医療・医薬・福祉

“簡単・安価・精度の高い”がん検査サービス「N-NOSE」を提供する株式会社HIROTSUバイオサイエンスにFVCが運営する2つのファンドから出資

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(以下、「FVC」)は、当社が運営する投資事業有限責任組合えひめベンチャーファンド2013及びえひめ地域活性化投資事業有限責任組合より、線虫を使ったがん検査サービス「N-NOSE」を提供する株式会社HIROTSUバイオサイエンス(本社:東京都千代田区 代表取締役:広津崇亮 以下、「HBS」)に追加出資しましたことをお知らせいたします。


【HIROTSUバイオサイエンスが提供する線虫を使ったがん検査サービス「N-NOSE」について】
N-NOSE は、嗅覚に優れ、飼育コストが安価な体長 1 ミリほどの生物「線虫」の性質を利用し、がん患者の尿に含まれる微量な匂い物質からがんリスクを判定するがんの一次スクリーニング検査です。
臨床研究において、線虫は胃がん、大腸がん、肺がんなどに罹患している方の尿と健常な方の尿を高精度に見分けること、またステージ0あるいは1の初期段階のがん患者尿であっても高精度に反応することが確かめられています。N-NOSEは尿検体を 1 度提出するだけで済むので、従来の検査よりも安価に網羅的ながん検査を済ませることができます。
HBS は、N-NOSE の自動解析装置を開発、2020 年 1 月より同装置を使った検査サービスを開始しました。昨年11月には、新型コロナウイルス(COVID-19)流行下における対策として、病院を介さずに自社で直接お客様からの検体を受け付ける施設「N-NOSEステーション」を開設。現在、7都市(東京・仙台・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡)で稼働しています。
2 月 22 日からは、さらに利便性を追求した、家にいながら検体提出ができる新サービス「N-NOSE at home」を東京と福岡から開始し、今後は対象地域を全国に広げる予定です。



【FVCについて】
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」に取り組んでいます。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。

【出資先概要】
会社名 :株式会社HIROTSUバイオサイエンス
WEB  :https://hbio.jp/
設立日 :2015年8月
所在地 :東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート22階
代表者 :代表取締役 広津 崇亮

【会社情報】
会社名 :フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
WEB  :https://www.fvc.co.jp/
設立日 :1998年9月
所在地 :京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町 659 番地 烏丸中央ビル
代表者 :代表取締役社長  松本 直人
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)