医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

「新型コロナ支援プロジェクト」の一環で日本医師会への寄付を行いました

株式会社ファーストロジック
株式会社ファーストロジック(本社:東京都千代田区、東証一部上場、証券コード:6037)は、負担が増加している医療従事者への支援として、物件1成約ごとに1万円を寄付する「成約報告で応援プロジェクト」を2月12日から3月31日まで実施しました。そして、2月12日から2月28日までの成約報告分である56万円を公益社団法人日本医師会に寄付しましたので、ご報告します。なお、3月1日から3月31日までの成約報告分は、都内に7施設(6病院・1検診センター)を運営し、医療の最前線で日々尽力されている公益財団法人 東京都保険医療公社に寄付する予定です。




■「成約報告で応援プロジェクト」とは
ユーザーから「楽待経由で契約した物件」の報告を受けたら、1物件につき1万円の寄付を行うというプロジェクトです。ユーザーには、これまで楽待を通じて問い合わせをした物件のうち、2020年1月から現在までの間で購入に至った物件がある場合、専用のフォームから投稿いただきます。当社で投稿内容を確認したのち、医療従事者の団体へ寄付いたします。なお、費用は当社がすべて負担します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)