医療・医薬・福祉

販売元でもなく、製造元でもない。発想元メーカーと呼ばれる“集団”になります。

株式会社エーデイエフ
アルミデザイン工房

当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。 このプレスリリースは「企業・団体名」のApril Dreamです。 【ADFがなぜ、発想元にこだわるか】 当社は自社工場を保有するメーカーですからオリジナル商品の製造元であり、販売元でもあります。 しかしモノづくりの基本は “発想の転換” だと思っています。 押して開かないドアならば引いてみますが、それでも開かなければ、どうしますか? スライドさせてもいいし、ヒモで引けば上に開くかもしれません。 このように想いを馳せることが、モノづくりの第一歩を生みます。 モノをカタカナ表記するのは “形の無い発想の段階からモノづくりが始まっている”という意図があるのです。 全ての “元” は “発想” から。1人より2人。1社より協業を。 そんな想いを共感できる方々と共に、世の中を “あっ” と驚かす物を生み出したいと考えています。



日本はわずか3%と言われる大手企業と97%の中小企業で成り立つものづくり大国ですが、製造業は大手の量産に対応できるように効率化を求められ、時代は自動化へと舵を切っています。
そのため1品づくりに取り組む製造業が減っているようにも思います。

しかしこの先、自動化が進んでも、ロボットを作るのは人であり、アナログな発想です。
ともすれば非効率なことは避けられがちかもしれませんが、ゼロから発想し、アナログを大事に1品づくりに向き合う人(企業)は、今後の未来を担う重要な役割の1つになると考えます。

【ADFのこれまでの取り組みと展望】
あらゆる業界に、様々な1品ものを作り続けて23年。
ペットケージや折畳みゴミ箱。たこ焼き屋の屋台や町の看板枠。
フェラーリのオーナーにオーナーズロッカーを作ったこともあります。

今では物流業界に輸送効率提案をする「ダンカーゴ」という商品や、局所的なケミカルクリーン空間を作れる「E-ROOM⁺」の実績も全国に拡がりました。








それらの自社商品や他社と協業して生まれた製品が登録されたWEBサイトを作れば、世界中でイノベーションを起こしたいと思っている人々が何か1つの“悩みワード”で検索をかけるだけで、何万点という製作実績の中からイメージに近い品がヒットするー。

それをヒントにまた、新しい発想が生まれて世界の常識を変えるほどの商品を生み出すかもしれません。
そんな影響をもたらすほどのコミュニティが作れると思うのです。
1品1品の愚直なモノづくりが、世界を変えるほどの“発想の泉”になるように。
それが “アルミデザイン工房集団” が仕掛けようとしている、展望です。

「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)