ビジネス・コンサルティング ネットサービス・アプリ

インキュベイトファンド、シード特化型VC「ライフタイムベンチャーズ」2号ファンドに出資

インキュベイトファンド
ファンド・オブ・ファンズの取り組みを切り出したLP出資特化ファンド「IFLP」から支援

創業期に特化した独立系ベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド(東京都港区、代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介 )」は、LP出資特化ファンド「IFLP」を通じて、シード特化型VC「ライフタイムベンチャーズ(東京都港区、代表パートナー:木村 亮介)」が組成する2号ファンドへの出資を実施致しました。


ライフタイムベンチャーズ:https://www.facebook.com/LifetimeVentures


ライフタイムベンチャーズについて
ライフタイムベンチャーズは、「長く愛され、存在し続ける事業の創出」をモットーに、プレシード/シードステージのスタートアップに特化した投資活動を行うベンチャーキャピタルです。2017年1月に設立した1号ファンドに続き、この度、プレシード/シードラウンドからシリーズAラウンドまで一貫して支援可能な最大10億円規模の2号ファンドの組成に至りました。「Digital Health」「Industry Cloud」「X-border Japan」の3つを投資領域とし、経営戦略の策定から実行支援まで幅広いハンズオン支援の提供を加速して参ります。
代表パートナーの木村亮介氏は、4年半に渡り、インキュベイトファンドでアソシエイトとして投資・育成活動に尽力し、ispace、Gatebox、Misoca、ベルフェイス等の急成長企業を含む約40社の出資先企業の成長支援を行って参りました。その後、2017年1月に設立した1号ファンドではRehab for JAPAN、ウーオ、IMCF等9社の投資・支援を行ってきました。

「IFLP」について

IFLPは、創業期に特化した独立系ベンチャーキャピタルであるインキュベイトファンドが運用するLP出資に特化したファンドです。「シード期のゼロイチのフェーズで投資ができるジェネラル・パートナーを日本に増やしたい」という思いの元、若いGPによる独立系VCの創業に出資支援し、ベンチャーキャピタルの輩出と育成に貢献してきた実績があります。

IFLP 支援先一覧:http://incubatefund.com/portfolio_cat/fund/

■ライフタイムベンチャーズ
代表者:代表パートナー 木村 亮介
所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階 インキュベイトファンド内
URL:https://www.facebook.com/LifetimeVentures

■インキュベイトファンド株式会社
インキュベイトファンドは、「志ある起業家の挑戦を、愚直に支え抜く」をモットーに、創業期の投資・育成に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。シードスタートアップへの投資において国内最大規模の実績を有し、運用総額340億円のファンドから300社以上のポートフォリオを構築しています(2019年4月現在)。起業家のよきパートナーとして、最も近いポジションから、新規事業の創造やベンチャー企業の立ち上げ及びバリューアップに努めています。
本社所在地: 〒107-6003 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F
代表者  : 代表パートナー 赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介
設立   : 2010年
事業内容 : ベンチャー企業の投資・育成
URL   : http://incubatefund.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会