スポーツ・アウトドア 医療・医薬・福祉

【愛知県、名古屋市後援】第4回 e-sports Barrier Break-Cup、障がいを持つ方々の対戦白熱!障がい者によるLIVE配信運営も

株式会社いせむつ
<事後リリース>障がいの有無関係なく競い合える「e-sports Barrier Break-Cup」

 2021年3月27日(土)に名古屋テレビ塔にて開催したe-sports Barrier Break-Cup事務局( 株式会社いせむつ内、本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:杉中 忠)が主催する障がい者の社会参画を促進するe-sports大会「第4回 e-sports Barrier Break-Cup ひな祭り」は、北海道や鹿児島から参加される方もいらっしゃるなど、オンラインならではのメリットも感じられる中、熱い戦いが繰り広げられました。大会の様子はLIVE配信も実施しましたが、運営スタッフには障がいをお持ちの方にもご尽力いただくなど、全体として障がい者の方と一緒に創り上げた大会となりました。


<「ストリートファイターVチャンピョンエディション」対戦の様子>
 本大会に後援している、愛知県スポーツ局 スポーツ曲長 飯田靖氏をはじめ、愛知県議会から、ますだ裕二氏、鈴木雅博氏、協賛企業様も多数駆けつけるなど、障がい者の方へ社会参加の機会を創出する本大会の主旨に強く共鳴してくださり、熱いエールをおくられていました。
<エールをおくられる愛知県スポーツ局 スポーツ曲長 飯田靖 氏>
 また、出場選手からは、「普段はコンピューターを対戦相手として戦っていましたが、今日は相手が生身の人間だったので、苦戦するところもあった。」など、リアルに人と繋がったことへの感想もいただくことができました。
<対戦中の出場者> 
<「ぷよぷよeスポーツ」対戦の様子>
<「ストリートファイターVチャンピョンエディション」対戦の様子>
<表彰式の様子>
<MIP賞受賞|表彰式の様子>
<左から、司会 こひなあすか氏、Barrier Break-Cup 理事長 杉中忠>
<大会視聴者によるコメント>


▼当日の様子はこちら、LIVE配信リンク:https://youtu.be/F4dr5gOby20





後援

愛知県、名古屋市


協賛

東京海上日動火災保険株式会社、株式会社Kings Road、アイナデンタルクリニック、セティアマネジメント株式会社、東海時計商事株式会社、株式会社リンクサポート、株式会社いせむつ





公認


株式会社カプコン制作




「e-sports Barrier Break-Cup」について



 障がい者、健常者の分け隔てなく競い合える「e-sports」大会の運営を行うことで、e-sports とゲームの素晴らしさを普及していくと共に、地域社会の活性化と障がい福祉の更なる向上に貢献していくことを主としています。また、将来的にオリンピック種目として認定されるであろう「e-sports」の分野において、「障がい者」のゴールドメダリストを輩出させていく団体を目指しています。
https://bbc-project.com/


会社概要

企業名 :e-sports Barrier Break-Cup事務局(株式会社いせむつ内)
所在地 :〒462-0854 愛知県名古屋市北区若葉通2丁目3番 第三諏訪ビル3F
代表者 :代表取締役社長 杉中 忠
事業内容:A型作業所事業、移動販売事業、その他左記関連業務
HP   :http://www.isemutsu.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)