スポーツ・アウトドア 食品・飲料

味の素(株)「ビクトリープロジェクト(R)」バドミントン日本代表選手への「食とアミノ酸」によるコンディショニングサポート

味の素株式会社
世界バドミントン選手権大会に出場する日本代表選手に栄養サポートを実施 開催日:2019年8月19日(月)~25日(日)/開催地:スイス・バーゼル

 味の素株式会社(社長:西井 孝明、本社:東京都中央区)は、2003年より、世界を舞台に戦うトップアスリートに、「食とアミノ酸」によるコンディショニングサポートを行う「ビクトリープロジェクト(R)」を展開しています。「ビクトリープロジェクト(R)」は、今までもバドミントン競技における日本代表選手が抱える“食と栄養”の課題を解決し、世界で勝つためのサポートを続けてきました。そしてこの度、「世界バドミントン選手権大会2019」でも、選手に先駆けて「ビクトリープロジェクト(R)」サポートメンバー、調理師が現地(スイス・バーゼル)入りし、「勝ち飯(R)」を通じた帯同サポートを実施いたします。







2020年に活躍するためには、1年で20を超える国際大会に勝ち続け、獲得するポイントで世界ランキングの上位者であることが必須。
年間260日以上もある代表活動。しかも長期かつ多数の海外遠征が続く過密スケジュールの中、世界を相手に戦い続けるために重要なのは、疲労をリカバリーして、ベストコンディションを維持すること!

<日本代表の栄養課題・対策>



<2020年、世界で勝つために>
「ビクトリープロジェクト(R)」が【強化期】【調整期】【試合期】、すべてのフェーズ毎の栄養戦略を提供、実施!
⇒  日本代表選手が、すべてのフェーズにおける栄養課題・対策を把握し、自分自身でコンディションを維持できるチカラが身につき、ベストコンディションで試合に臨むことができる。





[調整期]と[大会期]に合わせて必要な栄養素の補完を行います。
⇒ 糖質をエネルギーに変えるビタミンB1(豚肉、豆腐、緑黄色野菜など)や、全身の炎症抑制や免疫力向上
の効果が期待されるシスチン(たまごなど)の強化と、栄養バランスを意識した補完メニューを提供します。
[朝食]:(ホテルビュッフェの補完)たんぱく質の摂れるスープの提供、ほか
[昼食]:「Power Ball(R)」、 「勝ち飯(R)」弁当(主菜、副菜)とみそ汁、スープ類の提供
[夕食]:「Power Ball(R)」、 一人「勝ち飯(R)」の具材セット


[献立のポイント]




「勝ち飯(R)」とは
「ビクトリープロジェクト(R)」が長期に渡るサポート活動の知見とスポーツ栄養学の裏づけから誕生した、アスリートの栄養環境を改善するために実施する栄養プログラムです。「主食」「主菜」「副菜」「汁物」「牛乳・乳製品」の5つの要素、栄養バランスの良い三度の“食事の「勝ち飯(R)」”と、目的に合わせて必要な栄養を必要なタイミングで摂取する“補食の「勝ち飯(R)」”で成り立っています。

「Power Ball(R)」とは
「ほんだし(R)」「アジシオ(R)」を使った、だし入りの小分けおにぎり。「試合前でゆっくり時間が取れない」「緊張であまり食欲がわかない」というときでも、通常のおにぎりの約半分の食べ切りサイズだから食べやすく、数々の国際大会で多くの選手が活用しています。試合会場や宿泊ホテル内のVPブースで、エネルギーを失ったそばから補給ができるエネルギーブースを設置。





「スディルマンカップ2019」にて 提供された「勝ち飯(R)」弁当



「ビクトリープロジェクト(R)」はこまめに「補食」を補給する「ちょこちょこ食べ」を実践するために、エネルギーを切らすことなく、すばやくリカバリーができる環境を提供します。
⇒[調整期]運動量が減少する調整期に合わせたアミノ酸(「アミノバイタル(R)」)活用法の推進と浸透。
[試合会場]試合前後にエネルギーをすばやく補給できる「Power Ball(R)」の提供。
[エネルギーブース] 競技会場や3食の食事で摂りきれない、またエネルギーが減った分をすぐに補給するための「補食」を取り揃えた特設スペースを、滞在ホテル内に設置。

また、国内で行われる直前合宿のハードな練習で残る筋疲労のリカバリーを目的とするプランを作成。
そのプランに合わせた「アミノバイタル(R)」製品を提供します。[強化期/調整期/大会期]それぞれの局面に応じて、選手のコンディションに合わせたニュートリションプランを提案し、ベストパフォーマンスが発揮できるサポートを行います。


「スディルマンカップ2019」にて バドミントン日本代表に提供された「エネルギーブース」
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会