暮らし 美容・健康

空間除菌のリーディングブランド「クレベリン」から誕生!日常除菌に特化した新ブランド『クレベ&アンド』より、手指専用ジェル・スプレーとキッチン用スプレーが新登場

大幸薬品株式会社
大幸薬品株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:柴田高、以下、大幸薬品)は、衛生管理製品「クレベリン」から誕生した日常除菌の新ブランド『クレベ&アンド(クレベアンド)』を立ち上げ、第一弾として手指専用の消毒剤『クレベ&アンド ハンドジェル』『クレベ&アンド ハンドスプレー』と、口に入っても安心なキッチン用スプレー『クレベ&アンド ウイルス・菌除去スプレー(キッチン用)』の計3製品を、2019年9月2日(月)に発売いたします。


『クレベ&アンド』は、日常の生活場面で気になるウイルス・菌に対応するブランドで、手軽さと機能の両方を兼ね備えたラインナップで展開し、「クレベリン」では対応できなかったところにも毎日の習慣としてお役立ていただけます。また、妊娠・出産や受験期など、特に衛生管理に気を付けたい方にも安心してお使いいただけるよう、ウイルス・菌に対するエビデンス試験を実施していきます。なお、本ブランドのデザインは、「クレベリン」と同様に、世界的デザイナー・佐藤オオキ氏が率いるデザインオフィスnendoに手掛けていただいています。



(左)クレベ&アンド ハンドジェル (右)クレベ&アンド ハンドスプレー <指定医薬部外品>

   クレベ&アンド ウイルス・菌除去スプレー(キッチン用)

大幸薬品は、2008年に一般向け「クレベリン」を発売して以来、空間除菌の新市場を創出してきました。近年、衛生意識の高まりを背景に、衛生管理製品市場は継続的に拡大傾向にあり、2018年度の店頭販売金額は前年比26%増、その中でも「クレベリン」シリーズは前年比33%増の成長を遂げています※1。新ブランド『クレベ&アンド』の導入により、従来「クレベリン」で対応してきた空間除菌分野に加えて、日常除菌分野のラインナップを拡充させることで、総合除菌ブランドへの展開を目指していきます。

※1:インテージ社調べ。芳香・消臭剤の中でウイルス除去を謳っている製品全体、及びクレベリン製品全体の販売額をもとに算出。


                      <製品概要>
「クレベリン」から誕生した新ブランド『クレベ&アンド』の手指専用消毒剤。弱酸性エタノールに有効成分であるベンザルコニウム塩化物を配合することで、手指の幅広いウイルス・菌を消毒し、消毒による手荒れにも配慮します。また、保湿成分(ヒアルロン酸ナトリウム)の配合により、気になる乾燥にも配慮します。ご自宅で家族一緒に使用できるジェルタイプと、外出先で携帯しやすいコンパクトなスプレータイプを取り揃えます。





◇製品名: クレベ&アンド ハンドジェル
◇発売日: 2019年9月2日(月)
◇容量: 300mL (約250回使用可能)
◇希望小売価格: 900円 (税抜)
◇販売先: ドラッグストア、GMS、インターネット通販 など
◇区分: 指定医薬部外品
◇有効成分: ベンザルコニウム塩化物 (0.05w/v%)
◇販売名: ハンドピュアDCN




◇製品名: クレベ&アンド ハンドスプレー
◇発売日: 2019年9月2日(月)
◇容量: 20mL (約150回使用可能)
◇希望小売価格: 500円 (税抜)
◇販売先: ドラッグストア、GMS、インターネット通販 など
◇区分: 指定医薬部外品
◇有効成分:ベンザルコニウム塩化物  (0.05w/v%)
◇販売名: 薬用クリーンローションBN


 
<製品概要>

「クレベリン」から誕生した新ブランド『クレベ&アンド』のキッチン用スプレーで、幅広いウイルス・菌※2に対応します。お子様の食器や調理道具、シンクなどのキッチンまわりにおいて、水拭きやすすぎなしで除菌でき、ノンエンベロープウイルス※3対策にも有効です。食品添加物アルコール製剤を使用し、口に入れても安心なので、赤ちゃんが舐めやすい、おもちゃやベビー用品の除菌にも活用できます。




◇製品名: クレベ&アンド ウイルス・菌除去スプレー(キッチン用)
◇発売日: 2019年9月2日(月)
◇容量: 500mL (約580回使用可能)
◇希望小売価格: 900円 (税抜)
◇販売先: ドラッグストア、GMS、インターネット通販 など
◇区分: 食品添加物アルコール製剤
◇成分: エタノール(58.00%)、グリセリン脂肪酸エステル(0.30%)、フィチン酸(0.05%)、グリセリン(0.20%)、精製水(41.45%)



※2:すべてのウイルス・菌を除去できるわけではありません。
※3:エンベロープ(脂質性の膜)を持たないウイルスのこと。一般的にアルコール消毒剤が効きにくい傾向があるといわれています。

※画像はイメージです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会