美容・健康

全国47都道府県民4,700名の健康習慣を徹底調査!肩コリ都道府県ランキングが判明!1位は「大阪府」神奈川県民の4人に1人はランニングを開始!?

ピップ株式会社
コロナ禍で深刻化した身体の症状も明らかに

ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、全国を対象とした第1回緊急事態宣言の発出から1年が経過することを受け、日本全国47都道府県の有職者4,700名に対して、新型コロナウイルス感染拡大前後での身体の変化及び、健康習慣に関する調査を実施しました。


<本調査のトピックス>
・ 新型コロナウイルス感染拡大前後で肩コリを感じる人が約4割増加!解消しにくくなった人も約3割超
・ 肩コリ指数が高い“肩コリ都道府県”が判明!総合1位は大阪府!山梨県、奈良県も上位にランクイン
・ “宅トレ“を5人に1人が始めた都道府県も判明!神奈川県民の4人に1人は“ランナー”に!?




新型コロナウイルス感染拡大前後で肩コリ悩みが増加中!


パソコンやスマートフォンの使用が日常的になっている現代の日本において、「肩コリ」はもはや国民病となっており、実際、厚生労働省の国民生活基礎調査でも健康状況の自覚症状として、肩コリは女性において第1位、男性においては第2位となっています。
今回、全国4,700名を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前後での健康習慣に関する調査を実施したところ、コロナ禍での肩コリの実態が明らかになりました。
新型コロナウイルス感染拡大前後の比較で「肩コリを感じやすくなったか」という設問に対し、「そう思う(15.9%)」「ややそう思う(23.9%)」と答えた方はおよそ4割に上り、多くの方が肩コリを感じやすくなったことが分かりました<図1>。


また、「肩コリを解消しにくくなったか」という設問に、「そう思う(12.5%)」「ややそう思う(20.7%)」と答えた方は3割を超え、解消しにくい“ガンコ肩コリ”に悩まされている方も一定数いることが伺えます<図2>。




“肩コリ都道府県”ランキングが明らかに!大阪府を筆頭に、山梨県、奈良県にも肩コリ人口が多い!?


前述の2つの設問に「そう思う」「ややそう思う」と回答した方を都道府県別に見てみると、特に「肩コリを感じやすくなった」人が多い【肩コリ都道府県ランキング】と、「肩コリを解消しにくくなった」人が多い【“ガンコ”肩コリ都道府県ランキング】が明らかになりました。
【肩コリ都道府県ランキング】上位の都道府県は、1位が大阪府、2位が東京都、3位が埼玉県と人口が多いエリアが続く結果に。3位に同率で山梨県と奈良県もランクインしています。1位になった大阪府は52.0%を占めており、全国平均の39.8%を大きく上回る結果になりました<図3>。





さらに、【“ガンコ”肩コリ都道府県ランキング】では、1位は大阪府、2位が山梨県、続いて東京都となりました。大阪府については、肩コリ都道府県ランキングでも1位という結果が出ており、コリ悩みの深さが伺えます<図4>。




5人に1人が“宅トレ”を始めた都道府県も判明!神奈川県民の4人に1人は“ランナー”に!?


続いて、「新型コロナウイルス感染拡大以降、新たに始めたことはありますか」との設問に、「自宅トレーニング」と答えた方を都道府県別に見ると、北海道と群馬県が22.0%で同率1位となりました。3位以下も僅差で、埼玉県、兵庫県、沖縄県と続いており、約5人に1人が“宅トレ”を開始したことが分かりました<図5>。



また、「新型コロナウイルス感染拡大以降、頻度が増えたもの」について、「ジョギング・ランニング」と答えた方は神奈川県の方が最も多く27.0%を記録し、他県と比較しても大幅な伸びが見られました<図6>。


<調査概要>
調査名:自身の健康に関する意識調査
調査対象者:全国の20代~50代有職者男女4,700名 ※各都道府県n=100に均等割り付け。
調査期間:2021年2月
調査方法:インターネット調査



