医療・医薬・福祉

河北麻友子さん 眼内コンタクトレンズ(ICL)治療で日常生活の変化を実感!「世界が変わった!多くの人にICL治療を受けて欲しい」スター・サージカル ICL治療アンバサダー就任&疾患啓発WebCM発表会

STAAR SURGICAL
「近視に悩む人に知って欲しい!」~いま話題の近視治療法~

「STAAR SURGICAL」(本社アメリカ、CEO Caren Mason )は、2021年4月14日(水)より河北麻友子さんを起用した初のWebCMをスタートいたします。それに伴い、4月14日(水)にベルサール六本木にて、WebCM完成発表会を実施いたしましたのでその様子をお伝えします。






 当日は、スター・サージカル社 シニアヴァイスプレジデント ジム・フランセスからビデオメッセージでの挨拶があったほか、登壇者には河北麻友子さんをお招きし、ICL治療を体験した感想やICL治療の前後での変化などを語っていただきました。また、河北さんのICL治療を行った山王病院アイセンター センター長の清水公也先生にもご登壇いただき、ICL治療についてお2人でトークセッションを実施。さらに、ICL治療アンバサダーとして河北さんへ任命証の授与を行いました。


「怖かったけど世界が変わりました!」河北さんがICL治療の効果を実感!

 今回のイベントのメインテーマである、「眼内コンタクトレンズ治療(ICL治療)」を受けた河北麻友子さんは「家の中でも生活するのにも、眼鏡かコンタクレンズが必要なほど目が悪かったのですが、ICL治療で世界が変わりました!」とコメントし、実感した変化ベスト3を発表。第3位「仕事に集中できる」、第2位「出かける準備が早い」、第1位「翌朝すぐに見える!」と答えました。具体的なエピソードとして、「泣くシーンでコンタクトレンズが取れてしまったり、カンペを読むときに集中すると顔が険しくなったりしましたが、その心配もなくなり、仕事に集中できるようになりました。ほかにも予備のコンタクトレンズや眼鏡を持っていく準備が無くなったり、メイクの時間も短くなりました」と語りました。


 これを受け、清水先生からは「河北さんのように、予備のコンタクトレンズや眼鏡を持ち歩かないと不安という方も多いですが、ICL治療をすることでそういった不安がなくなるのでおすすめです。また、目の手術なので不安に思う人も多いですが、手術の前にはしっかりと説明し、不安を払拭するようにしています」とICL治療のメリットを教えていただきました。



アンバサダー就任で「ICL治療で1人でも多くの人にハッピーな生活を送って欲しい」と意気込み

 ICL治療をして良かったことを語ってもらった後、WebCMのお披露目を行いました。WebCMを見た河北さんは「ICL治療を受けて生き生きとした自分が映っていたので良かったと思います。運動をしたり、大好きな料理をしたり、自分の素に近い部分も映っていたのがお気に入りです」とCMの感想や見所に触れました。
 その後、ICL治療アンバサダーの就任式を実施。当日は、清水先生より河北さんへ任命証の授与を執り行いました。ICL治療アンバサダーに就任した河北さんは、「私自身ICL治療を受けて、よりハッピーな生活を送っています。1人でも多くの人にICL治療を受けてもらい、よりハッピーになってもらいたいです!」と意気込みを語りました。






視力検査クイズに全問正解した河北さんに調理器具をプレゼント

 続いて、ICL治療 視力検査クイズを実施。河北さんには、実際の視力検査と同じ2.5m離れた場所に立っていただき、ICLの「C」の文字の向きをお答えいただきました。どんどん小さくなる「C」の向きを全て当てた河北さんは「1問目や2問目は、吹き出すくらい簡単でした!最後の問題は、急に小さくなったのでドキドキしましたが、しっかりと正解できたのでよかったです」とICL治療の効果が出ていることに喜びました。
 全問正解の賞品として、人気調理家電をプレゼントされた河北さんは、「お家にいる時間が長くなったこともあり、最近は料理に力を入れているのでとても嬉しいです!」と笑顔で答えました。
最後に河北さんからはスター・サージカルICL治療アンバサダーとして「知らない方も多く、不安な人もいるかと思いますが、まずは病院に行って不安や疑問を聞いて、治療に前向きになってもらえたらと思います。1人でも多くの人にICL治療を受けて欲しいです」とICL治療を考えている人にメッセージを送りました。





イベントの概要

・イベント名: スター・サージカル ICL治療アンバサダー就任&WebCM発表会レポート
・日時: 2021年4月14日(水)
・会場: ベルサール六本木
・登壇者: 河北麻友子さん、清水公也先生
・内容: WebCM完成披露、河北麻友子さん×清水先生 ICL治療 トークセッション




WebCMの内容

今回のWebCMには実際にICL治療を受けた河北麻友子さんが登場。近視で悩む人にICL治療を広く知ってもらえるよう、メガネたちが動き出す楽しい雰囲気のNO THANK YOU!篇と、スタイリッシュな河北さんの日常生活を垣間見れるようなDON’T GIVE UP篇、2つのWebCMに仕上がっています。

NO THANK YOU! 篇
YouTube URL:https://youtu.be/0yqFnc4S8OI

DON'T GIVE UP 篇
YouTube URL:https://youtu.be/s4Gk-1j6km0


ECD: Adam Weiss(Orchardstreet)
PL: Adam Weiss(Orchardstreet)
AE: 木村 志乃(Orchardstreet)
Cas: 六谷 陽子(Blue Print)
Dir: 神口 智志(ピラミッドフィルム)
Pr: 村井 大智(ピラミッドフィルム)


眼内コンタクトレンズ(ICL)治療について

眼内コンタクトレンズ治療とはICL治療とも呼ばれる近視治療法です。角膜を削らずにレンズを目の中に入れて視力を矯正します。インプランタブルコンタクトレンズ(Implantable Contact Lens)を略してICLと呼んだり、フェイキックIOL、有水晶体眼内レンズ、永久コンタクトレンズと呼ばれることがあります。
ICL治療は、1980年代より開発が行われている手術法です。2010年に厚生労働省の承認を得ています。
2007年には、レンズの中央に極小の⽳をあけたHole ICLが登場し、⽩内障のリスクが低下、現在世界70か国以上で承認され世界的スタンダードとなっています。
ICL治療は度数が強くても弱くても、一枚のレンズを目に入れる同じ手術方法のため、難易度に差が生じることはありません。また、必要に応じてレンズを取り出せるので、手術前の状態に戻すことが可能です。将来、⽩内障になっても従来同様の⽩内障手術を行うことができます。
https://jp.discovericl.com/
https://www.iclchiryo.jp/

スターサージカルについて

スターサージカルは、日本国内における⽩内障治療用眼内レンズの世界を切り拓いてまいりました。1989年に世界初のシリコーン・フォールダブルIOLを国内導入し、1993年にはディスポーザブルインジェクターを開発、2002年には世界で初めて"プリセットIOLシステム"を発売、そして2010年2月には日本で初めてICL(屈折矯正用有水晶体後房レンズ)の薬事承認を取得し、屈折矯正手術においても新たな治療法を提供してまいりました。
現在、日本で近視を矯正する屈折矯正手術(LASIK、PRKなど)を受ける患者様は、年間で5万眼といわれています。私たちは、最先端の屈折矯正手術用製品を、眼科専門医の先生方のご協力を得て今後一層その普及に努めると共に、さらなる新製品の開発、品質の向上に努力を続けていく所存です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)