その他 医療・医薬・福祉

子宮頸がん検診啓発マンガを作成しました!

京都府
京都府は京都精華大学と平成26年6月に連携・協力に関する包括協定を締結しています。 今回、その一環としてマンガ等を用いて府政の啓発用資材を作成し、府民啓発・府民運動の充実に取り組むため、全国でも検診受診率が低い子宮頸がん検診について、女子大生等を対象とした若年層向けの啓発マンガを作成しました。


配架等ご希望の際は、健康対策課がん対策係までご連絡ください。
啓発マンガの全編はこちら

「20歳からの子宮頸がん検診~定期的な検診であなたの未来が守れます~」
https://www.pref.kyoto.jp/gan/documents/shikyu2020_compressed.pdf

<参考>子宮頸がんについて
〇罹患数
子宮頸がんは、日本全国で1年間に約11,000人が診断されます。子宮頸がんと診断される人は20歳代後半から増加して、40歳代でピークを迎え、その後横ばいになります。
出典:全国がん登録2017年症例

〇がん検診受診率
京都府における子宮頸がん検診率は全国的にも低く、令和元年調査では全国第44位でした。
京都府では「第2期京都府がん対策推進計画」で2023年までに受診率50%を達成することを目標にしています。
国民生活基礎調査

〇生存率
子宮頸がんは検査で早期発見・早期治療すれば90%以上が治癒します。
※診断時から5年相対生存率のこと。

子宮頸がん(病期別) 相対生存率(5年)
子宮頸がん(全体) 75.0%
I期 95.0%
II期79.6%
III期 62.0%
IV期 25.0%
<出典:がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計>

子宮頸がんについて詳しくは、国立がん研究センターがん情報サービス(外部リンク)をご覧ください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課
京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
電話番号:075-414-4742
ファックス:075-431-3970
kentai@pref.kyoto.lg.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)