医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

4/5 医療アートメイクの施術者育成・技術普及の「国際美容医療アートメイク協会」新設

一般社団法人 国際美容医療アートメイク協会
心斎橋駅から徒歩1分!トータルビューティを学んだアートメークのプロフェッショナルを育成!



 この度、医療アートメイクの施術者育成・技術の普及と向上を目的とし、一般社団法人国際医療アートメイク協会(本部所在地:大阪市中央区南船場4-4-10 辰野心斎橋ビル11F 理事長:田邊俊成)を新設し、4月5日より事業を開始致します。

  アートメイクは、人の皮膚に針で色素を注入する医療行為(※)であり、日本では医師または医師の指示のもと看護師が施術を行うことが義務付けられています。当協会では、医療アートメイクの基礎技術の指導を一定化することにより、医学的観点から安全性とリスクおよび対策について検討することが必要と考え、医師・看護師による安全で一定の技術レベル、一定のルールをもった医療アートメイクの施術を普及して参りたいと考えております。プロのメイクアップアーティストの知識を加えたカリキュラムによる教育事業、検定の実施やディプロマの発行により技量の一定化をはかる認定事業、正しい知識や技術・時代にあったデザインの発信などの啓蒙・普及事業の3つの柱で運営を行って参ります。
(※平成13年11月8日医政医発第105の通達により、医療行為と明示されました。)


 心斎橋駅から徒歩1分という好立地を生かし、働きながらでも学びやすい時間割と少人数制によるスクールカリキュラムを設定。医療技術だけでなく、デザイン力の向上にも力を入れており、プロのメイクアップアーティストによるレッスンが受講できることも特徴の一つです。また、今後は東京・名古屋の事務局を起点として、スクール事業や講習会も実施いたします。

 詳しくは、一般社団法人 国際美容医療アートメイク協会(IMAA)のホームページをご覧ください。https://imaa.or.jp/


<概要>






【一般社団法人 国際美容医療アートメイク協会(IMAA)の教育事業】

 当協会の教育カリキュラムは、医療や看護師・医師や医療従事者の資格保有者のみを対象に、肌の基礎知識から学べる初心者でも安心のプログラムになっています。


 心斎橋駅から徒歩1分という好立地を生かし、働きながらでも学びやすい時間帯で行われる少人数制のスクールコースを設定。特にアートメイクの施術スキルの中で重要視される「デザイン」に注力しており、プロのメイクアップアーティストによるレッスンを実施。全体のバランス、希望に沿ったデザイン、そして流行まで教えるカリキュラムが備わっています。E-learningでも受講可能な3級からスタートし、2級・1級の認定試験に合格するとディプロマが発行されます。個人会員には、卒後、別途技術のアフターフォローや職場探しのサポートまで協会としてお手伝いいたします。ディプロマ取得まで2~4カ月となるIMMA認定アートメイクコースの詳細は、こちらからご覧ください。  https://imaa.or.jp/education/



【IMAA提携サロン 「椿クリニック心斎橋」のご紹介】

 当協会では、「医療法人社団 育麗会 椿クリニック」と提携しております。協会の同フロアにある「椿クリニック心斎橋」では、当協会の最新のカリキュラムを卒業し、ディプロマを獲得したスタッフによるアイブロウやアイラインの医療アートメイクの施術を受けることができます。

<クリニック概要>

名称:椿クリニック心斎橋


所在地:大阪市中央区南船場4-4-10 辰野心斎橋ビル11F
診療時間:月~土 11時~20時 / 日・祝 10時~19時
休診日:無(年末年始休診のみ)ホームページ: https://tsubaki-grp.com/
お問合せ電話番号:0120-159-017



【理事長よりご挨拶】


理事長 田邊 俊成
 現代においては「美」への追及という目的で医療アートメイクの需要は高まり、より身近なものになると考えます。私どもは、美容医療の観点から優秀な人材を揃え基本的な知識から専門的な技術まで一貫した教育を行い有資格者を排出し、安心と信頼のもとサービスをご提供できるよう国際美容医療アートメイク協会(IMAA)を設立いたしました。

 私どもは当協会で習得いただく技術により自信を持って施術ができるよう、また医療アートメイクの普及の一助となり、当協会が医療アートメイク業界の発展の一役を担うよう取り組んでまいります。

田邊 俊成(医療法人社団 育麗会 理事長)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)