広告・マーケティング 美容・健康

大動脈ステントグラフト市場ーグローバルな見通しおよび予測2024

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、「大動脈ステントグラフト市場ーグローバルな見通しおよび予測2024」新レポートを 2021年04月15日 に発刊しました。この調査には、大動脈ステントグラフト市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-91523



大動脈ステントグラフト市場は、2024年までに37億米ドル以上に達すると推定され、2018ー2024年の間に約6%の印象的なCAGRで成長すると予想されます。

大動脈ステントグラフト市場の成長は、以下のの要因に牽引すると予想されます:


FEVAR手術の人気の高まり
EVAS手順の出現
MI動脈瘤修復の優先度の高まり
M&Aの成長

有窓大動脈ステントグラフトなどの革新的なグラフトの商品化により、大動脈瘤の治療選択肢がさらに広がり、したがって、大動脈ステントグラフトの市場を拡大しています。有窓ステントグラフト技術の最近の進歩により、血管内アプローチは複雑な解剖学的構造を持つ患者を治療するための選択肢になっています。したがって、大動脈瘤患者数の増加は、世界の大動脈ステントグラフト市場の全体的な成長に貢献すると予想されます。また、高齢者が大動脈瘤を検出するための政府によるスクリーニングプログラムの数が増えていることは、世界の大動脈ステントグラフト市場に主な成長の機会がもたらされています。

市場セグメント
大動脈ステントグラフト市場は、動脈瘤別、エンドユーザー別、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントは以下のとおりです:
動脈瘤別


腹部大動脈瘤
胸部大動脈瘤

エンドユーザー別


病院
ASCs

地域概要
大動脈ステントグラフト市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域の市場は、技術的に高度なグラフトおよびEVAR、EVAS、FEVARなどのMI修復技術に対する嗜好が高まっているため、大幅の速度で成長しています。また、高齢化人口の増加、および大動脈瘤と診断された人々の増加は、この地域の大動脈ステントグラフト市場の主要な推進力です。さらに、北米は2018年に大動脈ステント市場を支配しました。一方、アジア太平洋地域の市場は着実な速度で成長しており、今後数年間で主要な地元のプレーヤーに大きな成長の機会を提供する可能性があります。

市場の主要なキープレーヤー
大動脈ステントグラフト市場の主要なキープレーヤーは、以下のとおりです:


Medtronic
Cook Medical
L. Gore & Associates
Endologix
MicroPort Scientific
Terumo
CryoLife
Bentley Innomed
BraileBiomédica,
Cardinal Health
LeMaitre Vascular

この調査には、大動脈ステントグラフト市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/aortic-stent-graft-market/9152

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)