美容・健康 医療・医薬・福祉

おうち時間に楽しくツボ押しができる『ツボかるた』で、皆さんの健康増進に貢献します。

Medic Art8
運動不足で身体の不調を感じている方が、おうちで気軽にセルフケア!

医療系広告代理店 Medic Art8は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。 このプレスリリースは、Medic Art8 の熱い「April Dream」 です。 医療と美術を融合させ、医療の専門的な内容をビジュアルで表現することに挑戦してきたMedic Art8は、ツボを押したことがない方でも楽しくツボ押しができる『ツボかるた』を開発しました。 世の中の人に広く、おうち時間に『ツボかるた』を使っていただきたいので、 2021年は『ツボかるた プロジェクト』が様々な形で動きます。 (1)ひとりで遊べる形(ひとりツボかるた)を意識した、一般向けの『ツボかるた』が新商品として登場します。 (2)介護・福祉施設向け『健康ご長寿 ツボかるた』が、新たな展開を開始! (3)『ツボかるた』をネットで楽しめるしくみを提供します。





─━─━─━─━─━─━─


『ツボかるた』とは

 ー おうち時間の健康増進に最適なツール ー

ツボは身体の不調が現れる場所にあり、そのツボを皮膚の上から押して、刺激をすることで、気のめぐり、血液の流れが良くなり、身体の不調を整える効果を期待できます。つまり、ツボを押すことは、器具もいらないため、いつでもどこでも誰もが簡単にできる健康増進方法となります。

ツボを押したいと思って、ツボを調べても漢字の名前で難しそうだし、場所がわからないという方も多いことでしょう。

「ツボかるた」は、カードゲームをしながらツボ押しをすることができるので、ツボを押したことがない方でも気軽にツボ押しを始めることが可能です。




『ツボかるた』は、普通のかるたと同じく、複数の人が参加をして絵札を取る遊び方もできます。しかし、普通のかるたと違い、絵札を取ったあと、参加者の皆でツボ押しをするという身体を動かす要素が入り、皆と交流することができます。


また、ツボかるたの大きな特徴は、ひとりでも楽しむことができる点です。


▶︎ ツボかるたの遊び方(ひとりツボかるたで遊ぶ場合)

                     

    ▲ 現在は終了している、クラウドファンディングを実施していたときに作成した動画。
     (終盤のクラウドファンディングの宣伝は、現在とは関係がないものになります)



Medic Art8は、ツボかるたシリーズの最初の商品として、介護施設向けに『健康ご長寿 ツボかるた』を2020年11月に発表・販売をはじめましたが、2021年は、ツボかるたプロジェクトを大きく始動させ、世の中の人の健康増進に広く貢献をしていきます。
介護施設向けの『健康ご長寿 ツボかるた』(葉書サイズの札)


※「ツボかるた」は商標登録済み。特許出願中(特願2020-218428)

─━─━─━─━─━─━─━


(1)一般向けの『ツボかるた』を発売予定

ー ツボかるたが、さらに進化 ー

今後、ひとりで遊べる形(ひとりツボかるた)を意識した、一般向けの『ツボかるた』を新商品として発売し、広く展開をしていきます。

『健康ご長寿 ツボかるた』を読み物・ゲームとしても楽しく、ツボの探し方・押し方が一目でわかる形で、アレンジをして作成します。

50代以降の身体の不調を感じ始めた方が、気軽におうち時間にツボ押しをして、ご自身の体調のセルフケアを行なうことができるようになります。

介護施設向けの『健康ご長寿 ツボかるた』の札の大きさは葉書サイズとなりますが、一般向けのツボかるたはその半分のサイズになります。
(現在、5月下旬発売予定で、ツボかるたプロジェクトが進行中)




─━─━─━─━─━─━

(2)介護・福祉施設向け『健康ご長寿 ツボかるた』の新たな展開

 ー 介護レクリエーションの新しい形を追究します ー

2020年12月末~2021年2月末まで、「ツボかるたを広めたい」という目標でクラウドファンディングを行なってきました。(https://camp-fire.jp/projects/view/340375


このクラウドファインディングの目的の中に、介護・福祉施設向けに広く提供をしたいという項目がありました。

よって、一般向けの『ツボかるた』の発売記念と同時に部数限定の割引キャンペーンも実施します。

また、床に座って円になってかるたをして遊ぶときに便利な大判サイズにも対応をし、高齢者の方の健康増進により役立つ商品に改良を重ねてまいります。

介護系展示会 CareTex 大阪にて(壁に貼られた大判ツボかるたのニーズにも応えたい)
2021年は介護レクリエーションで、『健康ご長寿 ツボかるた』を広く使っていただけるための活動を推進してまいります。


