暮らし 医療・医薬・福祉

新年度『9歳の壁』をチャンスに変える!小学3−4年生 凸凹キッズの友達関係をママとの会話で磨く!今日からできるおうちトレーニング】電子書籍の無料ダウンロード開始

株式会社パステルコミュニケーション
株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊島区、代表取締役:吉野加容子)代表の吉野加容子が確立した、親子のコミュニケーションをスムーズにして子どもの発達を加速させる「発達科学コミュニケーション」講師遠藤有里よる『9歳の壁』をチャンスに変える!小学3−4年生 凸凹キッズの友達関係をママとの会話で磨く!今日からできるおうちトレーニング】 電子書籍の無料ダウンロード開始します。ダウンロードはこちら< https://resast.jp/inquiry/YzJlYzZiM2MxY/?prt >



こんにちは。親子のコミュニケーションをスムーズにして子どもの成長を加速させる発達科学コミュニケーション・トレーナーの遠藤有里です。

いよいよ新年度が始まります。学年が上がるごとに、つまずきの種類や悩みにも変化があることと思います。
そこで、この度、新小学3,4年生向けに、『9歳の壁』をチャンスに変える!小学3−4年生 凸凹キッズの友達関係をママとの会話で磨く!今日からできるおうちトレーニング】 無料電子書籍をご紹介致します。

小学3~4年生は、文部科学省でも9歳の『壁』と言っているほど、発達の個人差も顕著になる難しい時期です。

 身体も大きく成長し、自己肯定感を持ちはじめる時期であるが、反面、発達の個人差も大きく見られることから、自己に対する肯定的な意識を持てず、自尊感情の低下などにより劣等感を持ちやすくなる時期でもある。(引用元:文部科学省)


ただでさえ、発達凸凹キッズは周りから誤解されやすく、自己肯定感を低めてしまう傾向があります。友達との会話も、もともとどうしていいのか、やり方がわからないので、失敗ばかりしてしまう。失敗経験ばかり積むと、コミュニケーションの仕方を覚えられません。

そこで、意識して欲しいのが、おうちの中で、しっかりとママとのコミュニケーションで対話力を学び成功体験を積むことです。それまで友達関係がうまくいかなかった子たちが自信を取り戻すきっかけにもなります。本書では、ママとの会話で友達関係までよくする「会話力」を育てる会話術をお伝えします。

一番身近な存在であるママとの会話が、子どもの成長に大きく関わることが脳科学的にもわかっています。だからこそ凸凹キッズとの会話をおうちで磨いて欲しいのです。


ダウンロード方法 < https://resast.jp/inquiry/YzJlYzZiM2MxY/?prt
こちらよりメールアドレス、お名前をご登録し、お受け取りください


今後も、生きづらさを感じていたり、周りから理解されなかったりして自分の力を発揮できない、小学校中学年から中学高校生の親御さんへ、凸凹キッズが自分のやりたいことに向かって意欲的に前進できるようになる、おうちでこそできるコミュニケーションとホームケアをお伝えすることで、発達凸凹キッズの力になっていきたいと思っております。



著者プロフィール
4人のスポーツキッズのママ。長男が生後に生死をさまよった経験から子どもの体調管理のためにアロマやハーブを取り入れる。その後、ホリスティックな観点から脳科学・心理学・食育・栄養学・姿勢・運動の正しい知識を伝える講座を展開。長男長女のスポーツ全国大会出場経験も活かし、スポーツで頑張る子どもたちのために「家庭でママが毎日できるサポート方法」を提案。食事・フィジカル・メンタル・思考・言葉などの要素を組み合わせて体系化した「ジュニアアスリート応援プログラム」を開発。そんな中、自身の子どもがスポーツの世界で心が折れてしまった。なんとかやりたいことを諦めないで欲しい!そんな時発達科学コミュニケーションと出会い、たった2ヶ月できょうだい4人とものメンタルが整った経験から折れない“ココロ”と“カラダ”を育むほか、子どもの“自発性”と“素直さ”を引き出す方法を同じように悩むお母さんたちに伝えていきたいと強うくおもい、発達科学コミュニケーショントレーナーとなる。アロマやハーブ、セルフケアの活動とトータルで延べ20,000人以上に講演や講座、個別指導で関わる。
※主な取得資格:アスリートフードマイスター/国際薬膳食育師/MAA認定メディカルアロマプラクティショナー/発達科学コミュニケーショントレーナーなど

■過去の電子書籍一覧 https://desc-lab.com/book-endohyuri/?prt
★1日10分会話を変えるだけ!凸凹キッズの友達との会話力を伸ばす言葉がけ変換マニュアル!
★上手くできなくてイライラする凸凹キッズが変わる!自己肯定感が低い子のチャレンジする力をU Pさせるママの声かけ術
★本番に弱い スポーツ凸凹キッズの 『あきらめない力』を育てる ママの声かけ術


■発達科学コミュニケーションとは?
発達科学ラボ主催の吉野加容子が、臨床発達心理⼠として15年間行ってきた発達支援の実績と経験、および脳科学・心理学・教育学の知識をベースに独自にまとめた、科学的根拠に基づいた、脳の成長・発達を促すコミュニケーション法です。子どもの特性を理解し、子どもの良さを引き出す日常のコミュニケーション術です。発達科学コミュニケーションをマスターすれば、お子さんと会話するだけで、お子さんの困った行動が減り、意欲や能力が伸びます。吉野加容子について詳細はこちらhttps://desc-lab.com/profile/?prt


【会社概要】
社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)