美容・健康

『ポーラ幸せ研究所』を創設し“永続的幸福”を追求

ポーラ
幸福学の専門家である慶應義塾大学大学院教授の前野隆司氏、同大学院附属SDM研究所の前野マドカ氏との共同研究

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:及川美紀)は、幸福学の専門家である慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司氏、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属SDM研究所の前野マドカ氏の協力を得て、本年4月より『ポーラ幸せ研究所』を創設いたします。


『ポーラ幸せ研究所』では、従業員やビジネスパートナーの幸福度の意識調査や、ポーラオリジナルの「幸せ」を構成する因子の特定、幸せ研究に基づくソリューション開発などを通して、ポーラが企業理念に掲げている“美と健康を願う人々および社会の永続的幸福”を追求します。
ポーラは昨年6月、私と社会の可能性を信じられるつながりであふれる社会を目指すサステナビリティ方針を策定し、2029年までのSDGsの目標数値を設定しました。そして本年、ポーラは新たに2029年ビジョンに向けた行動指針を、「 We Care More. 世界を変える、心づかいを。」と定めました。

今後『ポーラ幸せ研究所』の調査研究を生かし、一般向けワークショップやセミナーの企画運営、プロダクトやサービスパッケージの設計、接客コミュニケーションの改革などを行い、従業員やビジネスパートナーとその家族、お客さま、ステークホルダー、地域・社会における美しく幸せな生き方、Well-being実現に向けた仕組み作りと社内外への啓発を推進していきます。


前野 隆司(まえの たかし)

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授兼同大学ウェルビーイングリサーチセンター長。幸福学、幸福経営学、イノベーションの研究・教育を行なっている。著書に、『脳はなぜ「心」を作ったのか』(筑摩書房)、『幸せのメカニズム』(講談社現代新書)、『幸せな人生を送る子どもの育て方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)『幸せな職場の経営学』(小学館)、
『幸せの日本論』(角川)など多数。






前野マドカ(まえの まどか)

EVOL株式会社代表取締役CEO。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所研究員。国際ポジティブ心理学協会会員。サンフランシスコ大学、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)などを経て現職。
著書に 『そのままの私で幸せになれる習慣』(WAVE出版)『月曜日が楽しくなる幸せスイッチ』 (ヴォイス)、『ニコイチ幸福学』(CCCメディアハウス)など。






◆トップメッセージ

ポーラは企業理念に「美と健康を願う人々及び社会の永続的幸福を実現する」と掲げ、商材やサービスでお客さまの幸せを実現して参りました。化粧品を使うときに感じる、
癒しややすらぎ、美しさを求めることで自らを慈しみ、向き合う時間の豊かさ、これらはすべて幸福につながるものです。
これからは、その可能性をさらに拡張し、お客さま、ビジネスパートナー、従業員、ステークホルダー、地域社会など、あらゆる方々の永続的幸福の実現をめざします。
今回、前野隆司先生、前野マドカ先生のご協力を得て、幸せ研究をスタートする運びとなりました。幸せ研究によって得た知見を広く社会に還元し、希望に満ちた未来の一助となることを願っております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)