美容・健康 医療・医薬・福祉

パルスオキシメータ「オキシシリーズS-126」店頭販売開始します

シースター株式会社
医療機器の開発・販売を手掛けるシースター株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:山藤清隆)はこの度、血中酸素飽和度および脈拍数を測定できる医療機器パルスオキシメータ「OxiシリーズS-126」の量販店販売を開始します。また全国の自治体様へのお取り扱いについても再開する旨を、お知らせいたします。


パルスオキシメータとは

動脈血中酸素飽和度と脈拍数を、採血することなく皮膚を通して測定できる医療機器。医療機関だけでなく、在宅看護やスポーツ時の体調管理、登山時の膠原病予防など、ご家庭でも幅広く使用されています。
新型コロナウイルス感染拡大の中で、血中酸素飽和度は重症化の目安となるとされ、全国で需要が急増しました。



白黒表示でくっきり見やすい「オキシシリーズ」~累計販売台数30万台

「オキシシリーズS-126」および「オキシシリーズS-127」は高い性能とリーズナブルな価格帯を兼ね備え、医療従事者からも高い支持をいただいています。当社オリジナル仕様の、くっきりと見やすい白黒ディスプレイが特長で、高齢者や多忙を極める医療現場の方々にも使いやすい仕様にこだわりました。
本シリーズは発売以来、医療機関や個人のお客様に広くご使用いただいており、累計販売台数30万台を達成。全国の病院や量販店様の他、東京、千葉、静岡など多数の自治体様にも納入実績がある製品です。

この度、コロナ禍で品薄状態が続いていました「オキシシリーズS-126」の再入荷が決まり、量販店様や自治体様へのお取り扱いができるようになりました。


オキシシリーズS-126の特長


■白黒表示でくっきり見やすい
数値が白く表示される有機ELディスプレイを採用。パルスオキシメータの利用比率が高い高齢者の方にも数値が見やすいよう配慮しました(当社オリジナル仕様)。


■高性能&軽量
電池を入れた状態で約55gの軽量設計。医療現場での使用を想定した設計で、高い精度と広い測定範囲も備えています。

■ECO設計
指を入れてボタンを押すと測定を開始し、指を抜くと自動で電源が切れるエコ設計です。※約8秒間数値を表示した後電源が切れます。

■マルチアングル機能
スイッチ一つで表示方向を切り替えることができ、画面の明るさも10段階で調整可能です。



<ご注意>


※パルスオキシメータは医療機器です。日本国内で販売するためには「医療機器認証番号」が必要となります。(医療機器認証番号のない商品は違法販売の商品です)またご購入の際には、必ず高度管理医療機器販売業の資格を有する店舗でお求めください。


製品概要
オキシシリーズ S-126 
参考価格:7,680円(税込)/医療機器認証番号:230ALBZX00003000/クラス分類:特定保守/管理医療機器クラスII/電源:単4形アルカリ電池(AAA)2本/外形寸法60×32.5×29.9mm/重量約55g(電池含む)/ディスプレイ:有機ELディスプレイ


オキシシリーズ S-127

参考価格:7,980円(税込)/医療機器認証番号:230ALBZX00003A01/クラス分類:特定保守/管理医療機器クラスII/電源:単4形アルカリ電池(AAA)2本/外形寸法60×32.5×29.9mm/重量約55g(電池含む)/ディスプレイ:有機ELディスプレイ/Bluetooth内蔵


ホームメディカルを、
ママの手に
世界中のママは日々想い、悩んでいる。
病院やお薬だけでなく、自分の力で赤ちゃんを
「なんとかしてあげたい」「守ってあげたい」と。
そんなママたちの想いに応えるために。
わたしたちは長年培ってきた医療分野の技術とともに、
今までなかった「家庭で使える医療機器=ホームメディカル」を
世の中に生み出してきました。
それは、子育てのライフスタイルを変えていくという挑戦です。
わたしたちは「ホームメディカル」という新しいスタイルを
家庭に届け、ママの手で赤ちゃんを守れる社会を目指します。
世界中の赤ちゃんたちが、ママたちが、笑顔で快適に過ごせるように。
これからも真摯な姿勢で技術開発に取り組み、
世界に向けて革新的なものづくりを続けていきます。

会社概要
社 名:シースター株式会社
設 立: 1987年9月1日
本 社:東京都港区港南1丁目8番40号 A-PLACE品川4F
代 表: 代表取締役 山藤 清隆
事業内容:ベビー用医療機器の開発・販売
ホームページ: https://www.seastar.co.jp/


本件に関するお問い合わせ先
シースター株式会社 広報部 担当:竹之内、柏田
TEL:03-6372-6215 MAIL: pr@seastar.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)