美容・健康

春夏のゆらぎ肌をやさしくケアして美白※対策・ニキビ予防!薬用ピーリング「ホワイトクリアジェル」100gサイズが数量限定で登場

株式会社Cure
オンラインストア先行で4月14日(水)より販売開始

株式会社Cure (本社:東京都千代田区 代表取締役:水野博允)は、薬用角質ケア製品「ホワイトクリアジェル」の 100g サイズを、オンラインストア先行で 4 月 14 日(水)より数量限定で販売開始いたします。 ※美白とは、メラニンの生成を抑え、日やけによるシミ・そばかすを防ぐこと



販売ページURL:https://www.4cs-cure.co.jp/shop/products/cure-015

薬用「ホワイトクリアジェル」は、肌表面の不必要な古い角質をやさしくキャッチして取り除くと同時に、シミやニキビのケアまで可能な薬用の角質ケア製品です。肌トラブルの原因となる古い角質を除去し、素肌のくすみ※1やざらつきを取り除くことで、透明感のある肌※2に導き、化粧水などの美容成分の肌なじみがよくなります。

スキンケア時に大切な事は、しっかり汚れを落とすこと。「ホワイトクリアジェル」は古い角質や皮脂汚れなどと反応し、お肌に負担をかけずに汚れを落とします。それにより、効果・効能が認められたシミ・そばかすを防ぐ成分と肌荒れを防ぐ成分の2つの有効成分※3※4を肌へ届きやすくする働きがあります。

コロナ禍のマスク生活での肌荒れに悩まれる方も多く、ニキビ予防へのニーズが高まっている状況に加えて、夏に向けてさらにスキンケアやボディケアに注力される方も増えると予想されます。夏前に全身ケアを始めたいお客様やまずは製品を体験されたいお客様のニーズに応えるべく、従来の200gサイズに加えて、お試しいただきやすい100gサイズを数量限定で発売するに至りました。


「角質ケア」というと、肌に負担がかかるイメージを持たれがちですが、本製品は「剥がす」ピーリングではなく、ジェルが古い角質や皮脂汚れと反応して、古い角質をポロポロとやさしく絡めとる仕組み。肌に塗ってくるくると軽くマッサージするだけで、毎日の洗顔だけでは取り除くことの出来ない古い角質や汚れを除去します。薬用効果だけではなく肌へのやさしさも考え、成分の約90%は水でできており、無香料・無着色・アルコールフリー・シリコンフリー・石油系界面活性剤フリーで作られています。また、保湿・整肌効果のある5つの厳選植物エキス、「タイムエキス(1)・ユキノシタエキス・モモ葉エキス・チャエキス(1)・アーティチョークエキス」を配合しています。パッチテスト済みで敏感肌の方にもご使用頂けます※5。

週に2回を目安に本製品でケアを行うことで、美容成分が肌に届きやすく毎日のお手入れをより効果的にし、つるりとしたクリアな肌※2に整えます。顔だけでなく全身にお使いいただけるため、ニキビができやすい「背中・デコルテ」をはじめ、黒ずみが気になる「ひじ・ひざ・かかと・お尻」にも、ぜひご活用ください。

※1 古い角質による
※2 古い角質を洗い流すことによる
※3 ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB
※4 グリチル酸2K
※5 すべての方に肌トラブルが起こらないということではありません。

■使用方法
1.洗顔後、お肌の水分をよくふきとります。お顔に使われる場合は、適量(2~3プッシュ)を指先に取って、
気になる部分になじませ、しばらく放置します。

2.ジェルがお水に変わり白く浮き上がってきたら、指先で優しくなでるようにマッサージしてください。
一通りポロポロが出ましたら洗い流してください。

3. 洗い残しの無いようきれいに洗い流した後、化粧水や美容液などで普段通りのお手入れをしてください。

※ご自身のお肌の状態にあわせて、週 2 回のご使用が目安です。
※全身にもお使いいただけます。首筋や手足など、ざらつきが気になる部分にお使い下さい。



(左)200g(右)100g
■商品概要

商品名:ホワイトクリアジェル[医薬部外品]100g
価格:1,540 円(税込)

■会社概要

会社名:株式会社Cure
所在地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋 3-11-13                
    飯田橋 i MARK ANNEX 8F
電話番号:03-6261-3685

代表取締役:水野博允

設立:平成27 年 4 月 22 日
資本金:5,000 万円
事業内容:化粧品・美容雑貨の企画・製造販売・E コマース事業
URL:http://cure-skin.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)