医療・医薬・福祉 その他

山口市がスーパーシティ構想の連携事業者に株式会社リーバーを採択

株式会社リーバー
山口県山口市が推進する「山口市スマートシティ(スーパーシティ)」において、株式会社リーバー(本社:茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)が連携事業者に採択されました。医療分野の広範な課題解決に向けて、遠隔医療相談アプリ「リーバー」で得られた知見を活用し、山口市のスマートシティの取り組みに協力していきます。



山口市スマートシティ(スーパーシティ)は、人口減少や少子高齢化により顕在化する社会課題に対応するため、先端技術を活かして地域課題の解決と、持続可能な地域社会を構築する便利で豊かな創造社会の実現を目指すものです。今回、株式会社リーバーでは重点分野である健康・医療に関して遠隔医療相談アプリ「リーバー」、およびデジタル健康観察表「LEBER for School」で得られた知見を活用し、山口市のスマートシティの取り組みに協力していきます。


山口市スマートシティ(スーパーシティ)について
(山口市HP)
https://www.city.yamaguchi.lg.jp/soshiki/200/94798.html

■株式会社リーバーについて
株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2月に遠隔医療相談サービスを行う目的にて創立されました。 私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての人々に適切な医療が行き渡るよう努めています。
〈会社概要〉
会社名:株式会社リーバー
所在地:茨城県つくば市高野1155-2
代表者:伊藤俊一郎
設立:2017年2月
URL:https://www.leber.jp
事業内容:アプリの企画・開発・運営

<この記事に関するお問い合わせ>
メールアドレス:info@leber.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)