美容・健康

【 2人に一人が水銀過剰!】 髪からチェックして、デトックスチャレンジしよう!

株式会社icoi
いこらぼ(毛髪栄養検査)で水銀や鉛など体内の有害金属をチェック! 体内の水銀を排出して、コロナに負けない健康なカラダをつくろう!毎月最高得点者に3000pt!

「いこらぼ(毛髪栄養検査)」を展開する株式会社icoi(東京都新宿区、代表取締役 郡谷秀邦、以下「当社」)は、4月から12月までの期間、美容室などでできる栄養チェック「いこらぼ(毛髪栄養検査)」で、水銀の減少量を競うキャンペーンを毎月行います。特に春は冬の間に溜まった有害金属をデトックスしやすく、食生活改善やデトックスをサポートする食材などの情報も提供することで身近な未病対策に貢献してゆきます。



2人に一人が水銀過剰!水銀は百害あって一利なし。


私たちは日常の食生活などから、有機化学物質や有害金属を摂取しています。例えば、マグロなど大型魚に凝集される有機水銀や残留農薬のヒ素、缶詰やお鍋のアルミニウム、タバコの煙など知らないうちに体内に蓄積していってます。


その有害金属のうち日本人で最も多いのが水銀で、当社の「いこらぼ(毛髪栄養検査)」ユーザーも約40%以上が過剰となっています。

環境省や厚生労働省の調査研究においても、水銀は中枢神経系及び末梢神経系に対し有毒であり、妊婦が摂取することにより、成長中の胎児に神経発達障害をもたらす場合があると報告されてます。




また、影響は胎児だけでなく、年を重ねれば重ねるほど蓄積量は増えてゆく傾向があり、感覚障害や運動失調を発症する場合や震え、不眠、記憶喪失、神経障害、頭痛、認知・運動機能障害等の症状が認められたケースもあります。
水銀をはじめ有害金属は、必要な栄養吸収を妨げる影響も大きく、後の大きな病気のリスクにつながる可能性が高いので、デトックスが欠かせません。



水銀デトックスチャレンジ概要


私たちのカラダはその自然の恵みにそった四季のサイクルでバランスをとっており、冬の間には新陳代謝が鈍り、老廃物や毒素を体の中に溜めこんでしまいがちです。春はまさにデトックスに適した季節です。
そこで当社では、この春からのデトックスチャレンジキャンペーンを皮切りに、健康への体質改善に向けた取り組みを順次開始してゆきます。


■水銀デトックスチャレンジの概要
4月から12月までの期間、「いこらぼ(毛髪栄養検査)」を利用された方を対象に、もれなく icomart(併設の
ECサイト)で使える1000ptプレゼント、。さらに前回よりも水銀の排出量が減った方のうち上位3名様に毎月ポ
イントをプレゼントします。
■特典1.・・・ 「いこらぼ(毛髪栄養検査)」利用者にはもれなく期間限定1000ptプレゼント
■特典2.・・・水銀減少率上位3名様に毎月ポイントプレゼント
       1位 3000pt、2位 2000pt、3位 1000pt
■申し込み方法
期間中「いこらぼ(毛髪栄養検査)」利用された方は自動的にお申し込みとなります。
■特典2.の結果発表
「いこらぼ」利用の翌月10日ごろ当選者には個別にメールでご連絡させていただきます。

■デトックスチャレンジURL
https://icolumn.xbiz.jp/2021/04/13/icolab-2021detoxchallenge/






「いこらぼ(毛髪栄養検査)」とは


毛髪から、不足がちなカルシウム・亜鉛・マグネシウム・鉄など必須ミネラル12元素と、水銀やアルミニウムなどの有害金属5元素の体内含有量を調べることができるサービスです。
【いこらぼ(毛髪栄養検査)】 https://icoi.style/icolab_index








「いいマチ創ろう」というビジョンのもと、ウェルネスマーケティングを通して、人と人とのコミュニケーション豊かな地域社会の実現に貢献してまいります。


■株式会社icoi
・所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-29-4横山ビル2F
・代表取締役:郡谷 秀邦
・会社URL:https://icoi-style.co.jp
・事業内容:ウェルネスサービスサイト「icoi(いこい)」の運営、パーソナル栄養データベースを活用したマーケティング企画


【本件に関するお問い合わせ】
■ press@icoi-style.co.jp
■ TEL 03-3358-3733(代表)
: メディア担当 松戸(まつど)
: 美容室担当 岡(おか)
: 美容室以外のいこらぼ取扱担当 小山(こやま)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)