美容・健康

2021年春、新生活を迎える人、必見! 2人中1人が“目元”でコミュニケーションの時代へ 口ほどに物を言う“目元”のケアが印象を左右する?

株式会社ドクターシーラボ
皮膚の専門家発 好印象を与える目元ケアをご紹介

国内No.1ドクターズコスメ※の株式会社ドクターシーラボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:黒木昭彦)は、マスク生活で今なお注目される目元に関して意識調査を行いました。


ニューノーマルな暮らしによってすっかり習慣化したマスクの着用。そんな中迎える新生活ですが、円滑なコミュニケーションを図る鍵となるのが、マスクから唯一見える“目元”。


調査の結果、約2人に1人がマスク着用により「目元でのコミュニケーションが増えた」と感じており、また、目元の化粧を念入りに行うようになった人が2割(23.9%)もいることが分かりました。一方、これまで以上に酷使している目元ですが、ケアを行っている人は半数を下回るという結果も。そこで、No.1ドクターズコスメ※のドクターシーラボより、環境の変化や新しい出会いが多い新生活にこそ丁寧にお手入れしたい目元ケアをご紹介。好印象な目元づくりしてみませんか?





6割以上の人が「目元ケアを行っていない」ということが判明。その理由の半数が「ケアの方法がわからない」と回答。印象アップには今がチャンス! 目元ケアで一歩先へ

「目は口ほどに物を言う」といいますが、マスク生活はもちろん、ソーシャルディスタンスやオンライン会議など、ニューノーマルなコミュニケーションの中で、目元はさらに大きな役割をもっているに違いありません。

しかし、調査によると6割以上の人が「目元ケアを行っていない」と回答。内、約半数の人は「ケア方法がわからない」という理由でケアしていないことがわかりました。目元は他の部位に比べて皮膚が薄く、乾燥や生活習慣の影響が現れやすいパーツ。そのため、マスク生活でのコミュニケーションや念入りな化粧により酷使している今こそ、これまで以上に丁寧なお手入れが大切です。悩みに合わせた目元用のスキンケアアイテムや、目周りの巡りを良くするマッサージなどを普段のケアに取り入れて、イキイキとした好印象を与える目元をキープしましょう。



※ 2019年TPCマーケティングリサーチ(株)調べ「ドクターズコスメ企業別シェア」
調査概要: Webアンケート/2021年3月19日/20歳~59歳/女性482名


気になる目元のクマ、小ジワ、ハリ不足に。 今すぐできる!アイケア習慣





目の周りには巡りをよくするといわれるツボが複数あります。
スキンケアの際に親指の腹を使って押してみてください。息を吐きながら、気持ちいいくらいの力加減で押すのがポイント。
血行を良くすることはクマや小ジワ、ハリ不足にも有効。目元用美容液・クリームを塗る際の習慣にしてみましょう。


マスク生活でのコミュニケーションや念入りな化粧で酷使している目元に。ドクターシーラボの悩み別目元ケアアイテム



VC100アイセラム 
15g 3,960円(税込) 
目元用美容液


目元や目の下のくすみを払ってすっきりクリアに
浸透ビタミンC(APPS*1)とビタミンB群のひとつであるナイアシンアミド*2、フラーレン*2などの成分を配合。清涼感のある使い心地と爽やかなグレープフルーツの香り。メイクの上からも使えるので日中の乾燥対策にも。(https://www.ci-labo.com/shop/ProductCategory/SkinCare/Serum/01375000.html


エンリッチリフトアイEX 
15g 4,180円(税込) 
目元用ハリ肌ケアクリーム


年齢とともに気になる目元のもたつきにピンとしたハリを
ハリ印象を与える金のコラーゲンEX*3や注目の成分BEAUTIFEYE(R)*4などを配合。目元のもたつきや影にアプローチしながらハリを与え、引き締まったなめらかな肌印象を育みます。ひんやりとしたヘッドが目元を心地よく引き締めます。(https://www.ci-labo.com/shop/ProductCategory/SkinCare/Serum/00111832.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)