美容・健康

FUNASISII(ファナシスII)、FUNASISII⁺(ファナシスIIプラス)を発売!

セノー株式会社
ウエイトスタックマシンの『デザインを一新』と『ラインナップに追加』

総合スポーツ器具メーカー「セノー株式会社」は、ウエイトスタックマシン「FUNASISII(ファナシスII)」、「FUNASISII⁺(ファナシスIIプラス)」を4月1日に発売いたします。


 総合スポーツ器具メーカー「セノー株式会社」(本社:千葉県松戸市 代表取締役社長:尾崎徹也)は、健康維持増進のための筋力トレーニング機器として、ウエイトスタックマシン「FUNASISII(ファナシスII)」、「FUNASISII⁺(ファナシスIIプラス)」を4月1日に発売いたします。
 前モデルの「FUNASIS(ファナシス)」のコンセプトである「あなたのトレーニングが楽しく(FUN)なるようASSISTします」をもとに、シンプルさと機能性を追求したFUNASISのデザインを一新した15機種。さらに、より効果的なトレーニングをサポートするリンク機構を搭載した「ラットアイソレータ」と「アブアイソレータ」の2機種のラインナップを「FUNASISII⁺」として発売します。


40年以上のマシン開発実績▼ 
 セノーは、ウエイトスタックマシン研究開発をはじめて40年以上の実績があります。
 開発は、ロングセラー製品である、銀メッキフレームに黄色パッドで“省スペース”、“使い勝手”、“頑強”を売りにしていましたコンビネーションマシンSERから始まりました。そして、これまでのファナシスを含めて、14シリーズ累計約28,000台を世に送り出し、セノーは多くの人の健康づくりのお手伝いをしてきました。
 海外トレーニングマシンメーカーが数多く存在する中、国内総合スポーツ器具メーカーで唯一トレーニングマシンを作り続けてきたセノーが提案する、日本人に向けたウエイトスタックマシンです。
 Made in JAPANとして、長く日本人のためのものづくりをし、辿り着いたのが、無駄な機能を付けない『シンプルさ』と『使いやすさ』でした。

至りをもとにデザインを一新▼
 今回、FUNASISII、FUNASISII⁺を開発するにあたって、セノーのデザインを具体的に示した指針として、Senoh Design Philosophy(セノーデザインフィロソフィー)を定めました。本質の観点から『理-kotowari-』『創-hajime-』『心-kokoro-』をセノーデザインキーワードとし、それらを包括する言葉を「至り」としました。その「至り」をもとに、黒は精悍さ、調和があること、オレンジのラインは『あなたの傍でエネルギーを与える存在でありたい』、それらの想いが“楽しさをアシストする”コンセプトデザインとしてデザインを一新しました。

FUNASISII⁺の誕生▼
 セノーオリジナル機構として、より効果的なトレーニングをサポートできるリンク機構を搭載。トレーニング時の姿勢の難しさを取り除きました。

 ▼ラットアイソレータ
 アームとシートが連動して可動する独自の機構により、背すじが伸びます。肩甲骨が大きく動くことで自然に背中の筋肉が収縮しやすい姿勢でトレーニングが行えます。
 独自のバー形状によりバリエーションに富んだトレーニングが可能です(ワイドグリップ、ナロウグリップ)。
 



 ▼アブアイソレータ
 上半身と下半身が連動して可動する独自の機構により、腹直筋の上部だけでなく下部まで全体に力が入りやすい姿勢でトレーニングが行えます。また、体格に合わせてセレクトできる三段式フットレストにより、理想的な姿勢でトレーニングが行えます。
 



▼FUNASISII⁺の価格等▼





その他15機種の価格に関してはお問い合わせください。

セノー株式会社     https://www.senoh.jp/
FUNASISII製品ページ https://www.senoh.jp/pickup/funasisu/

【会社概要】

会社名:セノー株式会社
本社:千葉県松戸市松飛台250番地
創業:明治41年4月1日 創業112年
代表:代表取締役社長 尾崎 徹也
事業内容:体育施設機器・器具の開発・設計・施工・販売(競技スポーツ・フィットネス・福祉)施設サービス事業(体操、バレー、バスケ、バドミントンなど)/ 健康サービス事業 /メンテナンス事業 /海外事業
URL:https://www.senoh.jp/


【製品に関するお問い合わせ先】
製品やサービスに関するお問い合わせページ
https://www.senoh.jp/contact/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)