─━─━─━─━─━─━


(3)『ツボかるた』をネットで楽しめるしくみを提供

ー ツボかるたの認知度拡大のための活動を全力で取り組みます ー

『ツボかるた』のおもしろさを広く世の中の方に知っていただくために、「ツボかるた」がどんなものかをネットで紹介・体験ていただけるしくみをつくりました。今後、これらの内容充実を推進してまいります。


▶︎【ネットで『ツボかるた』を体験してみよう!】



「おうちで健康」というサイトで、気になる症状から「ツボかるた」を実際に楽しんでいただくことができます。(https://ouchidekenkou.com/


▶︎【動画で『ツボかるた』を体験してみよう!】

ツボかるたの特徴である「ひとりツボかるた」の遊び方については、YouTubeのツボかるたチャンネルで「ネットでひとり ツボかるた大会」を開催し、紹介をしています。(https://bit.ly/31tWaFA

YouTubeで、「ネットでひとり ツボかるた大会」を開催中。

「ネットでひとりツボかるた大会」の動画の一例

▲ クラウドファンディングを実施していたときに作成した動画なので、後半が現在と内容がやや違います。
   5月末に販売予定の一般向け『ツボかるた』を予約したいという方は、Medic Art8までご連絡ください。

※ YouTube動画投稿は、新商品のツボかるた発売後に再開します。
     ( 動画編集は、ツボかるた発案者の横山が1人で行なっているため)


─━─━─━─━─━─━─━─
【夢を達成するために……:ツボかるた発案者 横山の声】

現在、ツボかるたの進化版「一般向け ツボかるた」の最終段階の作業を行なっています。今回、読み物としても楽しく、一目見るだけでツボの場所と押し方が理解できる形にしたかったため、治療症例が多い先生に新たにご協力をしていただくことにしました。

先生から受けるインスピレーションが多く、どのような形に仕上がるのかは、現段階では、ツボかるた発案者の横山にもわかりません。

ただ、ワクワクしています。このワクワク感を、ツボかるたを使った人にも伝わる形で仕上げたい、

また、クラウドファンディングでご支援していただいた方の期待を裏切らない商品に仕上げたいと考え、高い目標を持って日々活動をしています。


【最後に……「ツボかるたで、皆さんに元気になってほしい!」】

身体の不調が出始めた方、病気を患っている方や、高齢で身体が思うように動かなくなった方が、ツボを押して、自分の身体の調子を整えるきっかけを得る機会にしてほしい、
そして、新型コロナウィルスの影響で下を向きがちな毎日ですが、この『ツボかるた』が皆さまの健康増進のきっかけとなり、笑顔を作り出せる役割を果たせることを願っています。


─━─━─━─━─━─


「April Dream」は、4 月 1 日に笑いを誘うジョークではなく、PR Timesによる「企業や個人が叶えたい“夢”を発信するプロジェクト」です。 https://prtimes.jp/aprildream/


─━─━─━─━─━─━

【医療系広告代理店 Medic Art8(メディック アートエイト)について】

医療の世界は、難しい印象をもつ方が多いと思いますが、医療の世界をもっと身近に感じていただくには、ビジュアルから入るのがいいのではないかと考え、見て伝わる医療の世界を表現することに日々挑戦中です。

具体的には、正確で美的感覚にすぐれ親しみのある医療系イラストの作成、動画の制作をしています。専門性の高い医療広告を一括で請け負うことにより一貫性のあるブランド化を行います。動画制作に関しては、ストーリー性を保ちつつ、難易度の高い体内のしくみをPRできる動画の制作も行っています。

医療系イラスト・動画素材集 Medic Art をもっていることから、効率よく、医療系の広告を制作することが可能。
URL:https://medicart8.jp

─━─━─━─━─━─━

【代表プロフィール】

横山 陽子(ツボかるた 発案者)



美術大学に6年在籍した後、医学部への進学を決意し、生物の基礎を工学部で学んだあと、大学院で医学の研究に従事。大学院修了後は、医療分野に特化して、本を作る、動画を作る、イラストを描く、科学館の展示解説員をするなど、医療関連の情報伝達を様々な切り口から行う。

イラスト、デザイン、動画制作、ライティングができるマルチクリエイター。これらの経歴を活かし、医療系で最も求められる正確さを損なうことなく親しみのあるイラスト制作を行い、わかりやすい医療の広告づくりを目指して活動中。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)