ネットサービス・アプリ

リクシスは、ご家族の幸せを勝手に追求するネコ型ロボットを開発します。

株式会社リクシス
当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは 株式会社リクシスの April Dream です。 株式会社リクシス(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木裕子、以下リクシス)は、ご家族の幸せを勝手に追求するネコ型ロボット「おせっかいネコ」を開発します。




April Dreamとして掲げた夢「家族の幸せのために勝手にお節介を焼くネコ型ロボット」実現への第一歩として、リクシスは、テキストチャットベースでご家族のコミュニケーションのお世話を焼く「おせっかいネコ」を2021年3月にリリースしました。

日曜日から金曜日はさまざまな話題で「おせっかいネコ」タマやその仲間たちが親御さんとお話をし、夜にお子さんにご報告に伺います。毎週土曜日には、その1週間のやりとりをコンパクトにまとめたタマの「おせっかいレポート」が届きます。



おせっかいネコが目指すのは、高齢者人口が30%に届かんとする超高齢社会において「情報と繋がりで幸せな長生き」を実現すること。そのために下記の3つの社会課題を同時に解決します。

1.コロナ禍でますます接点がとりづらくなっている、離れて暮らす高齢親世代と現役子世代間のコミュニケーション促進


ネコを介することで実現できる、親子の「照れ」や「遠慮」を超えたコミュニケーション
ネコを介して間接的に感じるお互いの「繋がり」の存在



2. 高齢家族に対する「さりげない見守り」と適時適切な「おせっかい」の提供


ネコからの毎日の声掛けによる親世代の状況確認
親世代ひとりひとりの状況を踏まえた、ネコからのアクション提案・誘導



3. 幸せに「老いる」ために必要な、家族全体のリテラシー向上


医学的・学術的エビデンスのある栄養、運動、生活習慣、社会参画、コミュニケーション、先端技術等に関する有益情報/とり得る選択肢の継続提供
おひとりおひとりの「人生の記録」共有による、「そのひとらしい老い方」の家族内理解浸透



現在、リリースしているテキストチャットボットベースの「おせっかいネコ」は、コミュニケーションサービス「LINE」をお使いの方なら、誰でも簡単にご利用いただけます。おせっかいネコをご利用いただくご家族の声を集め、ご高齢の親御さんやご親族と離れて暮らす方々が、互いを思う気持ちをつなぐリアルデバイス開発に向けた知見を高めていく所存です。


■おせっかいネコの詳細は以下でご覧ください。

サービスサイト:https://osekkai-cat.com/
Facebook 公式アカウント: https://www.facebook.com/osekkai.cat

「April Dream」は、4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、実際に企業が叶えようとする夢 を発信いただく PR TIMES によるプロジェクトです。

以上

「おせっかいネコ(R)」は株式会社リクシスの登録商標です。
「LINE」は株式会社LINEが提供するサービスです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)