医療・医薬・福祉

視線分析型視野計「GAP」を2021年4月1日より販売開始

ファインデックス
新デバイス、新プログラムを搭載したGAPを医療機関向けに提供

株式会社ファインデックス(東証一部:3649 本社:東京 代表取締役:相原輝夫)は、自社開発のヘッドマウントディスプレイを採用した新バージョンの視線分析型視野計「GAP」を、2021年4月1日より販売開始いたします。



新型コロナウイルス感染症により海外での部品調達及びパーツ製造の遅れから販売を延期しておりましたが、ようやく部品供給も安定し、国内販売の準備が整いましたので、2021年4月1日より製品提供を開始いたします。今期は100台の売り上げを見込んでいます。

同製品は自社開発のヘッドマウントディスプレイ及びAI分析機能を強化し、機器の軽量化と検査速度のアップを実現しました。
国内販売に加え、海外での販売も計画しており、ヨーロッパにおいては、既に流通ルートや総販売代理店の確保も終え、薬事承認を得次第、販売可能な状況まで進捗しています。こちらについても、進展がありましたらご案内いたします。

今後はGAPを広めていくことで緑内障の早期発見に貢献するとともに、GAPで集めた眼に関するデータを活用して、認知症や他の疾病の早期発見や効果的な治療の研究にも貢献していきます。

製品詳細については下記ページをご覧ください。
https://findex.co.jp/news_release/2020/new_gap.html

販売名  視線分析型視野計 ゲイズ アナライジング ペリメーター GAP
届出番号 38B2X10003000002

株式会社ファインデックスについて
ファインデックスは、医療システムのスペシャリストとして常に革新的なソリューションを創り出し、診療の効率化やデータを活用した研究、病院経営を支援してきました。国立大学病院の70%以上、大規模病院の60%以上で当社製品をご利用いただいております。また、医療機器開発に加え、医療データ・バイタルデータの収集分析等のAIヘルステック領域に業務拡大しております。上記以外の分野では、医療機関や自治体へ向けて文書ワークフロー管理を中心とした業務効率化ソリューション事業にも取り組んでいます。

社名:株式会社ファインデックス
本社:東京都千代田区大手町2丁目6-1 朝日生命大手町ビル1F
URL:https://findex.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)