装用感には個人差があります
*3:Johnson & Johnson VISION CARE, INCデータより 
*4:ISO14729スタンドアローン消毒試験第一基準適合
*5:2019 J&J KK調べ
※(R)登録商標

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)