肩コリでお悩みの方に「ピップエレキバン(R)」「ピップマグネループ(R)」


今回の調査では、「新型コロナウイルス感染拡大前後で約4割の人が肩コリを感じやすくなった」ことが判明しました。

在宅ワークのストレスや、運動不足によるコリの慢性化など、理由は様々あることが考えられますが、多くの人が環境の変化による肩コリに悩まされている現状が伺えます。
そのような方々へ、自宅で手軽にコリケアができるアイテムとして「ピップエレキバン」シリーズと「ピップマグネループ」シリーズをおすすめします。



<ピップエレキバン>
ピンポイントでコリを解消する「ピップエレキバン」。磁気が体内成分に働きかけ血行を良くし、コリの原因となる老廃物を流します。貼っている間中効果が続くので、2~5日間貼ることを推奨します。そのままお風呂にも入れます。磁力の強さを選べるため、コリの状態によって使い分けが可能。こっているな、と思うところを指で軽く押さえ「少し痛い、気持ちいい」と感じるところに貼ったり、必要に応じてその周囲にご使用ください。


<ピップマグネループ>
首にかけるだけで、手軽に首・肩のコリを解消する「ピップマグネループ」。ワンタッチで簡単に着脱でき、軽くてフィットするので、仕事中や就寝中にも快適に使用できます。シリーズ最強の200ミリテスラの強力磁力がガンコなコリにしっかり効く「ピップマグネループMAX」、ベーシックレベルの磁気治療器を使用したい方におすすめの「ピップマグネループEX」、やわらかなつけごこちでやさしい磁力の「ピップマグネループ ソフトフィット」の3種類からお選びいただけます。



自宅トレーニングを始める方、ランニングを頑張る方に「プロ・フィッツ(R) 」
スポーツ時も美しく見せたい女性のための「スリムウォーク(R) Beau-Acty」


今回の調査では、日本全国で「自宅でのトレーニングを開始した方」や、「ランニングの頻度が増えた方」が多くいることが分かりました。



<プロ・フィッツ>
運動不足解消に繫がる自宅トレーニングやランニングですが、正しいフォームで行えていなかったり、負荷をかけすぎると、ケガや痛み、疲労の蓄積などのリスクも生じます。また、ランニングなどで外に出る際には飛沫拡散防止対策も欠かせません。
スポーツ時に是非取り入れていただきたいアイテムとして「プロ・フィッツ」製品をおすすめします。プロ・フィッツは、快適性とサポート力の高さが特長のスポーツケア用品。スポーツ時の身体を快適にサポートします。


<スリムウォーク>
スポーツ時にも脚やお尻を美しく見せたい、効率よく燃焼したいという女性にお試しいただきたいのが「スリムウォーク Beau-Acty」シリーズです。ドラッグストアなどで手軽に買えるのも嬉しいポイント。
スポーツ時におすすめのレギンスは「燃焼シェイプレギンス」と「スタイルキープレギンス」の2種類。燃焼シェイプレギンスは、「テーピングレイアウト構造」と「Wシェイプ設計」により消費カロリーUP※で脂肪燃焼をサポート。いつもの運動で効率的にスリム美脚を目指せます。スタイルキープレギンスは1枚ばき可能なレギンスで、「骨盤ひきしめ設計」と「3Dヒップアップ設計」で自分のスタイルに自信を持ってスポーツができる機能性レギンスです。
また、運動した後は、段階圧力×ふくらはぎプレスアシストでアフターケアをサポートしてくれる「リカバリーレギンス」がおすすめです。

※呼気ガス分析装置により、市販の非着圧レギンスとの比較において、ランニング時および歩行時で、エネルギー消費量増加を確認した。(n=11、平均年齢21.8歳)

【製品概要 管理医療機器】






【製品概要】






※「ピップエレキバン(R)」「ピップマグネループ(R)」「プロ・フィッツ(R) 」「スリムウォーク(R)」はピップ株式会社の登録商標です。

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社 お客様相談室
TEL:06-6945-4427 受付時間 10:00~16:00(土日祝日を除く)※通常受付時間 10:00~17:00
ピップ株式会社 https://www.pipjapan.co.jp/
ピップ製品情報ホームページ https://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップ株式会社 公式Twitterアカウント https://twitter.com/pippip_jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)