教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

事業譲受により、新事業「家庭教師キズキ家学」を開始

株式会社キズキ
2021年4月、株式会社キズキ(東京都渋谷区)は、ビジョンである「何度でもやり直せる社会をつくる」の一層の実現に向けて、株式会社グロップ(岡山県岡山市)から、不登校・中退者向けの家庭教師派遣事業「東京家学」「関西家学」を譲受いたします。東京都を中心に活動する「東京家学」は2021年4月から、兵庫県を中心に活動する「関西家学」は同年5月から、「家庭教師キズキ家学」として運営いたします。


「家庭教師キズキ家学」ロゴマーク

株式会社キズキは、株式会社グロップが運営する「東京家学」と「関西家学」を事業譲受することをお知らせします。「東京家学」は2021年4月から、「関西家学」は同年5月から、「家庭教師キズキ家学」として運営いたします。

グロップは、人材派遣やウェブマーケティング等多岐に渡る分野で事業を展開している会社です。今回グロップからキズキへ事業譲渡される「東京家学」「関西家学」は、不登校・中退の学生を専門とする家庭教師派遣事業で、それぞれ東京都と兵庫県を拠点にしています。

当事業では、一般的な家庭教師と異なり、支援の知識と経験を持つ講師による「学習サポート」と「心理サポート」、そして家庭から外の世界へ一歩踏み出すために講師が共に外出をする「外出同行」を行っています。

キズキは、「何度でもやり直せる社会をつくる」というビジョンを実現するため、困難を経験した方向けに様々な生きづらさに寄り添う事業を展開してきました。学習支援の観点では、不登校や引きこもりの経験者・学校を中退した方などのための個別指導塾「キズキ共育塾」を全国で7校舎構えています。また、全国で13の自治体から委託された生活困窮家庭等の子ども支援事業においては、訪問型支援や居場所支援など、対象者のニーズに合わせた支援を提供しています。

株式会社キズキは、前身のNPO法人キズキの時代から合わせて、10年以上学習支援に取り組んできました。その中でキズキが大切にしてきたことは、当事者のニーズに徹底的に寄り添うことです。それぞれの子どもたち・若者たちが抱える課題に対して、一つ一つ答えていくために事業を拡大してきました。

今回の事業譲受においても、すでに家庭教師派遣事業のノウハウを持つ方々たちとご一緒することで、今まで我々の支援が行き届かなかった子どもたち・若者たちのニーズに寄り添うことができると考えております。

今後ともキズキでは、「何度でもやり直せる社会をつくる」というビジョンの実現に向けて、様々な生きづらさを抱える人たちの背中を押す存在になることを目指していきます。


事業譲受により、新事業「家庭教師キズキ家学」を開始



新規事業の概要


事業名:家庭教師キズキ家学
事業内容:不登校等の小学生・中学生・高校生に向けた家庭教師派遣
運営社名:株式会社キズキ
所在地:東京都渋谷区代々木1-46-1 キハラビル4階
会社設立日:2015年7月13日
代表:安田祐輔(代表取締役社長)
従業員数:役員3名、正社員:53名、契約社員・アルバイト:365名
株式会社キズキウェブサイト:https://kizuki-corp.com/
家庭教師キズキ家学ウェブサイト:https://tokyo-yagaku.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)